ドレイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【我堂 九州】(15)(がどう きゅうしゅう)


この物語の主人公。都心の高校に通う、不良少年。
高圧的な性格で、極度の負けず嫌い。
安い挑発に乗り続け喧嘩を続けるうちに不良少年と呼ばれるようになってしまった。

ある日友人と共に街に出かけたときにヒーローオブドレインとヒールオブロックの戦いに巻き込まれる。
ピンチになったヒーローオブドレインはヒーローの素質があった友人の方に自分のあとを継がせようとするも、
間違って全然素質のない九州に核を渡してしまい、あとを継がせてしまう。
こうして彼はヒーローオブドレインとなり、「誰からも好かれる最強のカッコイイヒーロー」を目指すようになる。

【ヒーロー オブ ドレイン】


九州が変身した姿。
ランクは最低のEランク。というのも、ドレインは他のヒーロと異なり必殺技を持っていないから。
ドレインが持つ技は「スキルドレイン」のみであり、これは、その名のとおり相手の技を吸収することができる。
ただしひとりのヒール、ヒーローに対して一度しかこの技は使えない。
さらに吸収されたからと言って、相手はもう吸収された技が使えなくなるわけではない。
必殺技がないことや相手からどの技を奪うかによって強さが激しく上下しすること、変身後の基礎体力の上昇幅の低さ、先代たちの無能さなどが相まってEランクとなっている。最弱のダメダメヒーローというのが世間の認識。
しかしドレインが強くなる方法がないわけではない。ドレインのスキルドレインはある条件をクリアしたときのみ、「対象のヒーロー・ヒールの技をすべて完全に吸収(コピー)することができる」。これをうまく活用していけば、ドレインが活躍することも可能。
ただこの条件というのが「対象のヒーロー・ヒールに吸収する許可をもらう」というものであるため、容易に強くなることはできない。
なぜなら、ドレインがコピーする=コピーされたヒーローは居なくてもいい、ということになってしまうから。
ドレインが強くなるために本当に必要なのは、「力」ではなく「信頼」。

  • スキルドレイン…指定した対象から問答無用で技を一つだけコピーする技。どの技をコピーするかはランダム。                             ※ただし「対象が能力を吸収することを承諾した場合」のみ、その対象の技、能力を完全にコピーできる。