俺の妹が身長180cmなわけがない:第四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

53 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/14(金) 19:15:16.59 ID:oNsW6jabo [2/5]
その日、俺は沙織にメールで呼び出され、秋葉原に来ていた。
なんでも先日のことを謝りたいとのことらしいのだが。

「……ったく、なんだってんだよ。こんなところまで人を呼び出しやがって……」

指定の場所へ向かって電気街を歩きながら不機嫌にぼやく。
こんなの、家で一言謝りゃ十分だろうに。

「……だめだ……どうにも気乗りしねえ……」

気分は依然として悪い。常より少し深い猫背になって、ポケットに両手を突っ込んで、足取り重くよたよた歩く。
なんで俺がこんなザマになっているのかといえば、先日沙織たちが仕掛けた罠によって、幼馴染にセーラー服フェチだと思われた事件が、まだあとを引いているのであった。

さすがに一週間も経てば、俺の心の傷も多少癒えてきてはいる。
だけど、一生ことあるごとに思い返しては、せつない後悔で胸が痛むんだろうな……なんてことを考えるとどうにも吹っ切れない。

「……っと、ここか?」

ふと足をとめ、俺が見上げたのはなんの変哲もないビルだ。

「レンタルルームねぇ……なんのことやら」

エレベーターで三階へ。エレベーターを降りると、すぐ右手に受付窓口があった。
左手には通路が延びており、幾つかの扉が見える。
なるほど、扉一つ一つがレンタルルームってわけね。
カラオケボックスよろしくまずは受付で部屋番を聞くのだろうが、そんなことをしなくても俺の目的地はすぐにわかった。
一番手前の扉のわきに、ちょうど冠婚葬祭の会場のような案内看板が置かれていたからだ。


54 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/14(金) 19:16:59.49 ID:oNsW6jabo [3/5]
『みんなのお兄ちゃん高坂京介とその妹たちご一行様パーティー会場』

ハッハッハ! 誰だよ高坂京介って~。
みんなのお兄ちゃん? ばっかじゃねーのコイツ? シスコンかよ。こっ恥ずかしいやつだなぁ。

「俺のフルネームだよくっそお~~~!?」

誰だっ! こんな公衆の場で、俺の名を辱めている不届きものは!
――いや、ほんとに誰だよ。確かに俺は沙織の兄貴だが、なんで『みんなの』なんて単語がくっ付いてるんだ。
そのせいで変態っぽさが大幅にレベルアップしちまってるじゃねえか。

「はい、高坂京介さまですね。301番のお部屋になります」
「……ういっす」

俺は受付のお姉さんに力なく頷いて、『みんなのお兄ちゃん高坂京介とその妹たちご一行様パーティー会場』と書かれた看板のわきに立った。
目前の扉には何故か他の扉にはないネームプレートがくっついていた。
明らかに即席で付けたと分かる、不自然な形でだ。
そして、そのネームプレートにはこう書かれていた。

さおり
くろねこ
きりの

妙な胸騒ぎを覚えつつ扉を開く。

「お帰りなさい! お兄様!」

セーラー服を着た妹たちが、二人並んで俺を出迎えた
俺は見なかったことにして扉を閉めた。


55 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/14(金) 19:19:25.97 ID:oNsW6jabo [4/5]
「………………な、なんだいまのは……?」

ごくっ……。生唾を飲み込み、額の汗をぬぐう。
すうはあと深呼吸してから、恐る恐る、再び扉を開ける。

「お、お帰り! あ、ああ……あに…………やっぱだめ! なんか恥ずかしいし無理!!」

扉を開けた瞬間、茶髪の妹が俺を出迎えたはいものの、唐突に何かを諦める。

「……お、おまえら……これは……どういう……?」

俺はおまえに兄貴と呼ばれる義理はないぞ?
それに、沙織はなんでいつものオタクファッションをしてないんだ?
俺は理解不能の展開に面喰いながらも、辛うじてそれだけ呟いた。

