無題:9スレ目149


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

120 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県)[] 投稿日:2011/03/29(火) 02:09:11.79 ID:uH4czZPg0 [2/8]

「俺の名前は高坂京介ごくごく平凡な高校生だった。だったというのはこの春俺は高校を卒業し、大学生となるからである。
 そして今日は幼馴染である田村麻奈美と大学で使う(予定)の電子辞書を買うために近所の電気屋へ向かう予定だ・・・・いかんいかんこんなこと話してる間に時刻は12:55約束の時間に遅れちまう。
俺は自室のベットから立ち上がり、下へ降りて行った。

「「なんであんたが出てくんのよ!?」」
電話でもしているのだろうか、リビングのほうから馬鹿でかい声が聞こえてくる。声の主は高坂桐乃、俺の妹である。この妹には何度も何度も困らされてだな・・・・いや、やめておこうこの話をすると文庫本7冊ぐらいはかかりそうだ。
関わるとまずいことになりそうな予感がする。ここは関わらぬのが得策っ!長年の経験がそう言っている!
「いってきます。」
俺はさっさと家を出た。


自宅から歩いて数分、田村屋へと到着し俺は押しなれたインターホンを押す。
ピンポーン
ドタドタと騒がしい足音が聞こえてきて扉があいた。
「ハイよっ!ってなんだアンちゃんか。」
「ようロック久しぶりだな。麻奈美はいるか?」
「オウいるぜ、ねぇちゃーん!!アンちゃんが来たぞぉい!!」
「今いくよぉ。」
今度はパタパタと足音が聞こえてきて俺の幼馴染でありお婆ちゃんでもある麻奈美が出てきた。
「少し早かったか?」
「そんなことないよぉ。」
「そうか、じゃあとっとと行っちまうか。」
「うん、そうしよっか」
俺たちは田村家を後にし電気屋へと向かった。


121 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県)[] 投稿日:2011/03/29(火) 02:10:50.43 ID:uH4czZPg0 [3/8]

三十分ほど歩き電気屋についた。運がいいことに渡った信号はすべて青で、30分ほど早くつき時刻は2:00。
「電子辞書は2階に売ってるみてぇだな。」
俺は店内案内版を見て言った。まぁ秋葉の電気屋を散々見た俺は案内板など見なくてもどこに何があるのかなんて感覚でわかるけどなっ!・・・・なんか悲しくなってきた。
「どうしたの?京ちゃん。」
「なんでもねぇよ。」
電気屋のことを詳しく知りすぎてて、悲しくなってました。なんていえるか!!


「はぁ~電子辞書って言ってもいっぱい種類があるんだねぇ。」
「まぁどれ選んでも大した違いはねぇだろ。」
と言ったもののどれを選んだらいいものか全くわからず、結局店員のお世話になったのは内緒だ。
時刻は2:45俺は真っ黒の電子辞書、麻奈美は俺と同じ機種の真っ白の電子辞書を購入し本日の予定はこれで終了だ。
一階へ降りる途中さっきまで俺たちがいた電子辞書のコーナーに桐乃がいたような気がしたが。・・・まぁ気のせいだろう、あいつがこんな小さな電気屋に来る訳もないしな。



「キ・・・・ア・・・・キィ!!」
店を出て数分歩いたところで誰かが俺を呼んだ気がした。
 振り向く
→振り向かない
気のせいだろうと俺は再び歩き出そうとした瞬間
「うぉっ!?」
俺は後ろから誰かに突き飛ばされた、慌てて後ろを振り向くと・・・
ドン!!!
脳まで響き渡る鈍い音が聞こえ、喉が一瞬にしてカラカラになる、俺は目の前で起こった出来事を全く理解することができなかった。
「桐…乃?」
小さな声でゆっくりと呼びかけた。
なんだ?どういうことだ?目の前で妹が桐乃が車に轢かれた?
「桐乃!!」
俺は倒れている桐乃へ再び声をかける今度は強く大きく。
返事は返ってこなかった……………



122 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県)[] 投稿日:2011/03/29(火) 02:12:34.19 ID:uH4czZPg0 [4/8]

