※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆予告


カーニバルの大会荒らし、”壊し屋”の噂。
それはこの小さなショップにも届いていた。
3年前の大会からぱったりとバトルを止めたオーナーが重い腰を上げ、久しぶりのショップ大会開催にこぎつけた矢先、この店と因縁があるというその”壊し屋”が現れ、エントリーすることになってしまう。

勝利することに拘り、時として暴虐的なバトルを続ける”壊し屋”アサミ
アサミの敗北への禁忌、妄執は自己破滅的で、まるでバトルロンドを憎んでいるかのようにも思える。
カーニバル開催が危うくなる中、オーナーはひとつ、ある提案をする。

武装神姫×Battle Horizon

「ribu-to」

今、新しい舞台の幕が上がる。


◆ハンドアウト


  • ハンドアウトには神姫のマスターであるPCの背景が指定されています。
 ○"神姫wis"はセッション毎にひとつ指定されます。
 ○PCのナンバリングはPC間の関係を補足するのに表したものです。

PC1:内気なマスター
 引っ込み思案で人見知りが激しいものの、唯一の友達である神姫にかけては秘めた素質を持っている。
 だがバトルは苦手だ。皆が憧れ、全国で活躍したPC3が姿を消したのもバトルのせいではなかったか。
 心の友である神姫に危ないことはしてほしくない。誰かを傷つけてまで競い合うことに耐えられない。
 ”壊し屋”と呼ばれた彼女は平気なのだろうか。無表情を装ったあの神姫の沈んだ顔には、何か理由があるはずなのだ。

☆神姫wis「引っ込み思案なマスターに新しい友達を作ってほしい」


PC2:バトロンルーキー
 新型筐体で初めてライドした時に神姫とバトルロンドの楽しさに触れた新米マスター。
 ショップの手伝いなどをしながら神姫ともども修行中、地方予選ありの団体戦が今期から始動するという販売店向け告知が届く。
 まず全国を目指すには仲間集めも必要と、ショップでの大会開催が決まった矢先、店と深い関わりがあるという”壊し屋”がエントリーしてしまう。
 カーニバルを楽しくするためにも、なんとかわだかまりを解く方法はないものだろうか。

☆神姫wis「他の神姫と友達になりたい」


PC3:かつての英雄

 反則や不戦勝を好まず、バトルに真摯な姿勢で神姫を真っ直ぐに育ててきたベテランマスター。
 全国大会で深刻なダメージを受け一線を退いていたが、かつて同じチームで戦った盟友「忍野麻美」に会うためこの町へ戻ってきた。
 引退する要因となった事故の一件以来、疎遠になっていた麻美がバトルロンドに復帰したと風の便りに聞いたからだ。  
 麻美は忍者型のマスターで、チームでは遊撃とかく乱の名手だった。その彼女のトリッキーで楽しげなバトルをもう一度見たいと思った。

☆神姫wis「再び立ち上がり、武装神姫の誇りを示す」