・文字


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Javaでは文字と文字列は別のものとして扱っています。まずここでは文字について見ていきましょう。
文字は1つの文字のことであり「a」や「あ」などが文字となります。プログラムの中で値として使用される文字は文字リテラルという呼び方をすることもあります。
リテラル
リテラルという言葉は文字リテラルの他にも数値リテラルや文字列リテラルなどのように使われるのですが、「の値」と読み替えておけばほぼ間違いありません。つまり文字リテラルは文字の値のことです。
「リテラル」 とは 「の値」
プログラムの中では演算子や変数や制御文など色々なものを組み合わせて記述しますが、数値や文字など実際の値も記述されます。このような値のことをリテラルといいます。文字リテラルと書いてある場合は文字の値と読み替えておいて下さい。
文字の値を表現する
ではプログラムの中で文字の値を記述する場合はシングルクォーテーション(')で囲んで表現します。
'a'
'あ'
'a'や'あ'のように1つの文字をシングルクォーテーションで囲んだものが文字リテラルとなります。
文字は1文字なので次のように2つ以上の文字を('')で囲んだ場合はエラーとなります。
'ab' 
'文字'






わからないところがあったら以下に書き込んでください。
  • test -- (test) 2010-12-10 22:01:03
  • テスト
    -- (test) 2010-12-10 23:00:34
  • hosei -- (HOSEI) 2011-01-31 14:10:34
  • test -- (名無しさん) 2011-01-31 14:10:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る