俺の妹が死んで一週間がたった。死因は交通事故、酔っ払い運転。
      • そう・・わかっているのに実感が湧かない、「妹」が死んだという実感が。いや分かりたくないだけなのかもしれない。
親父、お袋、麻奈美、黒猫、沙織、あやせみんな口をそろえてこう言う。
「お前は悪くない…悪いのは犯人だ」
「アンタは悪くないわ…」
「京ちゃんはわるくないよっ!」
「先輩…貴方は悪くないわ自分を責めないで?」
「京介氏!京介氏は決して悪くございませぬどうか自分を責めないでください。」
「お兄さんはっ悪くないですから…」
なんでだ?俺があの時「振り向いて」いれば桐乃は…助かったのかもしれないのに。
俺がまた深い深い自己嫌悪に陥りそうになったとき
Prrrrrr prrrrr prrrrrr
電話が鳴った・・・
「誰だよ…」
俺は誰から繋ってきたのかも来たのかも確認せず電話に出た。
「「あっもしもしあやせ?たしか今日暇だったよね?」」
聞き間違えか?いや聞き間違えるわけがねぇ!
「桐乃...なのか?」
「「なんであんたが出てくんのよ!?」」
「っ!?なんつー馬鹿でかい声をだしやがる!?鼓膜が破れるかと思ったわ!」
「「うっさい!!あやせの携帯からなんであんたが出てくんのよっ!!」」
落ちつけ俺が今電話している相手は死んだはずの桐乃。・・・どうなってやがる?
「「早く答えなさいよっ!」」
「ちょっと待てこれは俺の携帯だぞ?」
俺は現状に戸惑いながらも真面目な声で言った。
「今から俺の質問に答えてくれ。」
「「な、なんなの?」」
「お前は今生きているのか?」
      • なんつーアホな質問だこれっ!?
「「はぁ?何言ってのアンタ頭大丈夫?」」
うぐっ、さすがに今回ばかりは否定できねぇぜ。
「じゃあ今日は何日だ?」
「「チッ...いい加減にしてよね?」」
「いいから。何日だ?」
「「・・・・3月の20日だけどそれがなに?」」
「まじかよ。」
俺は思わずそうつぶやいていた。だって信じられるか?今日は27日だぜ?すなわちこの電話は過去から繋ってきたことになるんだぞ?そんなのアニメやマンガの話だろ?
      • だけどこれは違う現実だ。
「「で?なんなの?どういうことなのか説明してくれる?」」
「桐乃、黙って俺の話を聞いてくれないか?バカなこと言ってると思うだろうが嘘じゃない。」
「「・・・・言ってみなさいよ。」」
「俺の今日の日付けは27日なんだ、・・・たぶんこの電話は過去から未来へと繋がっている。」
「「アンタ自分が何言ってんのかわかってんの?」」
桐乃から呆れたような声が聞こえてくる。いや実際に呆れてるのだろう。俺だって今自分で言ったことが信じきれてねぇ。だけど
「ああわかっている、嘘じゃねえ頼む信じてくれ。」
「「そんなの信じれるわけn「20日にオメェが死んじまったんだよ!!俺は今死んだはずの奴と今電話してんだよ!」
「「何・・言ってんの?え?アタシが死んだ?」」
「・・・・・・」
「「ちょっと?え?」」
「交通事故で…俺をかばって………」
気づくと俺は泣いて桐乃に頼んでいた。
「頼むっ!今日1日家から出ないでくれ、そしたら未来が今が変わるかもしれねぇ。俺はお前に死んでほしくなんかねぇんだよ!」
ブツッザザーー
電話が切れた-----



149 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:30:46.83 ID:j6M4zgJw0 [1/2]

prrrrrr・・・・・・
「はいもしもし?」
『あんたちょっとありえなくない!?』
「なんだよ、また俺が何かやったのか?」
『それ以外にアンタに電話かける理由なんて無いでしょ!』
「そんな寂しいこと言うなよ」
『うわ、シスコン!キモ!』
「ほっとけ、それで今回はなんなんだ?」

今、俺が電話している相手は3ヶ月前に死んだ妹の桐乃だ。
俺がちょっとあいつのことを無視してしまったばかりに交通事故で亡くなってしまった。

それから七日後、俺の携帯に電話がかかってきた――相手は一週間前の桐乃。
何のいたずらか俺の携帯は過去と―いや、パラレルワールドと繋がるようになってしまった。
この世界の桐乃は死んでしまったけれど、電話の向こうの世界の桐乃は無事らしい。

それ以来何度も電話で妹と話をしている。
一度は妹を失ってしまった俺は、もう二度と離すまいと硬く決心したのだ。

まあ、電話の内容はほとんどが“あっちの俺”の愚痴なんだけどな?
しかしこうやって客観的に話を聞かされると俺って相当鈍いんだな~と実感する。
桐乃の気持ちになんでこうなるまで気付いてやれなかったんだろう?


