無題:1スレ目2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2 名前:サンクス[] 投稿日:2010/11/22(月) 09:55:02.86 ID:lzsc69m90 [1/62]
先日俺は黒猫と付き合いだしたことをみんなに打ち明けた。まぁ、隠しておく理由もないしね。

桐乃「え?嘘でしょ?」

沙織「まぁ!黒猫氏と京介氏がお付き合いをなさることに!?それではぜひお祝いをしませんと」

京介「いいっていいって、そんなことでわざわざお祝いとかおかしいだろ」

沙織「断固拒否するでござる。せっかく瑠璃ちゃんと京介氏が大人の階段をのぼったというのにこれをお祝いせずにはいられますまい!」

京介「まだのぼってねえよ!」

沙織「フフフ、でもお祝いしたいのは本当なんですよ?私の親友のお二人がお付き合いすることになったんですから」

京介「グッ///…そうか、じゃあ素直に受け取っとくか。ありがとな」

沙織「いえいえ、では日程や場所はのちほどメールにてお知らせするでござる」

黒猫「///」

桐乃「…キモ……」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 09:56:38.97 ID:lzsc69m90 [2/62]
こんなやりとりの間も黒猫と桐乃は終始うつむき加減だった。黒猫は照れてるだけだろうが桐乃まで不機嫌にならなくてもいいのにな。別に俺が黒猫と付き合うことになったからって黒猫はお前と友達でいることはやめねえだろうよ。

で、今日がそのお祝いとやらの日なんだが…

沙織『今度の日曜日に以前のレンタルルームでお待ちしています』

以前のレンタルルームってのはあいつらが俺を励ます会を開いてくれたあそこのことだろう。
正直、あそこにあんまりいい思い出はなかったりするんだけどな…デレた桐乃は見られたけど。

京介「あんまり、気乗りしねえなぁ…」

俺が前回同様受付を終えて案内された部屋の前まで行くとそこにはこれまた前回同様看板がたっていた。そういえば前回の受付もこのお姉さんだったな。俺を見る目が不審者を見る目だったのは気のせいだと思いたい。
京介「でも今回はハーレムとか関係ないのになんであんな目を…」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 09:58:49.21 ID:lzsc69m90 [3/62]
『高坂京介様専属ハーレム御一行様』

ちくしょおおおおおお!使い回しか沙織いぃぃぃぃ!!
げんなりしながらも扉を開くと沙織、黒猫、桐乃が座っていた。

沙織「遅かったでござるな京介氏」

黒猫「ふん、さっさと座りなさいな」

桐乃「自分のお祝いなのに遅れてくるとか馬鹿じゃないの?」

京介「いや、すまん。ちょっと寝坊してな」

と、ありがちな言い訳をしたところで沙織がこう切り出した

沙織「さて、全員そろったところで瑠璃ちゃん&京介氏大人の階段記念パーティーを始めたいと思います!」

黒猫「そのネーミングは何とかならなかったの?」

沙織「フフフ、照れなくてもよいのですよ?」

桐乃「私から見てもそのネーミングはどうかと思うけど…」

沙織「む?ではきりりん氏ならどういうネーミングならよいと言うのですかな?」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:03:15.81 ID:lzsc69m90 [4/62]
桐乃「えっ?それは…黒猫ビッチ化記念とか?」

京介「おい!なんてパーティーにするんだお前は!それに大人の階段はのぼってねえって言ってんだろ!!」

桐乃「チッ…なにマジになってんの?」

まったくなんて妹だ…。まぁ、こいつとしても黒猫と遊べる日が減るのは目に見えてるしイライラしちまってもしょうがないかもな。それに俺がデレデレしてんのは気に食わないとか言ってたし。
でも不可解なのは最近黒猫への態度もなんか冷たいように見えるんだよな。ここはストレートに聞いてみるか。


京介「お前この間から黒猫や俺に対して冷たくねえか?いや俺に冷たいのはいつも通りだが」

桐乃「はぁ?なにそれ?そんなことないし、もしそうだとしてそれ今関係あんの?」

京介「いや、関係はねえけどよ…」

沙織「まあまあお二人とも今日は祝いの席ですから…」

少し険悪な雰囲気が漂ってきたところですかさず沙織がわって入る。こいつはほんとにこういうところうまいよな。

黒猫「あなた達そのへんにしときなさい、さっきからまったく話が進まないわ。で、お祝いと言うけれど今日は何をしてくれるのかしら?」

沙織「よくぞ聞いてくれました黒猫氏!実はこれまた前回同様出し物をさせていただくでござる!」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:06:16.03 ID:lzsc69m90 [5/62]
京介「いやな予感しかしねぇ……」

