※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同盟としての防衛基本ルールです。

以下の行為は敵対行為と見なします

(同盟プロフにも記載)

当同盟、ならびに配下同盟に関しての偵察・攻撃(領土侵攻を含む)

同盟員の本拠地から距離2マス(周囲24マス)以内の領地化

砦・村の周囲8マスへの隣接


各同盟員が個人プロフにて特別な条件を主張する場合は、他者にも同じ権利を認め、尊重して下さい。

同様に、拠点8マスを保証しないことを明言する同盟の場合、基本的にこちらの主張が通らなくても同盟としては保証しません。あくまで個人間の交渉にてお願いします。

本拠地24マス同士がかぶっている場合は、自由競争


攻撃を受けたとき、

※  自身で防衛のために周辺領地を埋めてさえいれば、相手側が攻撃してこない限り8マス内に侵入する事は不可能 なはずです。それを前提に、

まず反撃で構いません。

同盟員への攻撃は同盟全体で対応し、同盟員に不利益が生じないようにサポートします。

同盟員に状況が判るようにホウレンソウスレに経緯を報告し、盟主と補佐にも連絡して下さい。


防衛面に関連して、同盟プロフや主張に関するモラル徹底について

[ルール/マナーにもあります]

①当同盟は大規模に成長しましたが、だからといって同盟に入っていることを傘に着たり、高圧的な態度を取る者がいてはいけません。


②同盟によってルールは様々、俺ルールをおしつけない事。

8マス保証や24マス保証は、当たり前ではありません。普及していますが、公式ルールにない範囲で周囲にお願いしている形です。 プロフに書いてあるからやってもらえて当たり前、等の一方通行的な主張・考えは、お互いやめましょう。

③本来他同盟の隣接有無に係わらず、防衛意識は常に持たねばなりません。

8マス内に他者がいないから安心という意識は間違いです。本気で攻められた場合、24マスルール主張者であっても猶予時間は極わずかで、8マスと24マスの差はほとんど意味はありません。


上記のルールだけでは解釈の難しい、色々なケースがありますし、その場合は、条文やルールに縛られず、柔軟な対応が必要です。
但しいかなる場合においても、相手との相互理解があっての上でのみ成り立ちます。こちらが主張を通そうとする相手は、本拠地であればほぼご近所さんですから、挨拶等によってコミュニケーションを取っておくことで、事前に相手を知る事が大事なことでしょう。

何かを同盟で保証するにしても、あくまで各自が防衛を怠らないことが前提であり、
本拠地8マスルール1つ取ってみても皆さん個人の考えは様々です。
ここで重要なことはただ一つ、 当事者同士のコミニュケーション です。
黙っていても伝わりませんし、自分から何かを主張する事があると同時に相手にも主張があります。従って相手に対して譲歩するという事も、それも交渉として生じる結果の一つです。
同盟内外のコミニュケーションを通して快適なプレー環境が維持できるよう、皆で努力していきましょう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|