俺の妹が身長180cmなわけがない:第十三話(沙織√)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

507 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/19(土) 21:20:32.73 ID:BTEDHaXWo [4/8]
季節が巡るのは早いもので、外に出てみれば今はもう桜が舞っている。
それなりにのほほんできた春休みも明け、今日は始業式。今まで幾度も迎えた新学期の朝である。
めんどくせえなあという憂鬱な気分と、何かが起こるんじゃないかというわくわくを胸に階段を下りる。
そのままリビングへと続く扉を開き――そして、俺は言葉を失った。

「お兄様?」
「はっ!?」

沙織に呼び掛けられ、ようやく我に返る。

「大丈夫ですか?」
「あんた……始業式の朝から寝ぼけてる場合じゃないでしょ」
「たるんどるんじゃないのか?」

素直に心配してくれる沙織とは違い、辛辣――ってほどでもないが、厳しい言葉をくださる両親。
いやいや、親父にお袋もなんでそんなに落ち着いてられるんだ。
これはもしかして一大事なんじゃないのか? いったい何がどうしてこうなった?

「なんで……」
「?」

ようやく絞り出した声はかすれ、うまく言葉にならない。聞き取れなかった沙織が疑問の表情でこちらを見ている。
俺は、一呼吸おいて、すうと大きく息を吸い込んでからこう叫んだ。

「なんでおまえがその制服を着ているんだああああああああああ!」

沙織が着ているのは、我が高校の制服そのものであった。
どういうこと!? 沙織はお嬢様学校の高校へエスカレーター式に進学するんじゃなかったの!?
まさか、問題起こして放り出されたの!? いやいや、沙織に限ってそんなことあるわけないだろ! 
じゃあ、これはどういうことだ!? 何がどうしてこうなった!?
もはや俺の思考は滅茶苦茶だ。まとまる気配すらない。

「落ち着いて下さいお兄様」

沙織はまるで子供をあやすように優しい口調で語りかる。

「私がお父様とお母様に頼んだんです」
「……はい?」

どういうこと? まさか、沙織が自分から俺のいる高校へ行きたいと言い出したってこと?

「その通りですわ」
「いやいや、何でわざわざそんなことを」

沙織がブラコンなのは知ってたが、それで自分の進路を決めちまうほど愚かではないと思っている。
だから、何かやむにやまれぬ、特別な事情があったんだと思う。ではその事情っていったいなんだ?

「……何があったんだ?」
「それは登校の途中でお話します。今は朝ごはんを食べましょう? このままでは遅刻してしまいますから」


508 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/19(土) 21:22:54.09 ID:BTEDHaXWo [5/8]
「で? 俺の高校に来た理由ってなんだ?」

いつもの登校路を沙織と連れだって歩く。見慣れた風景のはずなのに今日はえらく新鮮な気がするぜ。
単純に春休み明けってものあるんだろうけどさ。

「実はそんなに大したことではないんですけど……単純に遠かったからです」
「えっ? それだけ?」
「はい。今まで通っていた中学校とは少し違う場所に校舎があるものですから」
「ふーん」

はっきり言って拍子抜けだった。まさかそんな単純な理由だったなんて。
でも、本当にそれだけか? ……はっ!? まさかいじめにあっていたとかじゃないだろうな!?
進路を変えるという人生に大きな影響を与える事柄であるから、最低でも両親には話さざるを得ないが――
こいつのことだ、俺には無用の心配をかけまいと黙っているはず。
だとしたら俺はそんな沙織に今まで気づいてやれず――

「ふふっ、そんな顔しなくても大丈夫です。いじめが原因ではありませんよ?」
「ぐっ……」

どうやら、本当に俺の心は筒抜けらしい。それとも顔に出過ぎるのがいけないのか。

「で、でも、大学進学のことも考えたらあっちの方がよかったんじゃないのか?」

実際、うちの高校は平凡そのものの進学率だぞ? あるのは普通科だけで、理数科だったりの特別進学コースがあるわけでもないし。

「それはあちらでも同じですから。一貫の大学には行きたい学科はありませんし。ですから、大学受験を考えるならどちらでも一緒なんです。経済的にはこちらの方が圧倒的に安上がりですし」
「そうは言ってもな」

沙織の言うことはもっともだ。付属の大学に行きたい学科がないのなら、普通に考えてうちの高校に来るのが妥当だと言える。
だけど、なぜだろう。このもやもや。腑に落ちないというか、なんとも言えないこの感じ。

「それとも、私が一緒では迷惑でしたでしょうか?」

うるうると目をうるませ、しょんぼりと項垂れる沙織。

「そ、そんなことないぞ! 俺だって一緒の高校に行けて嬉しいって!」

まるで恋人同士の会話だな。俺はいつからこんなシスコンになってしまったのか。
自分が言った内容に呆れ、自嘲気味に笑う。
すると、どこからともなくこんな声が聞こえてきた。

「あの子、超かわいくね? でかいけど」
「どの子? うお、まじだ。超かわいい。 でかいけど」


509 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/19(土) 21:26:02.53 ID:BTEDHaXWo [6/8]
途端に、さっきまで感じていたもやもやが急速に膨らんでいく。
この瞬間、はっきりと理解した。今までは沙織が通っているのが女子校だったもんだから、こんな気持ちを感じることはなかったんだな。
そう、これはいわゆる親心というやつだ。……おまえは兄貴だろという突っ込みはなしだぞ。
そこら辺の男が沙織に言い寄ってくるかもしれない。どこぞの馬の骨ともわからんやつが沙織をかっさらっていってしまう可能性がある。
そんなことを考えただけで、俺の心はかき乱され一向に落ち着かない。
沙織が彼氏なんて連れてきた日にゃ、俺はまだ見ぬそいつをきっとぶっ飛ばすだろう。
別にそいつが憎いわけじゃない。ただ、それぐらいやらんと気が済まないのだ。

