・インクリメント・ディクリメント演算子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

演算の中でも数値を1つだけ増加することと1つだけ減少させる処理は比較的多く使用されます。「+」演算子や「-」演算子を使って記述すると次のようになります。
int num = 7;
num = num + 1;
変数「num」に代入されている値と1を加算し、その結果を改めて変数「num」に格納しています。1つだけ減らす場合も「-」演算子を使って同じように記述することができます。
このように1だけ増加する、又は1だけ減算するために用意された演算子がインクリメント演算子(++)とデクリメント演算子(--)です。
演算子 使用例 意味
++ a++ 又は ++a aの値を1増加する
-- a-- 又は --a aの値を1減らす
例えば先ほどの例は次のように書き換えることができます。
int num = 7;
num++;
同じように変数の値を1つだけ減らす場合には次のように記述することができます。
int num = 7;
num--;
「++」演算子や「--」演算子は対象となる変数の値を変化させますので、演算結果を変数に代入する必要はありません。
なお「a++」と記述する代わりに「++a」と記述することもできますが、結果が異なる場合があります。詳しくは次のページの「前置と後置」で解説します。





わからないところがあったら以下に書き込んでください。
  • test -- (test) 2010-12-10 22:01:03
  • テスト
    -- (test) 2010-12-10 23:00:34
  • hosei -- (HOSEI) 2011-01-31 14:10:34
  • test -- (名無しさん) 2011-01-31 14:10:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る