俺の妹が身長180cmなわけがない:第八話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

217 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/03(木) 18:12:36.90 ID:6tJTLwGKo [1/4]
木枯らしの吹きすさぶ中、ポケットに手を突っ込んだ格好で家路を急ぐ。

「うあー、くそさみい……」

今朝の天気予報によると、大陸からの寒波がどうたらこうたららしいが、そんなことは俺には関係ない。
ただ、くそ寒いという現実があるだけだ。
帰ったらまずコーヒーでも淹れよう。そんなことを考えながら歩いていると、我が家の玄関先に人影が見えた。

「あれ? あの子は……」

我が家の玄関先に立っていたのは新垣あやせ。どうやら桐乃の友人らしい。
俺の中であやせ=ストーカー説が消えたわけじゃないが、女の子が女の子をストーキングするという状況はちょっと考えづらい。
かつて公園で俺を問い詰めた件だって、桐乃が知らない野郎と歩いていて心配になったからだろうと思っている。
今になって考えると、あの時俺が感じた視線って実はこいつのものなんじゃないかと思うんだよね。

さて、それはさておき――

「あやせ……こんなとこで何やってんだ?」
「おおお、遅いです……おに、お兄さん」

可愛そうに、この寒さのせいであやせはがくがくと震えてしまっている。呂律すらまわっていない。
かつての天使のような笑顔の面影はなく、唇は紫がかっているし顔色は悪い。
いや、これはこれでかわいいんだけどね。なんか嗜虐心をそそられるというか……。

まあ、俺の新たな趣味の開眼はひとまず置いておいて、

「お、おい……大丈夫か? 一体何してたんだよこんなとこで。まさか、また俺に用か?」
「は、ははい。そう……です」

依然としてあやせの震えが収まる気配はない。これじゃあ話もろくにできないだろう。
このまま公園で立ち話でもしたら凍死してしまいかねん。あやせのあまりの悲壮さに思わずこんな提案を持ちかける。

「話は公園でってわけにはいかなさそうだな。俺の家で暖まりがてら話さないか? 今日はお袋がいるはずだから、あまり聞かれたくない話なら俺の部屋でってことになっちまうけど」
「いいい、いいんですか? じゃあお願いします」


218 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/03(木) 18:13:29.55 ID:6tJTLwGKo [2/4]
素直に提案を受け入れるあやせ。
この清純そうな天使のこと、ほぼ初対面の男の部屋に招かれるなんて普段なら絶対に拒否するところだろうが、あやせは自身の命を優先したらしい。
ふひひ、こればっかりは寒波とやらに感謝しないとな。
うおおおおお! 俺が暖めてあげるぜあやせたん!! ……一応断っておくが、変な意味じゃないからな。

「ただいま~」
「お、お邪魔します」

おずおずと我が家へと入るあやせ。こういう何気ない仕草一つとってもかわいらしい。

「あ、ちょうどいいところに帰ってきた。京介、あんたちょっと買い物に……」
「げ!?」

ちょうど俺に買い物を頼むつもりだったらしいお袋と出くわした。こういうのを間が悪いって言うんだろうな。

「あら、京介。そちらのかわいい子はどちら様?」
「あはは、いや……こいつはな」

やばい……なんて言おう。よくよく考えれば、こいつのことまだ名前くらいしか知らないんだよね。
どうやら桐乃の知り合いだってのはわかってるんだけどさ。

「初めまして、新垣あやせです。お兄さんにはよく相談に乗ってもらってるんです」

おい、俺がおまえの相談に乗ってたなんて初耳だぞ。
前回のを相談と呼ぶなら問題ないが、俺の中ではあれ、尋問だからね。

「そうなの? あ~あ~、そんなに震えて……寒かったでしょ。ゆっくりしていって」
「はい、ありがとうございます」

何の疑問を持たずあやせを招き入れるお袋。このあやせという子、どうやら中々にしたたかな子のようだ。
そのまま階段を上り、俺の部屋へと案内する。暖房もつけたし、これであやせの震えも止まるだろう。

「コーヒーでも淹れてくるわ。砂糖とミルクはどうする?」
「え? あ……じゃあ、どっちも入れてください。…………お砂糖多めでお願いします」

あやせは、申し訳なさそうに少し俯いて上目使いでお願いしてくる。
やべえ、超かわいい。他に形容すべき言葉が出てこないくらいかわいい。


219 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/03(木) 18:14:11.76 ID:6tJTLwGKo [3/4]
「う……ま、まだ寒かったら布団とか勝手に羽織るなりしといてくれていいからな」
「ありがとうございます、お兄さん」