「ふふふ。どうやら、ばっちり驚いて頂けたご様子。私のセーラー服姿、萌えました?」
「いや、たしかに驚きはしたが……萌えてはいない」
「あら? おかしいですわね。お兄様はてっきりセーラー服萌えだと思いましたのに」
「なんの根拠があってそんなことを!?」

おい! これは俺に謝罪するための企画じゃなかったのか!?
俺になんの恨みがあってこんな傷口に塩を塗りこむような真似をする!
……もうこれ以上俺のトラウマを刺激するものはないだろうな。
俺は注意深く周囲を見回した。と――そこで気付く。
沙織と桐乃と――。
一人足りない。

「あれ? 黒猫は? きてねーの?」

表のネームプレートに名前があったし、てっきり三人一緒だと思ったんだが。

「ああ、黒猫さんでしたら――」

沙織はぐるりと背後を振り返り、部屋の隅っこを指さした。
そこには――

「あ」
「…………」

カーテンの裏に隠れて、セーラー服に身を包んだ黒猫が顔を覗かせていた。

72 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/15(土) 21:09:53.69 ID:sKl065BRo [3/7]
しかしこの状況…………冷静に考えてみれば色々とつっこみどころ多すぎるだろ。
仕方ねえ。一つずつ消化していくか。

「まず、沙織。いつものオタクファッションはどうした」

おまえ、こいつらの前ではあのファッションで行くんじゃなかったの?

「今日はこのコスプレをするにあたってちょっと勇気を出してみたんです。あのぐるぐる眼鏡でセーラー服を着ても萌えませんでしょう?」
「安心しろ。おまえがどんな格好だろうと妹に萌えることはない」

だいたい、そのセーラー服だってどっから調達したんだ?

「あ、これはあたしの中学の制服なの」

沙織の隣にいた桐乃が解説する。
ああ、なるほど。どこかで見たような気がすると思ったら近所の中学の制服だ。
っていうか桐乃って意外と近くに住んでたんだな。

……いやいや、おかしいだろ。
なんで桐乃の中学の制服が沙織と黒猫の分まで用意されてるんだよ。
黒猫はどうか知らないが、沙織は中学の頃から例のお嬢様学校に通ってたんだから。
沙織の中学の制服はこんなんじゃなかったぞ?

「ふふふ、私と黒猫さんの分は自前ですわ。きりりんさんの制服を参考にして黒猫さんが作って下さいましたの。どうです? そっくりでしょう?」
「そうなのか? これが自前って……すげえなおまえ」

沙織と黒猫が着ている制服は、そう言われてみてようやく違いがわかるくらいの素晴らしい出来だった。
たしかに桐乃が着ている制服とは生地が少し異なっているようで、色合いがほんの少し違っている。
だが、見てわかる違いはそれくらいで、パッと見同じものにしか見えない。


73 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/15(土) 21:10:38.42 ID:sKl065BRo [4/7]
「おまえ、超器用だったんだな」
「ふん、お世辞は結構よ」

先ほどよりもさらにふいっとそっぽを向く黒猫。もうほとんど後ろを向いてしまっている。
褒められるのが苦手なのか、こいつは褒められるとすぐに照れるな。
しかも照れ隠しがてらに毒を吐いて。そこがかわいいんだけどさ。
さて、まだ俺の突っ込みは終わってないぞ。まだ一番の謎が残っている。

「……セーラー服を着ている理由についてはもういい。あえて聞くまい。だが、表のあれは何だ?」

いったいなに? みんなのお兄ちゃんって?
あれのせいで俺が受付のお姉さんにどんな目で見られたことか。
今日は俺に謝罪がしたいんじゃなかったの? 今の所辱めしか受けてないぞ。

「あれは今回の裏テーマといったところです」
「裏テーマ?」

なんじゃそら。俺に謝る以外のテーマが存在するってこと?
……確かに、裏テーマでも無けりゃこんなところを借りてまで俺への謝罪を企てたりはしないか。
それこそ家や電話で一言言えば済む話だからな。
俺が妙に納得していると、いつのまにか黒猫が沙織と桐乃の所へ歩み寄り、三人が俺の前で勢ぞろいしている。
なんだ? 何か始まるのか? と、口に出そうと思った瞬間――

