俺の妹が身長180cmなわけがない:第十五話(黒猫√)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

481 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/15(火) 17:16:22.81 ID:Lj3urlD7o [1/7]
「皆の物、グラスは持ちましたかな? それでは――かんぱーい!」
「「かんぱーい」」

各々がそれぞれの飲み物を口に運ぶ。使うのはグラスではなくて紙コップだけどな。
ここは秋葉原のレンタルルーム。無事受験を終え、高校に合格した沙織と黒猫のために簡単なお祝いパーティーを開いたというわけだ。
会の進行を務め、乾杯の音頭をとるのは案の定沙織。この4人で集まる時は、もはやそれが習慣となってしまっていた。
こんなときくらい俺が音頭とるべきだったかな。机を挟んで向かい側で黒猫と受験の苦労話を交わす沙織を見つめ、今さらではあるがそんなことを思う。

「ま、ここから頑張ればいいか」

頑張る、といっても何か考えがあるわけじゃない。俺が考えついたのは、このパーティーを開くことと、お祝いの品を渡すというごくありふれたものものだけだったからな。
更に言うなら、プレゼントに関しては俺だけの発案ではない。
実は、今日このパーティーを開くにあたって事前に桐乃と相談したところ、お互いに何かプレゼントをもちよって祝ってやろうということになったんだ。

「ねえねえ」

声をかけられると同時に服の裾をひっぱられ、そちらに向き直る。
声の主は桐乃だった。

「プレゼントいつ渡すの?」

沙織たちに聞こえないようにするためか、小さな声で耳打ちをしてくる。

「そうだな……べたに最後でいいだろ。別に急ぐ必要もないし」
「そっか、そうだよね」
「おふたりとも、いかがなされました?」

ひそひそ話をする俺たちを訝しんだのか、沙織が声をかけてきた。

「な、なんでもないぞ!」
「そ、そうだって! なんも企んでないってば!」

大慌てで返事する俺と桐乃。桐乃なんかは両手をぶんぶん振って否定しているくせに、その口はもはや半分げろってしまっている。
……サプライズがこんなにも難しいものとは思わなかったぜ。俺と桐乃に詐欺師の才能はねえな。

「ふふっ、左様でござるか」

沙織は口をωこんなふうにしてにやにやとこちらを見つめている。その目は例のぐるぐる眼鏡で見えないが、沙織が何を考えているかはわかる。
そう、あいつは全てわかった上で俺たちを泳がせているんだ。
ともあれ、今の所沙織と黒猫の反応は悪くない。素直にこのパーティーを楽しんでくれているようだ。


482 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/15(火) 17:20:40.08 ID:Lj3urlD7o [2/7]
それから、俺たちはシスカリで対戦をしてみたり、黒猫が「コスプレの心得」と称して即席コスプレ講座を開いてみたり、みんなして沙織のガンプラ講座に聞き入ってみたり――要はいつも通りにすごした。
うーん、我ながらあんまりお祝いって感じじゃねーな。
もうちょっと真面目に企画立案すべきだったか? 真面目に考えたからと言って名案が出るとは限らないけどさ。

「このように、プラ板工作において重要なのは切り出したパーツの精度を確保することです。特に同じパーツを複数製作する場合においては、少しのずれが命取りになる場合が少なくないでござる。もっとも、切り出した直後ならやすりで簡単に調整可能ですからそこまで神経質になる必要はござらん。続いて、筋彫りについて説明させて頂きます。筋彫りとは、デザインナイフ、Pカッター、目立てヤスリ、ガイドテープ等の道具を用いて、プラモにモールドを彫る作業のことでござる。これもデカール同様、情報量を増すことでプラモをよりリアルに見せる手法となります。ちなみに、ディテールダウンしたい、情報量を少なくしたい、なんていう時には逆にパテ等でモールドを埋めてしまったりもします。モールドを彫る場所や形と筋彫りには意外とセンスが要求されるので注意されたい。ネットで同じキットを製作した人の筋彫りを参考にするのもいいでしょう。さて、筋彫りにを行うにあたって是非知っておいてもらいたい注意事項ですが、筋彫りはなにも無暗やたらと彫ればいいわけではありません。適当に彫っても確かに情報量は増えますが、それだけではいけません。何より愛がない。もし、この機体が実在したならば、ここの装甲の分割はこうなってるんじゃないか。逆にこの部分の装甲は一枚で生成されているべきではないかなど想像力を働かせることが重要となります。まあ、これは何も筋彫りに限ったことではありませんが――」