沙織「さりげなくひどいこというでござるな京介氏…しかし、これをみてもそんな口がきけますかな!?」

沙織が自身満々にみせてきたものはシスカリαのディスクだった。おい、俺はもはやこのゲームはトラウマといっていいレベルで恐怖を感じるんだが…。

桐乃「あれ?シスカリαじゃん。まさかまたこいつの前でプレーさせるわけ?」

沙織「さすがに拙者もそんなミスはもう犯さないでござるよ。今回はこのディスクと拙者特製データをプレゼントでござる」

黒猫、桐乃「「特製データ?」」

黒猫と桐乃が興味津々で聞いている。やっぱりゲーマーとしては気になるんだろうな。

沙織「左様、以前はきりりん氏と黒猫氏のキャラを作りましたな。が!今回はなんと!京介氏のキャラを作ったでござる!!」

京介「ぶふぉ!」

思わず吹き出してしまった。なんてものを作ってくれてやがるんだ沙織!じゃああれか?負けると俺そっくりのキャラが触手にあれやこれやされちゃうの?嫌すぎるんだが。これは黒猫や桐乃のこと怒れんな、気持ち悪すぎるし何より見られたくねえ。そら俺をぶっとばすわ。

桐乃「あんた正気なの?」

黒猫「あなたがそこまでの変態だなんて思わなかったわ」

沙織「う…ひどいいわれようでござる。これでも結構頑張って作ったんですよ?約束の日まで時間もないし徹夜したりして……」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:09:04.55 ID:lzsc69m90 [6/62]
京介「ま…まぁ、そんな顔するなって。黒猫もあれで喜んでるって」

黒猫「!?誰が先輩なんかの裸で喜ぶのよ!恥を知りなさい俗物が!!」

京介「いやそういう意味で言ったんじゃねえよ!」

助けを求めて沙織を見てみると腹を抱えて笑っていた。さてはこうなるとわかってやがったな!

沙織「はぁはぁ、ようやく笑いも収まったところで…次はきりりん氏の出し物でござる。はりきってどうぞ!」

桐乃「……」

桐乃は無言で自分の鞄からお祝いの品であろう物を取り出すと黒猫に一つを渡し、俺の前まで来てもう一つを差し出した。

桐乃「ん」


京介「お守り?」

なんだまともじゃないかほっとしたぜ……と思ったが甘かった。お守りを裏返すとそこには安産祈願と綺麗な刺繍で書いてあった。

京介「……え?」

黒猫「…え、あ、あ……」

黒猫は真っ赤になって動揺している。これは俺が桐乃に聞かねばなるまい。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:12:21.24 ID:lzsc69m90 [7/62]
京介「桐乃…これは一体どういうことだ?」

桐乃「…はぁ?見ての通りお守りじゃん。あんたその歳でぼけだしたの?」

京介「いやそうじゃなくてだな…これ安産祈願のお守りなんだが……」

桐乃「えっ!?あたしが買ったのは学業成就のはずなんだけど!」

京介「ま、まぁ気持ちはありがたく受け取っとくよ。な、黒猫?」

黒猫「あ、え?これをありがたく?……!?何を考えてるのこの変態!!」

京介「ちょ…変な誤解をするんじゃない!ちゃんと人の話をきけって!

沙織はここでもまた腹を抱えて笑っていた。しかし桐乃なぜか不機嫌とも悲しいともとれる表情だった。そんな顔しなくてもお前の気持ちは俺にも黒猫にも伝わったと思うぞ?

京介「しかし、お祝いが学業成就って…お前のセンスはどうなってるんだ……」

桐乃「うっさい!だってあんた一応受験生なんだからそれでいいじゃない……」

京介「そうだな。ありがとな桐乃」

その後はゲームをしたりプロジェクタでアニメを見たりしてすごした。これなら俺ん家でもよかったんじゃないか?と思いつつもパーティーはつつがなく終了した。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:15:03.61 ID:lzsc69m90 [8/62]
どうもここ最近桐乃の元気がない気がする。どうもお祝いパーティーをした日から様子がおかしいようだ。かれこれ一週間になるか。

京介『最近桐乃元気ないみたいなんだがなんか心当たりないか?』

あやせ『ちょうどよかったです。学校でも桐乃元気ないみたいで、私も一度お兄さんに相談しようと思っていたんです』

京介『そうか、そりゃよかった』

あやせ『本当に桐乃には手を出してないんですね?』

京介『出さねえよ!それに俺にはもう…』

あやせ『…?もう、何ですか?』

京介『いや、とにかく頼むな』

あやせ『…まあいいです。何かあればまた連絡します』

京介『おう、それじゃあな』

彼女がいると言おうとして思わず言いよどんでしまった。黒猫という彼女がいながらも、マイラブリーエンジェルあやせたんルートが諦めきれないのだろうか…。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:18:46.09 ID:lzsc69m90 [9/62]
翌日下校中

