弟めいかぁ:7スレ目855


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

855 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:31:22.63 ID:wzmCvRYK0 [2/11]
※この物語はフィクションであり
登場する人物・団体・その他名称とは一切関係ありません……ホントですよ?

俺、高坂京介!
どうにか大学に受かり、入学の手続きも一通り終えた春休み中の18歳☆
…….スマン。テンションが上がり過ぎてたぜ。
でも、ハイテンションでも許してくれ。だってーーーー

「今日はお兄さんにお願いがあって来てもらいました」

スウィートラブリーレボリューションマイエンジェルあやせたんから呼び出しだぞ!?

「よし、婚姻届もらってくるわ!」
「どうしてそうなるんですか……?」
「え、お願いって結婚のことじゃねーの?」
「なんでお願い=結婚なんですか!?ブチ殺します
よ!!」
あれ~……違ったのか。誠に残念なことだ……

「まったくお兄さんはいつもいつも……!」
「じょ、冗談だって!ーーーじゃあ、〝お願い〝ってのはなんなんだ?」
「はいーーー、お兄さん、目を瞑ってください」
「ん…こうか?」
ま、まさかキス……?

なーんて呑気に考えてたんだが……

「……!?」

俺の口内に何かが入れられた。そして、骨の焼けるような感覚とともに、
俺は意識を手放すのであった……

856 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:32:03.24 ID:wzmCvRYK0 [3/11]
ーーーーーーーー

目が覚めると、そこはどこかの部屋の中であった。
「……知らない天井だ」
とりあえず辺りをぐるりと見す。
部屋にはテーブルと椅子、ベッド、冷蔵庫等々、生活するには充分な家具や家電がある。
それと、ドアが2つ。

「……お決まりの開かないパターンか」
1つ目のドアは開かなかった。おそらくこれが外への出口なのだろう。
「もう1つはーーーー風呂とトイレか。生き延びる分には問題なさそうだな。」

これからどうしたもんか……などと考えていると

ガチャリ
という音ともに開かなかったドアが開き、

「あ、目が覚めたみたいですね」
新垣あやせがその姿を現した。

857 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:32:38.94 ID:wzmCvRYK0 [4/11]
ーーーーーーーー

「お兄さん、まずは自分の体をよく見て下さい」
そう言いながら鏡を俺によこす。

「今更自分の顔なんざ……!?」
鏡を見た俺は驚愕した。驚いて声もでねぇ。
だってよ……信じられんことに、鏡に映っていたのは

少年の頃の、俺。

「嘘…だろ…?」
「いえ、すべて現実ですよ」
よく見ると手も小さい。
立ってみてもあやせの方がずっと背が高い。
ワケわからん、何だよこのコ○ン君状態は!?

ーーーーーーーー

「あやせ!コ、コリャいったいどういう事だ!!」
「落ち着いてくださいお兄さん。まず、お兄さんの体が縮んだのは私が飲ませた薬が原因です」

やっぱそうだったか……とりあえず原因だけは分かった。

「あれは〝アポトキシスコン4274〝という名前の薬で、一時的に肉体を若返らせる薬です。」
どっかで聞いたことあるような気のする名前だなオイ……
「んじゃあ聞くが、何故俺にそれを飲ませたんだ?」
「……この間、桐乃に見せてもらいましたよ……」
「何を……だ?」
ま、まさか、あやせ画像コレクション〝あやせスペシャル〝がバレてしまったのか!?

「マジスンマセンアレハデスネッ「お兄さんの小さい頃の写真です!」……へ?ガキの頃の写真だぁ?」

「そうです!どうして……んですか」
ん?

「どうしてあんなに可愛いんですか!?」

858 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:33:49.13 ID:wzmCvRYK0 [5/11]
ハイ?

「ハ、ハアァァアアアァァァァ!!?」
何を言い出すかと思えば!?
「か、かわいい?大丈夫ですかあやせさん??」
「私の親友の兄があんなに可愛いかったわけがないですよぉ!!!!」
駄目だこのあやせさん!?医者は!?医者はどこにいるんだー!?
「……失礼、取り乱しました」
「あぁ……で、だ。つまるところ、ガキの頃の俺を実際に見たいから薬を飲ませたってことっすか……?」
「そういうことです!桐乃が、ご両親が旅行で明日まで帰ってこないと昨日言っていたので、絶好の機会と思い!!」
即答だと!?俺のガキの頃ってそんなによかったのか……?

