俺の妹が身長180cmなわけがない:第十一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

326 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/20(日) 21:17:50.09 ID:FGAkotZNo [1/5]
「ああ……すまない。ちょっと色々あってな、アドバイスは貰えなかったよ」
『そうですか。分かりました』
「……えらくあっさりだな」

あやせの淡泊な返事に、肩すかしをくらったような気分になる。
もしかして、はなから期待してなかったってことだろうか?

『お兄さんに相談した日に、私の中で答えが出ましたから。妹さんの話は参考にこそすれ、絶対に聞きたいというわけではなかったので』
「えっ? そうなの?」
『はい。今電話したのも、お兄さんから一向に電話がかかってこないので、少し気になっただけです』

なんてこった。それならそうと言っといてくれよ。うちの妹は泣き損じゃないですか。
なんてことを思ってしまうのは、俺がもう取り返しのつかないくらいのシスコンだからなんだろうな。
もちろん口には出さないが。

『ところで、お兄さん。一つ伺いたいことがあるんですけど』
「なんだ? 言ってみ」
『なんでさっきから、声が震えてるんです?』

それは、私が凍えているからです。
当たり前のことだが、冬の廊下は寒い。
吐く息は白く、暖かさを持たないフローリングの床は容赦なく俺から体温を奪っていく。目は半分涙目で、足の痺れもそろそろ限界だ。
俺はかれこれ30分ほど廊下で正座していた。それが俺に与えられた量刑である。

「気のせいだ」
『まあ……別にいですけど』

妹に説教くらった挙句、廊下に正座させられているなんて言えるわけがねえ。



あの後――俺の相談のせいで泣き出してしまった沙織がようやく平静を取り戻した後のことだ。

「ごめんなさい、お兄様。……取り乱してしまって」
「気にすんなって。俺が悪かった」
「お、お兄様は悪くありませんっ! だから謝らないで下さい!」
「え……で、でもさ」

沙織の剣幕に押され、うまく言葉が出てこない。
なんでこいつはそんなところでムキになってるんだ? どう見たって悪いのは俺だと思うんだけど。
それとも、この思考そのものが逃れようのないシスコンの宿命だとでも言うのだろうか。

「謝らないで……下さい……」

そう言う沙織の顔は、今にも再び泣き出してしまいそうだった。
しかし、沙織はぶるぶると頭を振って必死に気を取り直そうとする。
それにしても……なんでこいつはそんなに謝られることを嫌うんだ?
まあ、思い返せば今までそんな節が全くなかったわけじゃない気もするが、今日のはちょっと度が過ぎている。

「今日だって……お兄様は悪くないのに……泣いてしまって……」

そう言って、沙織はぎゅっと手に力を込める。


327 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/20(日) 21:18:42.62 ID:FGAkotZNo [2/5]
「もしお兄様に“重い”と思われたら一緒にいられなく……なって……」

最後の方は、もう声がかすれてしてしまっていた。
なんでおまえは、俺の彼女みたいな言い草なんだ。
なんだよ重いって。チャラ男が一途な女の子を振る時の台詞みてえな表現しやがって。
いくらなんでも兄を溺愛しすぎだろ。……これは決して俺の自意識過剰じゃないと思う。
しかし、半べそかいている妹を見てむくむくと邪な気持ちが湧きあがってきた俺の方こそ既に末期なのかもしれない。