自分の顔が赤くなるのを感じながら、自室を後にする。
しかし、あの子一体何の用があって俺んちにきたんだ? 俺に用があるのは間違いないんだが。
主観ではあるが、あやせの中での俺の印象は決して悪くないはずだ。
そして、大した用事でもないのにこんな気温の中いつ帰るともわからない相手を待ち続けるだろうか。
こりゃあ、ひょっとしたらひょっとするかもしれねえな。ふひひ。

リビングに降りると、どうやらお袋は買い物出掛けたようで一階には誰もいなかった。
いやあ、あやせが来てくれて助かったぜ。こんなくそ寒い中のお使いとか、まじ勘弁してほしい。
コーヒーを淹れようとキッチンの方へ移動しようとすると、テーブルの上の書置きが目に留まった。

「なんだこれ?」

『京介へ。ちょっと買い物に出掛けてきます』

ああ、やっぱり買い物に行ったんだな。でも、なんでわざわざ書置きを? いつも何も言わずに行ってるじゃねえか。

『追伸 避妊はきちんとすること』

俺は無言のまま書置きをびりびりと破り捨て、コーヒーを淹れてあやせの待つ俺の部屋へと戻る。

「おまたせ、あやせ」
「お帰りなさい、お兄さん…………って、なんでそんな無駄に爽やかな笑顔なんですか?」
「はっはっは。俺はいつでもこうだよ、あやせさん」

もうやだ! お袋に言われる「避妊はちゃんとしろ」がこんな破壊力だったなんて知らなかったし、知りたくなかったわ!
なんでうちのお袋はデリカシーのかけらもないの!?

226 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/04(金) 23:45:11.10 ID:p73Hlf10o [1/4]
「で、今日は何しに来たんだ?」

コーヒーを飲み、お互いに一息ついたところであやせの用件を聞き出しにかかる。
震えは止まり、顔色もすっかりよくなっていてるし、これならもう大丈夫だろうと判断したからだ。
あんまり遅くなると俺にとってまずいこともあるしね。

「用件の前にはっきりさせておきたいことがあるんです」
「はっきりさせたいこと?」

……なんだか猛烈に嫌な予感がする。
以前あやせから感じた謎のプレッシャーを俺は忘れてはいなかった。あのときあやせは瞳の光彩を消失させ、どす黒いオーラを発していた。
今度あんなの見せられたら泣かない自信がない。

「桐乃とは本当に付き合ってはないんですよね?」
「……ああ、そうだ」

にっこりと微笑みながら質問してくるあやせだったが、この場合笑顔であることが逆に恐い。
なんでこの子の話はいつも尋問じみてるの? 相変わらず超恐いんだけど。

「桐乃は『手のかかる妹』みたいなもので、それ以上でもそれ以下でもないと」
「……ああ、そう言ったな」
「わかりました。では用件を伝えますね。……もう桐乃に近づかないで下さい」
「は?」

俺の訝しげな表情を見てあやせの表情が曇る。

「そんな大したお願いじゃないですよ?」
「いやいや、大した話だろ! どうしていきなりそんな話になるんだよ!?」

俺が一体何したってんだ。
そもそも、近づくなって言われてもなあ……ストーカーに対する判決じゃあるまいし。


227 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/04(金) 23:46:43.31 ID:p73Hlf10o [2/4]
「まあ、問答無用でってわけじゃないんです」
「え? そうなの?」
「はい。私はお兄さんのことを全然知りません。ですから、今はまだ迷ってる状態なんですよ」

結論を先延ばしにした、もったいぶった話し方。切羽詰まった感が前面に押し出されていた前回とはまるで違う。
まるで、こちらの反応を窺っているかのようだ。

「で? 迷ってて? 俺はどうしたらいいんだ? その言い方だと何か条件なりがあるんだろ?」
「……なにをそんなに焦ってるんですか?」

早くしないと沙織が帰ってきちゃうの! ちくしょう、後先考えず俺の部屋に連れ込んだのは失敗だったよ!
あわよくば……ふひひ、とか考えた俺の馬鹿!

兄の部屋からは何やら話し声。聞き耳を立ててみればどうやら女の子。そしてその子は俺のことをお兄さんと呼ぶ…………。
あいつにこんな状況を見られたら、それこそ問答無用でギルティ――有罪である。
特に最後のはやばい。お兄さんはやばい。あいつが嫉妬に狂うのが目に浮かぶようだ。

「い、いいから早く話の続きを……」
「えーと……どこまで話しましたっけ?」
「今はまだ迷ってるってところ!」
「そうでした。ですから、お兄さんのこともっと知りたいんです」
「俺のこと?」
「はい。私、桐乃のことが心配なんです。今年の春くらい付き合いが悪くなったりしてたんですけど、ここ数か月は様子もちょっとおかしくて……」

今年の春――そう聞いて俺には思い浮かぶことがあった。ちょうど沙織が桐乃や黒猫たちと知り合ったのがその頃だ。
俺たちと遊ぶ時間が増えたせいで、今までの友人たちとの時間が減ったのだろう。
だが、もう一方の方に心当たりは全くなかった。
数か月前ってなんかあったっけ? そういや、桐乃が義妹になったのもそのあたりか?