「心配すんな、お前の事嫌ったりしてねーって」
『ほんとに?』
「本当さ、“俺”が言うんだから間違いない」

同じ世界の兄貴じゃないからか“俺”に対しては桐乃はけっこう素直だ。
その為か俺も素直になれる、もっと早くこうなれれば良かったのに・・・

「まあ、頑張れ」
『・・・うん、頑張る』

電話を切って一人ふと思案にふける。
俺がもっと早く気付いてやれれば・・・・・

「どうなんだろうな?」

もう一度携帯に手を伸ばす――
押した番号は、よく知っているのに、全くかけない番号だ――


「出てくれよ、“俺”!」


181 名前:149 ◆NAZC84MvIo[sage sage] 投稿日:2011/03/30(水) 11:51:14.49 ID:3FAuO/Vu0 [1/5]
―――――――――――――――――――――――――

あたしは今、兄貴の部屋にいる。
あたしの部屋と違ってこの部屋に鍵は無いから自由に出入りできるのだ。
特に何かをするわけでもなく椅子に座ってぼーっとしている。

「あれから3ヵ月かぁ・・・」
あの不思議な電話がかかってきてからそれくらい経つ――
長いのか短いのかよくわからない。あれ以来ほぼ毎日この部屋で過ごしていた。
そして今日も同じようにそこに居たら、突然携帯が鳴り出した。

―――――――――――――――――――――――――

「出てくれよ、“俺”」
祈るような気持ちで自分の携帯の番号に電話をかける――
機械的なコール音が鳴り響くので繋がっているのは間違いないはずだ。

プッ

「おお!繋がった!!びっくりしてるだろうがまず話を聞けよ!」
焦って相手が誰なのかなんて確認もせずまくし立てると、聞きなれた声が返ってきた―
『あ、兄貴!?ねぇ兄貴なの!?』

―――――――――――――――――――――――――

突然鳴り出した兄貴の携帯に出てみると、そこから聞こえてきたのは兄貴本人の声

『おお!繋がった!!びっくりしてるだろうがまず話を聞けよ!』
「あ、兄貴!?ねぇ兄貴なの!?」
『なんだ?桐乃か?人の携帯に勝手に出るなよ、そこに俺は居ないのか?』
3ヶ月ぶりに聞く兄貴の声は憎たらしいほど能天気で明るかった。

「い、居るわけ無いでしょ!?だってアンタは・・・!」


3ヶ月前、“一週間後の兄貴”から電話がかかってきた。
内容は『交通事故にあってしまうから今日一日家から出るな』という頼み事

あの時のあたしは馬鹿だった。電話の兄貴は『俺をかばって死んだ』と言っていた。
ならば、あたしが兄貴をかばわなければ必然的に兄貴は・・・!
その事に思い至りさえすればあんな事にはならなかったのに、
いつに無く真剣な声で頼む兄貴の言う事を盲目的に聞いてしまった代償は

     ―兄貴の死―

その事を誰も責めない、あやせも黒いのもでかいのも、両親でさえ。
『悪いのは犯人』口をそろえてそう言った、でも違う。
あたしは事故が起きることを知っていたのだ。それなのに・・・

「な・ん・で!そんなに能天気な声で話しかけてくるのよ!このバカ!!」
この3ヶ月、兄貴を失った悲しみの中にいたのに、いざ兄貴の底抜けに明るい声を聞くと
なんだか無性に腹が立ってきて、散々兄貴を罵った。
こんな会話も、三ヶ月ぶりだ・・・・・


182 名前:149 ◆NAZC84MvIo[sage sage] 投稿日:2011/03/30(水) 11:52:23.99 ID:3FAuO/Vu0 [2/5]
―――――――――――――――――――――――――

「そっか、そっちの俺はもう居ないのか・・・」
ひとしきり無神経だの能天気だの頭がお花畑とまで罵られた後事情を聞くと、
どうやらいつもの桐乃ではなく、また別の桐乃のようだ。
そういえばこっちから電話をかけたのは初めてだったし
まさかそんなところに繋がるとは思ってもいなかったが・・・

「でも良かった、そっちのお前も無事だったんだな!」
それだけで俺は本当に満足だった、桐乃が無事ならそれでいい。
桐乃が死んでしまう世界なんて、今俺がいるところだけでたくさんだ。

「なぁ、俺はお前さえよければそれでいいんだからさ、
 あんまり引きずらないで元気になってくれよ、頼むぜ」
一人の桐乃を出来るだけ励ました後、電話を切る―

それにしても、このことをあっちの桐乃に教えたらどう思うんだろうな?