「沙織?」

湧きあがる感情を抑え、沙織に声をかける。沙織は俺の声に反応して顔を上げた。
俺は沙織の眼を見つめ、頬を撫で、さながら彼女に向けてそうするかのように囁いた。

「沙織。おまえは俺の妹だ」

こいつのブラコンはもう絶対に治らない。
半ば確信にも似た感情がそこにはあった。

「だから、何も心配しなくてもいい」

沙織がこんなだから、俺もあえてシスコンを治そうとは思わない。……あくまでもあえてだぞ。

「前も言ったろ? 俺は何があってもおまえの兄貴だって。よそはどうか知らねえけど、高坂家の兄妹の縁ってのは切れねえようにできてるんだよ」

我ながら最高にアホな台詞だった。なんで俺は実の妹に向かって口説き文句みたいな台詞を発しているのか。
だけど、

「はいっ」

沙織の頬を撫でる俺の手を両手で捕まえ、嬉しそうに微笑む沙織の姿を見て、「ま、いいか」と思ってしまう。
俺は、妹を諭すのが兄の役割だと思っているが、たまには一緒に莫迦をやるのもいいだろう。シスコンの兄貴とブラコンの妹、相性が悪いはずがない。


328 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/20(日) 21:20:18.56 ID:FGAkotZNo [3/5]
……ここで話が終わってくれるなら綺麗まとまってくれたのだが、ゲームとは違い現実は非道である。

「…………?」

先ほどまで微笑んでいた沙織が、その表情を曇らせた。
あれ? なんか……雲行きが怪しい。

「お兄様? 先ほどの台詞……」

あっ……ばれたかな?

「先日きりりんさんにおススメされたエロゲの台詞そのままではありませんか?」
「……申し開きもございません」



そんなこんなで、結局俺は説教をくらった挙句冬の廊下で正座をする羽目になったわけだ。
ただ、この程度で済んでいるのは、例の台詞が俺の本心であるとわかってくれているからだろう。

『それではお兄さん、おやすみなさい。また今度』
「……? お、おう。またな」

通話を切り、携帯をポケットに突っ込む。
また今度? またぞろ俺に人生相談でも持ちかける気なのだろうか。
少し疑問に思ったが、電話を切ってしまった以上、掛け直すのもばつが悪い。
と、ここで俺は右手の方から視線を感じそちらに視線を向ける。

「……じー」

そこでは、沙織が自分の部屋の扉を少しだけ開けてこんな感じで (´・ω| こちらを見ていた。

「や、やあ、沙織さん。一体どうされたんです?」
「あと10分追加です」

そう端的に伝え、ぴゃっと自室に引っ込んですまう。
お、俺は掛かってきた電話に出ただけだったのに……あんまりだ。がっくりと項垂れる俺。


329 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/20(日) 21:21:06.83 ID:FGAkotZNo [4/5]
「……京介。おまえ、そんなところでなにやっとるんだ」

項垂れる俺の前に音もなく突然現れる親父。心臓が飛び出るかと思ったわ!
想像してみるがいい。あの極道面が音もなく忍び寄り、いきなり「そこでなにやってんだ」と声をかけてくるんだぜ。

「い、いやあ! ちょっとだらけた根性をひきしめなおそうかと思ってさ! あははは」

言えねえ! いくら親にでも、「妹に説教されて正座させられてます」なんて言えるわけがねえ!

「……ほどほどにしておけよ」

親父はそれだけ言うと、沙織の部屋に歩いていく。
何かあったのかな? 昔から親父が子供の部屋を訪ねてくるときは、説教くらうときと決まっていたけど……。
親父がノックすると、沙織が顔を出した。

「プラ板が切れた。すまんが貸してくれ。0.8mmくらいをな」

プラモ関係かよ! そういえば、前も塗料とか借りに来てたな!
そのとき誤解を招くようなシーンを見られたせいで俺はあらぬ疑いをかけられ、理不尽な理由で殴られたわけだが。ちくしょうなんだか左の頬がいてえ。
……しかし、沙織のプラモ好きは完全に親父の遺伝だよな。
となると、親父の腕前はいかほどのものなのだろうか。実は熟練の腕を持っていて、とんでもない作品を作り上げたりするのだろうか。

「似合わなさすぎる」

ただでさえ不器用そうだってのに、あんなちまちましたもの作れるのだろうか。
いや、完全にイメージだけどさ。親父の手先の器用さなんて知らねえもん。
沙織から目当ての物を受け取り、階段を下りていく。
今度は、はっきりと親父の足音が聞こえてきた。



第十一話おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。