……な、長い。今日はいつにも増して長い。もはや通訳を用意したとしてもその全容を把握することは難しいだろう。
いつもの口頭での説明と違って今日はホワイトボードを使えるもんだから、沙織の方も熱が入ってやがる。
俺は普段から沙織のガンプラ講座を聞いているから、おぼろげながらではあるが沙織の言いたいことはわかる。
だが、桐乃や黒猫は完全に置いてきぼりだ。そろって目をしぱたかせ、口をこんなふう◇にして、頭の上に?マークを浮かべている。
プラモ初心者にいきなりそんな内容の話をするやつがあるか。まずは基本的な作り方から説明しようぜ。

「さ、沙織? もうちょっとわかりやすい話題の方がいいんじゃないか? 桐乃と黒猫が完全に置いてきぼりくらってるぞ?」

沙織の会話が途切れた瞬間を狙い、なんとか言葉を挟む。
はっと何かに気付いたようなリアクションをとる沙織。

「あ……も、申し訳ありませぬ。拙者、少しばかり浮かれすぎていたみたいでござる」

片手で頭を掻き、申し訳なさそうな表情を浮かべる。

「いいっていいって、なんか楽しそうなのは伝わってきたし。それに今日はお祝いなんだし? 好きなだけ喋ってよね」
「そうね。新たなコスプレグッズ製作のヒントになるかもしれないし、私は構わないわ」

よくできた友達である。沙織の兄としてこいつらには頭が上がらねえよ。

「ありがとうございます。でも、きりもいいですし拙者の話はこれまでといたしましょう」

長かった沙織のガンプラ講座が終わり、沙織は文字がびっしり書き込まれたホワイトボードを綺麗にしていく。
壁に掛けられた時計を見て現在の時刻を確認すると、時計の針は15時30分を示していた。
この部屋のレンタル終了時刻が16時なので、プレゼントを渡すならちょうどいいタイミングだろう。

「沙織、黒猫。実は――いや、ばれてるかもしれねえけどおまえらにプレゼントがあるんだ」
「な、なんですと~」

俺の言葉に、沙織はわざとらしく驚いて見せる。口が依然としてこんなωだったから、わざとなのは間違いないだろう。
目は口ほどに物を言うと言うが、コイツの場合文字通り口が全てを語ってくれる。
特に、バジーナ状態の時はそれが顕著だ。
一方、黒猫はというと無言でこちらを見つめていた。
そして、

「……あなたにプレゼントを貰ういわれが見当たらないのだけれど」
「いわれなんて『俺がそうしたかったから』で十分だ。それに、今日はおまえらの高校合格を祝うためのパーティーなんだぜ?」

プレゼントの一つや二つあったっておかしくないだろ?
そして、おまえらをお祝いしたいと思っているのは俺だけじゃない。さっきからエロティックにけつを突き出し、なにやらごそごそと自分の鞄を漁っている桐乃もその一人だった。


483 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/15(火) 17:21:46.53 ID:Lj3urlD7o [3/7]
「ふぃ~、よかった。入ってた」

どうやらプレゼントを探していたらしい。
俺も桐乃に習い、自分の鞄からプレゼントを取り出す。沙織へのプレゼントは少々かさばるので取り出すのも一苦労だ。そのため、今日俺はやたらでかい鞄を用意する羽目になってしまった。
これじゃあ、何か企んでますよ、と自白しているようなものだ。
自宅ならどこかに隠しておいて――ってのもできたんだろうが、今日はこの後に秋葉めぐりも一緒に行う予定だからな。自宅で集まるのは少々都合が悪い。
沙織のプレゼントに関しては、あげたあとも家に帰るまでは俺が持つつもりでいたし、多少かさばっても許してくれるだろう。

「はいこれ。受験合格おめでとう!」

桐乃が一足先に沙織にプレゼントを渡す。
「ここで開けても?」と沙織が一言断りを入れる。そして、桐乃が頷くと嬉しそうに開封し始めた。

「ほう! HG1/144デスティニーガンダムに……これはクレオスのメッキシルバーではないですか!」

沙織が驚くのも無理はない。このクレオスという会社のメッキシルバーというマーカーペン。
優れた発色と定着性を有しながら原材料の関係ですでに生産中止されており入手が困難となっているのだ。
ただ、これは後で知った話なのだが、近々同じクレオスという会社からメッキシルバーⅡなるものが発売される予定らしい。ただ、その性能がこのメッキシルバーと同等のものかどうかはわからないとのことなので、このプレゼントは無駄にはならないだろう。
桐乃がどうやってこのレアもののプレゼントを手に入れたかは後々説明しよう。