―――――――――――――――――――――――――

『なぁ、俺はお前さえよければそれでいいんだからさ、
 あんまり引きずらないで元気になってくれよ、頼むぜ』

勝手にそんなことを言ったかと思うと、また勝手に電話を切る。
あたしがこの3ヶ月どんなに寂しかったか知らないで!!

prrrrrrr・・・・・・・

まだまだ話し足りないあたしは急いで着信履歴からリダイヤルする。

『・・・・・はいもしもし?』
またとぼけた声が聞こえてきて腹が立つ!
「あんたねぇ!!あたしが切るまで待ちなさいよ!何勝手に電話切ってるのよ!」
『・・・どういうことだよ?』
電話に出た兄貴の声は本当に混乱しているようだった――

―――――――――――――――――――――――――

「あんたちょっとありえなくない!?」
「それ以外にアンタに電話かける理由なんて無いでしょ!」
「うわ、シスコン!キモ!」

壁越しに聞こえてくる桐乃の声――
最近俺となにかするたびに誰かに電話をかけてるようだ。

猫かぶりの口調ではないから学校の友人と言うわけでもなさそうだが、
黒猫や沙織でもないらしい。一体誰だ?『シスコン』なんて呼ばれているのを聞くと
もしや赤城なのか?という疑問も湧く。正直なところ相手が気になって仕方ない――
一体誰にどういう用事で電話をしてるのか・・・

prrrrrrr・・・・・・・

なんとなく耳を澄ましていたら俺の携帯が鳴り出した。
誰だろうかと思ってディスプレイにうつる番号を見るとそれは自分の番号―

「ど、どういうことだ?」
携帯会社のシステムエラーか何かの間違いだろうか?
おそるおそる電話に出る――

「・・・・・はいもしもし?」
『あんたねぇ!!あたしが切るまで待ちなさいよ!何勝手に電話切ってるのよ!』
電話から聞こえてきたのは隣の部屋にいるはずの妹の声――

「・・・どういうことだよ?」


その日から俺と“桐乃”の電話相談という名の『女心説明指導』が始まった・・・

183 名前:149 ◆NAZC84MvIo[sage sage] 投稿日:2011/03/30(水) 11:53:31.82 ID:3FAuO/Vu0 [3/5]
―――――――――――――――――――――――――

「もうすぐ一年だね」
「そうだな~、あいつらいつまで電話するつもりなんだろう?」
「“あっちのあたし”はなんて言ってたの?」
「『“あたし”にあんまり心配かけんな!』だってさ」
「へー、もうそんなに心配してないのにね?」
「桐乃の方はどうなんだよ?“あっちの俺”は何て言ってるんだ?」
「『頼むから桐乃を幸せにしてやれ』ってさ」
「はっ!!今更言われる必要もねーな!」
「えへへ~、なんかあたし愛されてるね~///」
「・・・ふん、電話で話をすることしか出来ない奴に負けるかっての」

どうにも奇妙な自分への嫉妬をあらわにしながらこの一年間を振り返る。
平行世界の妹からの奇妙な電話――
その電話に後押しされながら俺はこっちの妹との関係を深めていった。
それはきっと桐乃も同じだろう。
平行世界の俺との電話に何度も励まされ慰めてもらった、と言っていた。
今の俺たち二人の幸せは、電話の向こうの俺たちによって支えられている。
でも、もうきっと大丈夫だ。
この先俺と桐乃が気持ちをすれ違わせて悲しむ事は無いだろう――

「やっぱさ、寂しいんじゃないかな?」
「そうだよな・・・」
俺たちの世界は俺たち二人が無事に一緒に生きている。でも“あいつら”は一人きりなのだ。
何かと俺たちの心配をしてくれる“俺たち”は、
大事にしたい兄や妹を失ってしまっている・・・

「そっちが心配だよ。“あっちのあたし達”にも幸せになってもらわないとさ」
「そうだよな、今度の電話でそう言ってみるか?」
「うん、そうだね。そんでしばらくは電話しないでさ、かかってきても出ないの。
 いつまでも“こっち”の心配させてるだけじゃ“あたし達”も前に進めないじゃん」
「そうだな、荒療治だけど“俺たち”なら大丈夫なはずだしな!」

だれか良い相手を見つけてくれればいい。心の底からそう思う。
平行世界の自分たちの幸せと、隣で笑う笑顔の桐乃を守る決意を新たにして、
澄み切った青空を見上げる―――