あやせ「桐乃最近元気ないよね?どうかしたの?」

桐乃「えっ!?そんなことないけど…どうしたの?」

あやせ「だって最近ずっと何か考え事してるみたいだし、お兄さんの話もしないし。何かあったんなら相談してくれないかな?」

桐乃「うえぇっ!?考え事はともかく、兄貴の話云々はおかしくない!?」

あやせ「そんなことない。桐乃お兄さんの話してるときはいつも楽しそうだったじゃない…文句ばっかりだったけど」

桐乃「いや…でもそれとこれは……」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:24:14.70 ID:lzsc69m90 [11/62]
桐乃(う、これは逃げられない…)

桐乃「……実はね……」

_______________________________________________

あやせ「ええええ!?お兄さんに彼女があああ!????」

桐乃「そうなの。まぁ兄貴が誰と付き合おうと関係ないんだけどね。」

あやせ「ブツブツ……私には結婚してくれとか言っておきながら……ブツブツ」

桐乃「あ、あやせ?」

あやせ「ブツブツ……しかもお姉さんというものがありながら……ブツブツ」

桐乃「あやせってば!」

あやせ「え!あ、なんでもないのよ?大丈夫」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:29:18.26 ID:lzsc69m90 [12/62]
あやせ「ブツブツ……しかもお姉さんというものがありながら……ブツブツ」

桐乃「あやせってば!」

あやせ「え!あ、なんでもないのよ?大丈夫」

____________________________________________________

あやせ「そっか、桐乃はお兄さんが取られたみたいで寂しいのね」

桐乃「そ、そんなことない!あんな奴の相手をする機会が減ってせいせいしてるくらいだってば!!」

あやせ「素直になったらいいのに。そんなんだとこれから構ってもらえなくなるよ?」

桐乃「だ、だからそんなじゃないってば!」

あやせ「ふふっ、じゃあ桐乃あたしこっちだから。また明日ね、バイバイ!」

桐乃「あ、うん。バイバイ……」



20 名前:もうすぐ終わり[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:36:27.46 ID:lzsc69m90 [13/62]
京介「ただいま~」

桐乃「ちょっと話があるんだけど。あたしの部屋に来て」

京介「え?今からか?」

桐乃「チッ…当たり前でしょ。さっさとしなさいよね」

京介「へいへい、わかったよ」

かわいくねぇなと思いつつも言うことを聞いてしまう俺。ちょっと昔はこんな妹の言動にいちいちいらついてたもんだが今となっては精々かわいくねぇ程度である。いかんな、下僕根性が染みつきつつある。駄目だ俺…早くなんとかしないと……

京介「で、なんだ話ってのは」

桐乃「あんた、いい加減黒いのとあたしの前でイチャイチャするのやめてくれる?ぶっちゃけキモイしウザイんだけど」

京介「イチャイチャなんてしてねえよ!それにお前にそんなこと言われる筋合いもねえ!」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:41:46.77 ID:lzsc69m90 [14/62]
桐乃「はぁ?してんじゃん!!二人きりでベッドの上でイチャイチャしてたんでしょ!!それに兄さんとか呼ばせてさぁ」

京介「あれはゲーム作ってただけだって言ったろ!それにあれは黒猫が勝手に呼んでるだけだ!そもそも俺が黒猫に何て呼ばれようとお前には関係ないだろ!?」

桐乃「かん………い……る」

京介「あん?」

桐乃「関係あるって言ってんの!」

桐乃「あんたはあたしの兄貴でしょ!!それなのに他の奴ばっかり構ってイチャイチャデレデレして!!!」

桐乃「あたしも構ってくれないとやだ!せっかくまた話とかできるようになったのに…もう昔みたいに戻るのはいやなの!!」

京介「な……」

あまりの驚きに声が出なかった。桐乃がまさかそんなふうに思っていたなんて。しかし、驚くのは後でもできる。今は兄貴の義務を果たしてやらんとな。
ぽん、と頭に手を置き撫でてやる。そういえばつい先日もこんなシチュエーションがあったな


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 10:44:07.17 ID:lzsc69m90 [15/62]
桐乃「う…うぇぇ……うわああああん」

京介「悪かったよ、お前がそんなふうに思ってたなんて全然気づかなかった」

俺はいつも桐乃を泣かせてばっかりだ、悪いなこんな兄貴で。でもお前のこと親父とおふくろの次くらいには大事にできる自信くらいはあるんだぜ?

桐乃「ぐす…ぐすっ……」

京介「俺は重度のシスコンみたいだからな、いつでも甘えて来いよ。人生相談だってこれから何回でもきいてやるさ」

桐乃「うん……ありがとお兄ちゃん」


おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。