「「「この前はごめんなさいっ!」」」
「――――」

三人が並んで頭を下げた。
数秒の間があり、俺はようやく起こったことを理解する。


74 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/15(土) 21:11:25.81 ID:sKl065BRo [5/7]
ああ、謝ってくれた……のか。えらく唐突だけど。

……おまえらの気持ちは伝わったよ。そうだな。もうこの件は水に流そう。
麻奈実に俺がセーラー服フェチだと誤解されたままなのはちょっと気にかかるが、ちゃんと説明すればわかってくれるだろう。
俺秘蔵のエロ本を見られてしまったわけじゃないし、眼鏡フェチだとばれたわけでもない。
俺も過ぎたことをいつまでも引きずって、ちょっと大人気なかったかもな。

「頭あげろよ。俺はもう怒ってないからさ。むしろ俺の方こそ悪かった。あれくらいの悪戯、笑って許してやればよかったな」

三人の顔がパッと明るくなる。
気付けば、体が勝手に沙織の頭を撫でていた。
懐かしいな。いつぶりだろうか、こいつの頭を撫でるのは。
こいつがあんまりでかくなるもんだから、頭を撫でた記憶がちっとも出てこない。
むしろ、撫でられた記憶が存在するから困る。

しかし、相変わらず笑顔のまま俺に撫でられている沙織とは対照的に、桐乃の表情は暗くなっていた。

「ん? どうした?」
「……なんでもない」

なんでもないわけないだろう。そんなもの欲しそうな顔しやがって。
いつぞやの時と同じく、まるで子供が欲しい物を買ってもらえなかったような表情でこちらを睨んでいる。

「ふふふ、きりりんさんも頭を撫でてほしいのでしょう?」

沙織、おまえなに言ってんだ。こいつに限ってそれはねえよ。
こいつ、年上に甘えるとかそんなのとは対極にいるようなやつじゃねえか。

「ちょ、ちょっと沙織!? 何言ってんの!?」

ほらな。そもそも俺に頭を撫でられたがる理由がわかんねえもん。


75 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/15(土) 21:12:27.39 ID:sKl065BRo [6/7]
「いいではありませんか。お兄様は、今日はみんなのお兄様です。今日の頼まないともう機会はないかもしれませんよ?」
「う…………っ~~!」

沙織の言葉を聞き、意を決したかのようにおずおずと頭を差し出す桐乃。
え? なにこれ? 俺に撫でろってこと?
桐乃の意を図りかね、沙織に目線で助けを求める。
が、沙織は笑顔のままゆっくりと頷くだけだった。
ああ! もう、撫でればいいんだろ!? くそっ、どうなっても知らねえからな!

桐乃の頭にそろりと手を置く。
手を乗せた瞬間、ビクリと桐乃の体が跳ねるのがわかった。緊張しているためか、見てわかるほど肩に力が入っている。
しかし、ゆっくりと頭を撫でてやるにつれて、緊張が解けたのか肩の力も抜けていく。

ひとしきり撫で終わると桐乃は、心臓に手を当て、頬を紅潮させたまま、荒い息を吐いていた。
まるで重大な告白をした直後の女の子みたいな態度を前にして、俺は妙に気恥ずかしくなってしまい、顔が赤くなるのを感じていた。
忘れがちだけど、こいつってすごい美少女なんだよな。

「あ、ありがと……兄貴」

……………………………おい、ちょっと待て。今何て言った?

「え? ちょっと待て。沙織、一つ確認したいんだけどさ。ひょっとして裏テーマって…………あの看板の……」
「はい! 今日一日は私たちがお兄様の妹になってお兄様を元気づけようというテーマになっています!」

と、言うことは……

「にひひ、今日一日よろしくね兄貴」
「……っふ、覚悟することね、兄さん?」

ま、待て! 俺にそんな趣味はない! 
なにこの企画!? なんで妹が増えると俺が元気になることになってるんだ!!
お、俺は断じてシスコンなんかじゃないんだああああ!!



第四話おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。