―――――――――――――――――――――――――

「もういいかな?」
「もういいだろ」
「そうだね、もういいよね」
「じゃ、かけるか」
「うん」

―――――――――――――――――――――――――

prrrrrr・・・・・・・

「お、桐乃からだ」

もはや定番になった“あっちの桐乃”からの電話―
目の前で妹を亡くした悲しみに耐える事が出来たのはこの電話のお陰だ。

ここに居なくても、別の世界で元気にしている桐乃が居る。
その事実だけで俺がどんなに慰められたかわからない。

「はいもしもし」
『あ、兄貴?元気してる?』
「当たり前だろ」
『うん、それはいいんだけどさ・・・』

―――――――――――――――――――――――――

prrrrrr・・・・・・・

「あ、兄貴からだ」

もはや定番になった“あっちの兄貴”からの電話―
あたしの想像力不足で兄貴を失ってしまった罪悪感を拭ってくれたのはこの電話のお陰だ。

あたしが身代わりになった世界の兄貴と、二人とも無事だった世界の兄貴が
『お前が無事ならそれでいい』って言ってくれた。

「はいもしもし」
『よ、桐乃。ちょっといいか?』
「当たり前じゃん」
『はは、それはそうとさ・・・』

184 名前:149 ◆NAZC84MvIo[sage sage] 投稿日:2011/03/30(水) 11:54:14.64 ID:3FAuO/Vu0 [4/5]
―――――――――――――――――――――――――

「「もう心配しなくていいからさ」」
「「うん、だからお前/あんたもちゃんと幸せにならなきゃ」」
「「うん・・・うん・・・それじゃ、またな/またね」」

ふたり揃って電話を切った。
おそらくこれでこの奇妙な電話の中継も最後だろう。
隣の桐乃と目を合わせてふっと笑みをこぼす――

「さぁ!これからどうなるかな?」
「んー、どうにかなるっしょ」


一人きりの俺が電話をかければ、ここの桐乃が出て
ここの俺が一人きりの桐乃にかける

一人きりの桐乃がかければ、ここの俺が出て
ここの桐乃が二人いる所の俺にかける

そして二人いる所の桐乃がかければ、ここの俺が出て
ここの桐乃が一人きりの俺にかける

「二人揃ってる所のあんたは、結局一度も自分からかけなかったね」
「やっぱ目の前に本人が居たらからじゃねーの?」
「ふふっ、やっぱ筋金入りのシスコンじゃん」
「ほっとけ!」

ここは平行世界の狭間――?
いや、ここも俺たちが今眺めている3つの世界と同じく、無数にある世界の1つかもしれない。
あの事故以来、俺と桐乃はここでこの3つの世界を眺めていた。
―――この不思議な電話だけがある世界で


「もう、お役御免でいいんじゃない?あたし達もそろそろ次の行き先決めなきゃね」
「そうだよな、でもどこに行くんだ?」
「アンタは決まってるでしょ」
ビシッ!と桐乃が指したのは一人きりの桐乃のお腹――

「へっ!?マジかよ!?」
「そうよ!『またな』って言ったでしょ?会いに行かなくてどうすんの?」
「いや、しかしそれは・・・・・」
「多少のマザコンは大目に見てあげるからさ、アンタはあそこで決まり!これは決定!」
「ちょっ、なんかせこくね?なんでお前が決めるんだよ!!」
「だってあたしの行き先はあんたが決めるんだからこのくらい当然でしょ?」
「どういう意味だよ!?」
「黒いの?でかいの?あやせ?地味子?それともまさか加奈子?」
「・・・・・・・・・・」
「あんたが選んだ相手の中に行かなきゃ会えないじゃん」
「そういう意味かよ・・・」

でもまぁ、俺もそうしてくれた方が嬉しいしな。

「ファザコン娘になるぞ?」
「別にいいじゃん、それよりアンタは誰を選ぶの?」
「今の俺じゃお前以外の選択肢の可能性は平等だからな、正直全くわかんねー」
「はあ、あんまりぐずぐずしてられないのに・・・」
「ま、もう少し待っててくれよ」

二人して自分たちの行く末を見守る――
あの二人は出会うことは無いけれど、あの二人のもとに俺たちが行く事は出来る。
そうすればまた“俺たち”は会える。

「楽しみだね」
「楽しみだな」






二十数年後、仲良し兄妹のもとに生まれたマザコン一人息子とファザコン一人娘が
従兄弟同士でどたばたの恋愛劇を演じるのは、また1つ隣の世界のお話。

―fin―
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。