228 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/04(金) 23:48:33.86 ID:p73Hlf10o [3/4]
「具体的にどう様子がおかしいんだ?」
「それはお兄さんには言えません」
「えっ? なんで?」
「なんでもです。とにかく、私は桐乃がおかしくなった原因はお兄さんにあると踏んでいるんです」
「い、いやいや、それはいくらなんでも言いがかりだって!」

あいつが付き合い悪いのは、あくまでも沙織たちと遊んでるからであって俺のせいじゃねえ! ……そりゃ俺も一緒になって遊んだりはするけどさ。

だが、なるほど。なんとなくだが話が見えてきた。
要は、あやせは桐乃が心配で、桐乃が変わってしまった原因を突き止めようって腹積もりらしい。
おそらく、こいつの中で最も疑わしいのが俺なんだろうな。悲しいことに。
沙織や黒猫と違い、俺は桐乃と一緒にいるところを(多分)一度見られている。しかも仲良さそうに腕を組んでいるところをだ(多分)。
こいつにしてみれば、親友が変な男に引っかかったんじゃないかって心配でたまらないんだろう。
ちょっと危ない雰囲気を出したりするのが気にかかるが、基本的には友達思いのいいやつなのかもしれない。

239 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/05(土) 19:51:48.60 ID:VxOG8GUCo [1/3]
「おまえの言いたいことは分かった。で、俺は自分の潔白を証明するためにはどうすればいいんだ?」
「……えらく乗り気ですね。ロリコンのお兄さん」
「おい、まさか桐乃と歩いてたってことだけでロリコン呼ばわりしてるんじゃあるまいな」

あるいは妹もののエロゲをやってたのがばれたとか? この子に限ってはそれがないとも言いきれないのが恐い。

ま、なにはともあれ、俺だって桐乃に会えなくなるのは寂しいからな。あいつはもう、沙織だけじゃなくて俺の友達でもあるんだよ。
今までのあやせの言動を整理すれば、俺にはまだ汚名返上のチャンスが残されているはずだ。
そして、あやせが俺に出す条件――というか、お願いにはなんとなく察しがついた。
それは――

「引き続き人生相談に乗ってもらえますか?」
「あれっ?」

俺が想像したものと違うんだけど?

「え……どうしたんですか?」
「あ、いや……ちょっと想像したものと違っただけだ」

首を傾げ、不思議そうな顔をするあやせ。
そして、いったい何を想像してたんですか? なんてことを聞いてきたもんだから俺は胸を張って言ってやった。

「私のお兄さんになって下さい」
「この変態! 通報しますよ!! なんで私がお兄さんの妹にならないといけないんですか!?」

あやせは怒鳴りながら、全力でこれを否定。
な、なにもそこまで嫌がることなくないか? 確かに俺たちは一回会ったことがあるだけでほぼ初対面だけどさ……でも、だからこそそこまで全力で否定することもないだろ。
なんで好感度がマイナスに振り切れてるみたいなリアクションなの?


240 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/05(土) 19:52:27.06 ID:VxOG8GUCo [2/3]
「とにかく、それだけは絶対ありえませんから!」

あれえ? おかしいな。あの桐乃の友達だからきっとこうだと思ったんだけどなあ。
なんだよ、人生相談って。おまえは沙織か。
だいたい、なんでおまえがその言葉を知ってるんだ。まったくの偶然ということもありえなくはないが……。

「まったく、桐乃に聞いてたのと全然違うんだから…………。やっぱり自分で確かめに来てよかった」

ん? 桐乃に聞いてた?
ふむ、やっぱりこの子は桐乃の友達みたいだな。一時はストーカー説もあったが、どうやらそれは杞憂に終わったようだ。
初対面で俺の名前を知っていたり、人生相談という単語を知っていたのも桐乃に聞いたからだろう。

だが、それが分かったことで新たな不安が湧いてくる。
桐乃は、この子に対して俺のことを一体どう評していたのか。……あいつのことだから、俺のことをぼろくそに言っていた可能性が高い。
道理でこの子の俺に対する好感度がマイナスに振り切れてるわけだよ。これじゃあ、あやせ√は絶望的だ。
がっくりと項垂れながらも、俺の脳は一つの疑問を感じていた。

