sakawork @ ウィキ

メニュー

▼プログラミング言語関連
▼プロトコル関連
▼Web関連



ページ編集支援





リンク





UNIX > ファイル操作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


UNIXファイル操作コマンド (ls/mkdir/rm/mv/cp/ln)

ls

指定したディレクトリ(デフォルトはカレント)のファイルをリスト表示

実行オプション

オプション 動作
-a 隠しファイルも表示
-d ディレクトリ自体の情報表示
-l ファイルの詳細な情報を表示
-r ソートを逆順にする
-s 各ファイルのファイルシステムブロックの使用量を表示
-S ファイルサイズ順にソート表示
-t 更新時間順にソート表示
-1 ファイルを1つずつ縦に並べて表示

よく使ったオプション例

$ ls -la  ←隠しファイルもすべて詳細表示
$ ls -lS  ←ファイルサイズ順に詳細表示
$ ls -1   ←ファイル名だけが縦に羅列される(/bin/ls 直叩きを推奨)
$ ls -ltr  ←ファイルの更新順で新しいものが一番下に表示される

mkdir

ディレクトリ作成

実行オプション

オプション 動作
-m (パーミッション) 作るディレクトリのパーミッションを指定
-p 再帰的にディテクトリを作成する
例. mkdir aaa/bbb ←aaaが存在しないとbbbが作成されない
  mkdir -p aaa/bbb ←aaaが作成されその下にbbbが作成される

rmdir

ディレクトリ削除

実行オプション


rm

ファイル削除

実行オプション

オプション 動作
-f パーミッションを無視して削除
-i 1つ1つ確認(y/n)される
-r 指定ディレクトリ以下を再帰的にすべて削除

よく使ったオプション

 指定ディレクトリ以下をパーミッション無視ですべて消す
$ rm -rf &italic(){ディレクトリ名}

chmod

パーミッション変更

実行オプション

オプション 動作
-f エラーメッセージを無視
-R 指定ディレクトリ以下を再帰的に変更

指定方式

相対指定
u, g, o, a どのユーザーの権限を変えるか
u:ファイルオーナー,
g:オーナーと同グループ,
o:オーナーと違うグループ
a:すべてのユーザー
+-rwx 権限を付与(+)権限を無効(-)
r:読み w:書き x:実行 s:スティッキィビットを立てる
使用例
u+rw オーナーに読み書き権限付与
a-x 全員が実行できなくなる
g+sx グループにスティッキィビット
絶対指定
400, 0400 オーナーが読み込み可能
200, 0200 オーナーが書き込み可能
100, 0100 オーナーが実行可能
040, 0040 グループが読み込み可能
020, 0020 グループが書き込み可能
010, 0010 グループが実行可能
004, 0004 その他が読み込み可能
002, 0002 その他が書き込み可能
001, 0001 その他が実行可能
4000 ユーザーにスティッキィビットを立てる
2000 グループにスティッキィビットを立てる
1000 その他にスティッキィビットを立てる
使用例
0600or600 オーナーだけが読み書き可能・全員実行不可
777or777 全員が実行可能
4700 オーナーが読み書き実行可能+スティッキィビット

chown/chgrp

ファイルのオーナーを変更/ファイルのグループを変更

cp

ファイルコピー
リンクファイルをコピーする場合には実体がコピーされる

実行オプション

オプション 動作
-f 確認をせず強制コピー
-i 1つ1つ確認(y/n)
-p タイムスタンプを変更しない
-R 指定ディレクトリ以下を再帰的にコピー
-d コピー元がリンクファイルならリンクファイルをコピー
-s コピー元がリンクファイルならそのリンクファイルへのリンクを作成

mv

ファイル移動

実行オプション

オプション 動作
-f 確認をせず強制移動
-i 1つ1つ確認(y/n)
-R 指定ディレクトリ以下を再帰的にコピー

ln

リンク作成
デフォルトではハードリンク作成(同じi-nodeを持つ複数のファイル扱い)
  • s指定でシンボリックリンク作成(ウインドウズでいうショートカットのような扱い)

実行オプション

オプション 動作
-s シンボリンクリンク作成
-f 確認をせず強制作成
-i 1つ1つ確認(y/n)



更新履歴

取得中です。


タグクラウド


アクセス

本日のアクセス
-
昨日のアクセス
-