※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヌーヴォー・ロマン

  • ヌーヴォー・ロマン→前衛的な小説作品群を形容した呼称 ヌーヴォー・ロマンwikipedia
  • わたしは猫です 名前はありません→吾輩は猫である
夏目漱石の処女小説。この後「俺は犬だ」とか「吾輩ハ鼠デアル」だとかいう小説が多く出回った。
  • 書いても消しても恋→斜陽(太宰治)の一節。「恋、と書いたら、あと、書けなくなった。」
  • 羊をめぐる冒険→羊をめぐる冒険(村上春樹)
  • 百年もの孤独→百年の孤独
ガルシア=マルケスの長編小説。マコンドという村を創設したブエンディア一族の長い長いお話。第七世代まで続くので本当に長い。この小説から名前がついた焼酎「百年の孤独」は皇太子殿下が晩酌をするということで有名。