先ほどの声のを発した男たちをじろりと睨み付け「手を出したらぶっ殺す」と、視線で威嚇。これは最上級生だからできる芸当だ。
……これから毎日こんな思いをして過ごさねばならないのか。とてもじゃないが身が持たねえ。
世間のシスコン様はこういうとき一体どうするんだ? いったいどうやって心を落ち着けるのだろうか。
あーあ、誰か近場にシスコンの兄貴がいねえもんかな。そうそういるもんじゃないってのはわかってるけどさ。

しばらく歩くと、いつもの場所で俺を待っている麻奈実が視界に入った。
ぱたぱたと鞄をせわしなく動かしている。

「あ、きょうちゃん、おは――」

いつもの間延びした挨拶をしようとしたところで、そのまま固まる麻奈実。
その目ははっきりと見開かれ俺の隣に立つ美少女を見据えている。

「よう、おはよう」
「おはようございます、麻奈実さん」
「えっ? あ、おお、おはようございます」

慌てて挨拶し返す麻奈実。なに慌ててんだ? おまえら初対面じゃねえだろ。
しかし、慌てていても麻奈実の綺麗なお辞儀の形は崩れない。

「きょうちゃん。え、え~と、どちら様?」
「何言ってんだ、沙織だよ。妹の沙織」
「よろしくお願いいたします」
「ほ、ほんとに沙織ちゃん? あ、あれ~、この前はこんな風じゃなかったよね?」

……忘れていた。前に会った時はたしかバジーナ状態の沙織だったな。
その前に会った時はまだ小さかったし、まさか沙織がこんな美少女に成長するとは思ってもいなかっただろう。

「あ~なんだ。深くは詮索しないでやってくれ」
「う、うん。わかった。じゃあ、改めてよろしくね沙織ちゃん」
「はい。麻奈実さん」

そこからは3人で、他愛ない会話を交えながら、のんびりといつもの登校路を歩いていく。
某アニメには登校路がきつい坂道なのを愚痴っている高校生が登場するが、その点俺たちの学校は平地にあるからな。
そこに関しては千葉県gjと言わざるを得ない。
夏場とか大変だろ、あれ。しかも兵庫県下、特に北摂地域の高校は、そのほぼ全てが山の上に作られているらしい。
どうして兵庫県はあんなところに学校作っちゃうんだろうな。やめてやれよ。
と、実にどうでもいいことに考えを巡らせていると、少し先の道路を黒猫が横切った。
朝からなんて不吉な――という方の黒猫ではない。ましてや宅急便でもない。


510 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/19(土) 21:27:25.02 ID:BTEDHaXWo [7/8]
「あ、あれ? 今のって……」
「黒猫さん――みたいですね」
「どうしたの? きょうちゃん、沙織ちゃん」

急いで黒猫らしき黒髪の少女を追いかける。どうやら向こうは俺たちに気付いていないようだ。

「く、黒猫?」

手が届くまであと少しの位置まで迫ったところで、その黒髪の少女に声をかけた。
その少女は上半身だけでこちらを振り返り、得意げにこう言った。

「おはようございます、先輩」
「く、黒猫……まさか、おまえも同じ高校だったのか」

黒猫が着ている制服は、見慣れた、俺の高校の制服だった。

「ええ、本当はもう少し黙っていようと思っていたのだけれどね。……あれ? おまえも?」

それまでにんまりとしていた黒猫が俺の言葉に違和感を感じとった時、後方から俺を呼ぶ声が聞こえてきた。

「お兄様、お待ちになって下さい」
「きょうちゃん待って~」

はあはあ、と仲良く息をきらして沙織と麻奈実が追いついてくる。

「ひどいです、お兄様。私たちをほったらかして行ってしまうなんて」

沙織が俺を責め立て、その隣では麻奈実がうんうんとしきりに頷いている。

「すまんすまん。でもおかげで黒猫に追いつけたんだし、許してくれよ。なっ、黒猫」

同意を求めるべく黒猫の方に向き直ると、当の黒猫は目を丸くして棒立ちになっていた。

「な、なぜあなたが……こ、ここに、その暗黒聖闘士を纏って立っているの?」

いつから俺の高校の制服は暗黒聖闘士に衣替えしたんだ。
震える指で沙織を指さし、質問する黒猫。その表情には驚きの他に恐怖すら垣間見える。
まあ、こいつとしても沙織がここにいるのが不思議でしょうがないんだろう。俺だっててっきりエスカレーター式に進学すると思ってたからな。
とはいえ、俺が言えた義理ではないが、いくらなんでも驚きすぎだろ。なんでそんな何かにびびってるみたいなリアクションなんだよ。

「実は少し事情がありまして。詳しいことは後程」
「くっ……まあ、いいわ」

びびっていると思ったのもつかの間、あっというまにいつもの黒猫に戻ってしまった。

「黒猫さん――だっけ? おはよう~」
「…………おはようございます」

麻奈実の挨拶に、一応返事を返す黒猫。……すっげー渋々だったけどな。
おまえはいつまで麻奈実を目の敵にしてるんだ。
ともあれ、今はそんなことを追求している場合ではない。

「やべ、ちょっとのんびりしすぎた。初日から遅刻しちゃまずいし、急ごうぜ」

そんな俺の言葉に対して三人は三者三様に頷いたのだった。



第十三話(沙織√)おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。