「ハァ……で、いつ戻るんだ?一時的なものなんだろ?」
「24時間前後で戻るそうです」

「ということは、親父とお袋にバレる心配はないのか」
とりあえず一安心だ……捜索願なんて出されちゃ困るしな。

「話を進めましょう。お兄さんには、今日一日一緒に生活を送ってもらいます」

859 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:34:41.37 ID:wzmCvRYK0 [6/11]
ーーーーーーーー

「も、もう1回言って貰っていいか?」
聞き間違いと信じたい。そうでなければ困る!
「ですから、一緒に暮らして頂きます!」
「ヤ、ヤッパ聞き間違いじゃないっすよね~……」

やれやれだぜ、と言って
深く溜め息をつくと、あやせの表情が曇った。
「お兄、さんは、私と居るのなんて、嫌……ですかっ……?」
「い、いや、決してそんなことはないぞ!むしろ一緒にいたい!一緒に暮らそうぜ!!」
そ、そんなウルウルした顔で見られたら断れる訳ねーじゃねぇか!
ま、まぁ体が縮んでるとはいえあやせと一緒だなんて、またとない機会だしな。
「えへへ……」
あやせも珍しく満更でもない顔をしている。怒らないだなんて、まさか……この力……ショタの力か!?
「えへ……、ではお兄さん」
おぉ、復活したかあやせよ。


「とりあえず、私の膝に座ってください!」

860 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:35:33.06 ID:wzmCvRYK0 [7/11]
ーーーーーーーー

さっきから心臓が全力全開で鼓動を続けているぜ……

「えへへ……」
この充足感MAXの声はあやせのものである。
あやせはベッドに腰掛けて、膝の上に俺を座らせ、俺に抱きついて頭を撫でている。

「そうだ、お兄さん」
スリスリ……俺を撫でていた手が止まり、あやせが俺に話しかけてきた。
「ん、なんだ?」
「私のことは〝お姉ちゃん〝って呼んでください!」
「欲望を隠す気0なんだなあやせ!?」

「……〝お姉ちゃん〝」
怒気をはらんだあやせの声。マジこえーよ……

「あ……あや、せ……お姉ちゃん」
「えへへ~京介君~♪」
誰だコイツとツッコミてぇ!あやせはショタコンだったってのか!?

それにしても、
先ほどから背中に柔らかな2つの丘が当たっており、魅惑の香りが漂い、暖かな手が優しく頭を撫でている……正直、溜まりません……

素直に思っちまうよ。

「ショタ、万歳……!!」

我ながら単純な思考回路してると思う今日この頃です。鼻血が出そうだぜ。

861 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:36:49.65 ID:wzmCvRYK0 [8/11]
ーーーーーーーー

「京介君、お風呂に入りましょうか♪」
「あやせ……お姉ちゃん、それは本気でいってるのか?」
「あ、私は水着ですよ?中身はお兄さんのままなので何されるかわかりませし……」
俺に拒否権はないんだろ……?まぁ、あやせの水着姿を拝めるだけでもよしとすっか!
「セクハラしたらブチ殺しますよ?」
「は、はーい……」
さっきとは打って変わってこの冷ややかな目つきである。刺さりそうなくらいに視線が痛いぜ……


ここは風呂場。俺は裸であやせに洗ってもらっている。俺明日死ぬんじゃねーなってくらいに幸せだぜ……

「はーい目瞑ってねー♪」「頭洗うよー♪」「痒いトコないー?」
おいお前ら……コレ、あやせなんだぜ……?
マジでキャラ崩壊してるぞ……

「はい、体も洗うよ~♪」
「はいよー」

……よし、イイコト思いついたぜ!

「あやせお姉ちゃんよぉ」
「♪~なんですか?」
「前も洗ってくれないかな?」
「へ……前、も?セ、セクハラですよ!」
「うん!僕あやせお姉ちゃんに洗って欲しいな」
ここぞとばかりに必殺☆上目遣い☆ミで攻める俺。さぁ、折れろあやせ!
「……し、仕方ないですね」
「うん、ありがとう!」
キタキタキタキタァアーーーー(゜∀゜)ーーー!!
ふひひ……僕の磨修羅男も洗ってもらっちゃおうかな……!!!

