・8進数、16進数で表現する


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

整数の値はは10進数の他に8進数や16進数で表すことが可能です。
8進数で数値を表すには0で始まり0から7までの数字で数値を表します。
015
0332
16進数で数値を表すには'0x'又は'0X'で始まり0から9までの数字かAからFまでの記号(小文字のaからfでも可)で数値を表します。
0x3fa
0x55
例えば10進数で10と記述する代わりに8進数で012と記述しても16進数で0xAと記述してもプログラム的には何ら違いはありません。表記の仕方が違っているだけです。プログラムを記述する上で10進数ではなく16進数を使った方が分かりやすい場合には16進数を使って記述して下さい。
なお8進数や16進数で記述した数値が10進数で表すとどのようになるのかは、このページの最後に対照表を載せておきました。


対照表
10進数と8進数や16進数の対照表を少し掲載しておきます。
10進数 8進数 16進数
1 01 0x1
2 02 0x2
3 03 0x3
4 04 0x4
5 05 0x5
6 06 0x6
7 07 0x7
8 010 0x8
9 011 0x9
10 012 0xA
11 013 0xB
12 014 0xC
13 015 0xD
14 016 0xE
15 017 0xF
16 020 0x10
17 021 0x11
18 022 0x12
19 023 0x13
20 024 0x14






わからないところがあったら以下に書き込んでください。
  • test -- (test) 2010-12-10 22:01:03
  • テスト
    -- (test) 2010-12-10 23:00:34
  • hosei -- (HOSEI) 2011-01-31 14:10:34
  • test -- (名無しさん) 2011-01-31 14:10:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る