※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニコニコ動画:Zero対応

ニコニコ動画(原宿)の次のバージョンであるニコニコ動画Zeroが、2012年5月1日よりプレミアム会員のみ先行リリースされました。

Zeroで導入された新プレーヤーでは、デフォルトの「大画面」(864x486)、従来のサイズである「中画面」(640x360)、さらに小さな「小画面」に切り替えが可能になりました。

Zero対応で注意すべきこと

Zeroのデフォルト「大画面」のサイズは864x486です。これより小さいサイズで投稿された動画はこのサイズに合うようにアス比を保って拡大されますが、このために画質が劣化して見えます。また、プレーヤーの表示サイズがおよそ1.8倍に拡大したため、従来と同じビットレートでは足りない場合があります。

対策

(1-A) 864x486より大きなサイズで動画を制作する。flashplayerの縮小機能は拡大に比べてマシなので、サイズが大きい分には画質劣化の問題は少ないです。(大きくすると、その分、ビットレートが必要になりますが。)

(1-B) 一般会員の場合は、ビットレートの上限が決まっているため不可能ですが、プレミアム会員ならば、動画のファイルサイズが100MBを越えない範囲であれば、ビットレートを高くすることが可能です。 864x486で制作し、従来通りのビットレートでエンコードしてみて、画質がもの足りない場合は、少し上げてみましょう。もしくは、改造版の夏蓮根には、ビットレート見積り用にプリセットtが追加されているので、それでエンコードしてみるのも良いでしょう。

(2) (現在のところ)ZeroWatchでは、動画のどこかでなんらかのユーザーニコ割を引用している場合、視聴の際に強制的に中画面で開かせることが可能です。このことを利用し、従来通り、640x360で制作、ビットレートも従来通りでエンコして投稿し、ユーザーニコ割を引用します。(参考: ユーザーニコ割に使える動画の一覧)