「このタワシで洗ってあげます、〝お兄さん〝?」

あ、俺死ぬかも。

862 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:37:37.77 ID:wzmCvRYK0 [9/11]
ーーーーーーーー

「さて、もう遅いですし、寝ますか?」
「ふぁ……そうだな、お休み」
これもガキになったせいだろう、やたらと眠いぜ……
「では、一緒に寝ましょうか♪」
「お、おう」
さすがにもう驚きはしない。こう言うと予測していたしな。

「……京介君、お話を聞いてくれますか?」
1つの布団に入った俺達。不意に、あやせが声をかけてきた。
「ん、なんだ?」
「その……私、好きな人がいるんです」
「?……!!!!」
なん……だと?つまり俺の好感度UPを狙ったアプローチは最初から意味がなかったというのか……?
「その人は嘘つきで、いっつもセクハラしてきて……」
「ひっでぇ言い方だなオイ」
「……でも優しくて……、大好きです」
あやせの声が暖かみのあるものへ変わった。あぁ、あやせは本気でそいつが好きなのか……
「でも、その人はシスコンで、妹の為になら平気で自分を投げ出して、泥まで被るような人なんです」
「……」
「私とその妹を仲直りさせるために、自分がド変態扱いされてまで頑張ってくれたこともありました」
……まるで、どこかの誰かみたいだな。
「私がその妹にプレゼントをしたいと言ったときも、好きでもない事を調べてくれて、プレゼントを手に入れるのも手伝って頂いて……とにかく、本気で頑張ってくれました……」
「……なぁ、あやせ……」
「……最後まで聞いてください!……私はその好意にずっと甘えたままでした。……本当は、気づいてたんです。その人が私と妹の為に泥を被ったこと」
「もう甘えるだけじゃなくて、その人を支えられるようになりたいと思うんです……だからまずは、その人に私の思いを知ってもらおうと思っています……〝お兄さん〝に」
な、なんという急展開だ……!まさかあやせが俺を好きだったなんて……
「あ、あやせっ」
「話はこれで終わりです。ありがとう……〝京介君〝」
「!!……そうか、分かった。お休み、〝あやせお姉ちゃん〝」

863 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 21:38:35.16 ID:wzmCvRYK0 [10/11]
ーーーーーーーー

翌日。
そろそろ昼という殺しに目が覚めると、俺の体は元に戻っていた。

「あやせ……」
隣にはまだあやせが寝ている。まさに眠り姫という言葉が似合う美しさだ……
ずっとみていたい気もするが、俺は高坂京介。〝お兄さん〝であり、もう〝京介君〝ではない。

「さて……」

いざ尋常に…………

「あやせっ!」

参る!!!

「……くぁっ……あ、お、おはようございます」
「おはよう。……伝えたい事がある」
「え……っと、何でしょうか?」
平静を装うあやせ。かく言う俺も緊張しまくってる。心臓が破裂しそうだ。

「俺は……お前が好きだ。お前が大好きだ。お前を愛している!」

ーーーーーーーー

「!ど、どうして先に言っちゃうんですか!?」
「……何の事だ?」
「昨晩話したでしょう!」
「あれを聞いたのは〝京介君〝だぜ?」
「っ!もう……お兄さは卑怯者です!」

卑怯……か。
ふっ、その通りだな。
〝京介君〝にならなかったらこうやって告白なんかできずに、一生本気と思われないセクハラ行為を繰り返していた事だろう……
けどよ……
「だとしても俺は既に告白をした……、お前の答え、聞かせてもらえないか?」

「そんなの決まってるじゃないですか!」
あやせのが目に涙を浮かべ、涙声で叫ぶ

「好きに決まってますよ……!好きに決まってますよこの変態卑怯者お兄さん!!!」
「ありがとう…あやせ。なら、俺と付き合ってくれないか?」

「……はい!」
あやせがコクリと頷き、そして俺に抱きついてくる。

今までみたどの顔よりも最高の、笑みを浮かべるあやせ。


「お前のその笑顔だけで、俺は幸せだぜ!」

ーーーーーーーー

あれからしばらくの時が立った。
ここは俺の部屋。

「なぁ……あやせ」
「なんですか?」
子犬のように可愛いらしい瞳を俺に向けるあやせ。抱きしめたいな!
「そもそもあやせが俺を小さくした理由は、告白するためだったのか?俺の小さい頃の姿が好きだったからなのか?」

「〝京介君〝に会いたかったのが最初の理由です。……告白は、ムードというか、なんというか……」
「マジすか?」
「はい♪ですから、また、そのうち頼みますよ?〝京介君〝」

「」
俺のあやせお姉ちゃんがショタコンなわけ……ありますヨネーー………




ーーーー完ーーーー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。