「でも……なんで人生相談なんだ?」
「えっ?」

こいつの目的は俺の為人を見極めて、桐乃に害を与える存在ならば消してしまおうというもののはずだ。
そして為人を見極めたいだけであれば、何も人生相談である必要はない。
むしろ人生相談という形であれば、俺はこいつのために少なからず力を尽くすだろうし、悪い面は自ずと見えにくくなる。
こいつの目的からすれば悪手でしかない。
だからこそ、こいつが人生相談を選んだ理由が俺にはさっぱりわからなかった。

「え……あ……そ、それはですね…………」

あやせはここにきて、今日初めての動揺を見せた。
な、なんだ? 俺、そんなに変な質問したか? 
……これは何かある。それはあやせ√へ繋がるフラグかもしれないし、あるいは俺死亡ENDに繋がるものかもしれない。
問い詰めるべきか、ここでこの話題を終わるか。
この選択一つで俺の人生が大きく変わる。漠然とだけど、そんな予感があったんだ。

253 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/08(火) 21:59:00.77 ID:mmUQ6MLKo [1/3]
「…………まあ、いいや。何か言いにくそうだしな」

結局俺は、あやせが動揺した理由を追及しないことを選択した。
触らぬ神に祟りなし。藪をつついてなんとやら。俺だって命はおしい。
なんてもったいないことを――そんなことを言うやつもいるかもしれない。
だけどな、よく考えて欲しい。今のあやせの俺に対する好感度はマイナスに振り切れている上に、もし首尾よくあやせたん√に突入できたとしても……あのあやせだぜ?
一つの選択ミスが、文字通り命取りになる可能性だってある。
情けないようだが、俺はあのときの――瞳から光彩を消失させたあやせが頭から離れなかった。
びびってると笑わば笑うがいい! あの恐怖は実際に対峙した人間にしかわからないだろうぜ。

「で、用事はそれだけなのか?」
「はい。今日は、これからよろしくお願いします……ってことをお伝えに来ただけですから」

この発言から察するに、どうやらあやせの脳内では、『俺が人生相談に乗ることを断る』と言う状況はシミュレートされていなかったようだ。

「そういうわけですから、これからよろしくお願いしますね。お兄さん?」

そう言ってあやせはぺこりと頭を下げた。

「おう。わかったよ」
「あはっ、ありがとうございます! じゃあ……」

するとあやせは、ごそごそと自分の鞄を漁りだした。何かを探しているようだ。
いつでも逃げられるように、少し腰を浮かせておく。……いくらなんでもびびりすぎだろうか。


254 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/08(火) 22:00:21.52 ID:mmUQ6MLKo [2/3]
「お兄さんのアドレス……教えてもらえますか?」

あやせが鞄から取り出したのは携帯だった。
ふぅ、と一息。あらかじめ少し浮かしておいた腰をそのまま持ち上げ、机から自分の携帯を回収する。

「…………これでよし」
「はい、こっちもおっけーです」

そう言ってにこりと微笑むあやせ。男なら思わず見惚れてしまうほどのかわいさだ。

「じゃあ、今日はこれでお暇しますね。急にお邪魔してすみませんでした」
「気にすんな。どのみち暇だったんだ」

ふぅ、どうやら沙織の帰宅までには間に合ったようだな。
あやせを玄関までエスコートし、そのまま手を振って見送った。

「冷静に考えると、あやせっていい子なんだよな」

かわいくて、友達思いで……
あとは、桐乃のことが心配なあまり発露してしまった一種の異常性さえ除けばまさに完璧と言えた。
そしてその異常性は、俺が桐乃に害がないとわかれば俺に向けられることはないだろう。
あんなかわいい子と繋がりを持てる機会などそうそう訪れまい。

「まあ、そうそう上手くいくとも思えないけどな」

言葉とは裏腹に、体は正直なもので顔がにやつくのを抑えられない。
だが、玄関扉を開け自宅に入った瞬間、甘い妄想は一瞬にして消え去った。

「……沙織の…………靴がある」

ただいまの声は聞こえなかったし、階段を上る足音も聞こえなかった。
いつだ? いつ帰ってきた?
まるで間男のような自問自答。

きっと俺はこれから怒られる。沙織が帰ってきたタイミングによっては俺の「お兄さんになって下さい」という莫迦な妄言まで聞かれている可能性がある。
ごくり。思わず喉を鳴らしつばを飲み込む。

「腹をくくるしかないか」

浮かれてしまって、一瞬忘れていたぜ。我が家にも怒らせると怖い妹がいるってことをな。




「…………は、判決は?」
「ギルティ――有罪です」

沙織はそう言い放ち、にこりと微笑んだのだった。



第八話おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。