「じゃあ、次は俺な。合格おめでとう。それから、いつもありがとな」

そう言って、沙織にプレゼントを渡してやる。
子供みたいか顔をしてそれを受け取り、開封していく。

「こっ、これは!」

その先は言葉がでないようだった。
俺が選んだプレゼントは、SDガンダム0074黄金神スペリオルカイザー。
こちらも再生産がおこなわれていない所謂レアものだ。ガンプラファンにはたまらないものらしい。
ちなみに、桐乃とプレゼントの方向性が被ってしまったのは偶然ではない。実は、先日桐乃と一緒にプラモ屋巡りをしていたのだ。
こういう珍しいプラモやアイテムを手に入れる手段は、おおまかにわけて三つある。ネットオークションで落とすか、古い模型屋に残っていることを祈ってプラモ屋巡りをするか、またはそういう珍しい玩具を専門に扱う店を訪ねるかだ。
一つ目と三つ目に方法に関してはとにかく金がかかる。特に、俺が選んだ方のプレゼントは、組み立てた後のものですら定価の倍はくだらないという超レアものだ。
読モやってる桐乃はまだしも、一介の高校生である俺には二つ目の選択肢しかなかった。
今にも潰れてしまいそうな模型屋の奥にひっそりと(しかも定価で)置かれているのを見つけたときは、俺ですら小躍りしちまったくらいだ。
事前にレアプラモの知識を詰め込んでいかなかったら、俺も気づかなかっただろう。

「こ、これが夢にまで見た……ごくり」

プレゼントを受け取った沙織はハアハアと息を荒げ、まじまじと箱を見つめている。珍しいな、沙織がこんな状態になるなんて。
そこまで喜んでくれると俺も苦労した甲斐があったというものだ。あの日は、桐乃ともども足が棒のようだったからな。


484 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/15(火) 17:25:24.97 ID:Lj3urlD7o [4/7]
「次はあんたね。はいこれ」

一人完全に自分の世界に入ってしまっている沙織を尻目にプレゼントの贈呈は進む。

「……開けてもいいのかしら?」
「当然でしょ。ふふーん、実はこのプレゼント、ちょー自信あるんだよね」

言葉の通り、いかにも自信あり気に胸を張る桐乃。
黒猫はがさがさと袋を開け、中身を取り出す。そこから現れたのは真っ白のワンピースだった。

「…………」
「どうどう? ちょーかわいくない? これ、絶対あんたに似合うと思ったんだよね」

普段の黒猫のイメージとは対極にあるような真っ白のワンピース。
それを着ている黒猫を脳内でイメージする。

「ほう……これは…………なかなかに」

悪くない気がする。いや、悪くない所かかなりかわいんじゃないだろうか。
これに麦わら帽子でもあれば完璧だ。……今度、こっそりプレゼントしようかな。

「さ、次は俺だな」

妄想もそこそこに、用意した黒猫へのプレゼントを手に取る。
沙織に関しては渡して喜んでくれそうなものが簡単に想像できたんだが、正直黒猫に関しては何をあげたらいいのかさっぱりだった。
初めは桐乃と相談しようと思ったんだが、「あんたが自分で考えろ。じゃないと意味ないから」と言われ突っぱねられてしまった。
それから昨日までの三日三晩うんうんと悩み続け、ようやく出た結論がこれだ。

「これは……」

俺が黒猫に渡したプレゼント。
それは、

「ネックレス……?」
「それを見た瞬間ビビッと来たんだよ」

このデザイン、黒猫が好きそうだな。これなら喜んでくれそうだって。
黒猫が金属アレルギーでないことは事前に桐乃を通して調べておいてもらったからその点に関しては問題ないはずだ。
ま、プレゼントとしては月並みだけどな。

「……ありがとう」
「おう」

黒猫はネックレスをまじまじと見つめ、掌の上で転がしている。
特別口には出さないが、喜んでくれているのはどうやら間違いないようだ。
口元が今にも緩みそうになっていてプルプルしている。こいつのことだから素直に喜ぶのが悔しいんだろうな。


485 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/15(火) 17:28:55.15 ID:Lj3urlD7o [5/7]
「む? いつのまにやらプレゼント贈呈が終わっている様子」

先ほどまで夢中で箱の横にある商品写真を眺めたり、説明書を読みふけっていた沙織がようやく現実世界に戻ってきた。

「それでは今度はこちらのターンでござるな」
「は?」

なにそれ? 俺、何も聞いてないよ?
戸惑う俺をよそに、沙織と黒猫そしてなんと桐乃までもが俺と向かい合うようにして集合する。
そして、黒猫が一歩前へと踏み出した。

「……」
「ほら、さっさと言っちゃいなってば」
「拙者は――拙者はお兄様が幸せならそれで構わんでござる。ずばっとやってくだされ!」

黒猫に何かを促す二人。
どうやらこの二人はこれから起こることを知っているようだ。

「……私はこの春から高校生になるわ」
「あ、ああ。そうだな」

絞り出すようにして話し始める黒猫。

「あなたと同じ高校に進学するの」
「えっ? そうなの? なんだよ、それならそうともっと早くいってくれればよかったのに」
「なんでわざわざあなたに知らせなければならないのよ」
「なんでって……そりゃあ、やっぱり嬉しいじゃんか。そもそも、今自分から知らせたばかりのくせに何言ってんだ」

むぐ、と口をつむぐ黒猫。そして、眉間に皺を寄せ再度言葉を紡ぐ。

「だから、その…………」

言いにくそうに視線を彷徨わせてから、

「よろしくね、先輩」

黒猫はそう言った。

「おう!」
「私の話は以上よ」

一時は何事かと思ったが――いや、十分驚くことだったのは間違いないけどさ、沙織が「こちらのターン」とか言うからてっきりもっと大事かと思ったぜ。
だが、これで納得がいかない奴らがいた。

「ちょ、ちょっと! それで終わりって、なにへたれてんの!?」
「そうでござるぞ黒猫氏! 拙者だって断腸の思いで今日を迎えたというのに!」

いきなり黒猫に対して猛抗議を始める沙織と桐乃。

「お、おいおまえら落ち着け。なにキレてんだよ」
「お兄様は静かにしていてください!」

ひい! 沙織がおっかない! なんで俺が怒られてるの!?
しかし、当の黒猫は落ち着きはらった様子でこう答えた。


486 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/15(火) 17:33:34.41 ID:Lj3urlD7o [6/7]
「今は――これでいいのよ。この鈍感は今言ったところでろくに返事もできそうにないから。……もっと時間をかけることにしたの」

なんだろう。黒猫の言っていることの意味はよくわからないが、なんとなく小馬鹿にされてる気がするぞ?

「ちっ。…………でも、それも一理あるかも。仕方ないか。あ、言い忘れてたけど、もしあんたらがうまくいっても兄貴のシャツくんかくんかくらいは許しなさいよね」
「…………あなた、自分が何を言っているかわかっているの?」
「はあ? あんたこそ何言ってんの? これくらい兄妹の間では常識じゃん」
「それはエロゲの世界での常識でしょう!」
「そんなことないって、ねえ沙織」
「そうですぞ黒猫氏。現に拙者だってたまにしておりますし」
「なん……ですって……」

俺を無視して会話を進める女性陣。
くんかくんかって何ですか? それを沙織もしているってどういうことかな?
どうやら、この記憶は抹消したほうがいいみたいだ。
目を閉じ、鼻頭を揉み今聞いた言葉が夢幻であることを願う。
すると、直後に「きゃっ」という悲鳴が聞こえ、一体何事かと、すぐさま目を見開く。
開かれた視界には黒猫の姿が映っていた。

「黒猫!」

前につんのめるようにして、俺の方によろけてくる黒猫をしっかりと抱きとめる。

「大丈夫か?」
「え、ええ」

沙織と桐乃が向こうでにやにやしているのが見える。
さてはおまえらの仕業か。ちょっと一言言ってやらなきゃ駄目だな。友達に何するんだ、とな。
そう思って、口を開こうとした瞬間。
俺の腕の中の黒猫がぴくりと反応した。そして、なんと俺の胸元に顔を近づけすんすんと匂いをかぎ始めた。

「……いい匂い。あなたの匂いがする。……私、あなたの匂い好きよ。落ち着くもの」

そう言って黒猫は妖艶な笑みを浮かべる。
直後、自分が何を口にしてしまったのかを自覚したのか途端に顔が真っ赤になった。
それにつられて俺も一緒に顔を赤くする。

「い、いつまでそうしているの、この変態!」

慌てて俺から離れると同時に罵倒を始める黒猫。
俺は何もしてないはずなのに、何で罵倒されなきゃならんのだ。
やれやれ、こいつの相手も楽じゃないな。
春からはこいつが俺の後輩になるわけか。こりゃあ、俺の高校生活も一層楽しくなりそうだ。



こいつが俺と同じ高校に入学してから少し経ったころ。
俺と黒猫に腐女子の友達ができたり、俺が厨二病を患った女の子に告白されたりするわけだがそれはまた別のお話。



俺の妹が身長180cmなわけがない黒猫√
おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。