無題:10スレ目43


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

43 :◆5yGS6snSLSFg [sage saga]:2011/05/06(金) 05:02:37.14 ID:Y/8W3eaUo


「コスプレ大会に出たいだって?」
「だ、だめ……かな?」
「コスプレってあれだろ? アニメとかのキャラクターの恰好する――」
「うん。今度ね、メルルのコスプレ大会があるってね、前からアルちゃんになってみたいなーって思ってたの」

休日の朝から「お願いがあるの」と俺に擦り寄ってくるこの金髪幼女はブリジット。俺の妹だ。
綺麗なブロンドヘアーに、兄妹であるはずの俺とは似ても似つかない整った顔立ち。
そして、若干感情の機微が感じ取りにくい喋り方が特徴の女の子。

「出るったってお前……衣装とかどうするんだ? お前、アルちゃんの衣装とか持ってたっけ?」
「……持ってない」

だよな。俺が知らない内に買いためた大量のメルルグッズが押し入れの中から姿を現す――
なんてことを一瞬想像しちまったが、それも杞憂に終わったようだ。

規模こそわからないが仮にも大会というからには審査する人間や、多少なりともギャラリーがいるのだろう。
俺個人としては、妹にあんな露出度の高い恰好させて人前に送り出すなんてことは決して賛成できない。
ブリジットは先日10歳になったばかりなんだぞ。

ちなみに俺がメルルに登場するアルちゃんとやらの恰好を知っていたのは、ブリジットに付き合って常日頃からメルルを視聴しているからだ。
決して常日頃からアルちゃんにハァハァしているわけではないからな。
俺が2次元の美少女相手にハァハァするわけないだろ? そういうのを萌えとかいうらしいが俺にはよくわからない。

「まあ、そういうわけだ。こればっかりは諦めろ」

かくしてブリジットのコスプレへの挑戦は一瞬で頓挫したかに見えた。
が、しかし――

「……ふぇ…………ぐす…………」


この時、俺に電流走る。


俺が――俺がなんとかしなければ。

「ブリジット」
「ふぇ?」

唇をとがらせ、今にも泣きださんとばかりにぐずり始めたブリジットに向かって、俺はぐっと親指で自分の顔を指し示しながらこう言った。

「俺にまかせろ」


――――――――――

「お、俺は一体何をやっているんだ……」
「きょうちゃん、口より手を動かさないと今日中に終わらないよ?」

あの日から一週間後、俺は朝っぱらから田村家にお邪魔していた。
田村家でミシンを借り、せっせと裁縫に精を出す。
勘の鋭い貴兄らならもうお分かりだろうが、俺は今、ブリジットのためにアルちゃんの衣装を作っている。

コスプレ業界に関わらず、アニメ業界そのものにうとい俺がまず最初に考えた衣装を手に入れる方法が、既存の商品を買うということだった。
だが、既存の商品はどれもこれも露出が激しくブリジットに着せるには適さない。
原作を忠実に再現しているのかもしれないが、力を入れるところを完全に間違っている。
女児に着せるもんなんだから、もっと当たり障りのないデザインにしとけよ。誰が喜ぶんだ。
しっかりアルちゃんの衣装でありつつ、露出の少ない衣装というものはないのだろうか。


ないものは作ればいい。そう助言してくれたのは麻奈実だった。
俺が悩み事を抱えていることを一目で看破しアドバイスをくれただけでなく、なんとその手伝いまで申し出てくれた。
そして今、そのお言葉に甘えて手伝ってもらっているというわけだ。
本当にありがたい幼馴染だよ。

「……めんどくせえ」
「ほらほら頑張って、“お兄ちゃん”」
「あいよ」

――――――――――

「喜べブリジット! 衣装ができたぞ!」
「ほんと?」

ちなみに、ブリジットのリアクションが薄いのは気のせいだ。もともとこういう喋り方なんだよこの子は。
今、この子は心の底から喜んでくれている。
その証拠――というわけではないがブリジットの目は爛々と輝いている。

「ああ、ほんとだとも! わざわざ作ってきたんだ。麻奈実にも手伝ってもらってな。いつかお礼言っとけよ?」
「うん。ありがとうお兄ちゃん」

がさがさと紙袋から衣装を取り出し、それをばっと広げるブリジット。
その瞳には期待が満ち満ちている。

「すごーい。アルちゃん………だ?」

先ほどの期待に満ちた表情から一転。小首をかしげ、こちらに向き直るブリジット。

「おまえにはあんな露出の多い衣装はまだ早い。今はそれで我慢しなさい」

ブリジットが手にしているのはアルちゃんの衣装・全年齢バージョン。
露出控えめ、スカート丈長めの過保護な兄貴仕様となっている。露出を減らした都合上、細部の意匠も本家のものとは若干異なっている。

「あ、あ……」

ふっ。感動のあまり、ありがとうの言葉も出ないか。

「アルちゃんの衣装と違うー」
「ブ、ブリジット!?」

俺の静止も聞かず、ブリジットは衣装を抱きかかえそのまま自室へと走り去っていってしまった。
……冷静に考えてみれば、「俺にまかせとけ」と大見得を切ったにも関わらず、出来上がったのは、確かに似てはいるがアルちゃんのそれとは若干異なる衣装。
ブリジットにしてみれば期待が大きかった分ショックもそれ相応だろう。

「ちょっと悪い事しちゃったかな」

ブリジットの気持ちが落ち着いたころに謝りに行かないとな。


――――――――――

「ごちそうさま」

夕食を食べ終え、リビングを後にしてブリジットの部屋へと向かう。
当のブリジットはと言うと、あっという間に夕食を食べ終えるとさっさと自室に戻っていってしまった。

「こりゃあ、相当怒ってるな」

なんと言って謝ったものかと思案しているうちにブリジットの部屋の前に辿り着いてしまった。

「ん?」

ブリジットの部屋のドアはきちんと閉じられておらず隙間が空いており、そこから部屋の中を覗いてみるとブリジットの姿が見て取れた。
普段ならこんな真似はしないのだが、ブリジットにかける言葉も思い浮かばない今、俺は藁にもすがる思いでブリジットの様子をうかがった。

「こ、これは!?」

そこには俺が渡した衣装に着替え、何やら謎の剣を持ち、姿見の前で踊るブリジットの姿があった。
その横顔からは不機嫌さなど全く感じられない。それどころか笑顔すら浮かべている。

多少懇意的に解釈するならば、夕食をあっというまに食べ終えたのも早く着替えたかったからだろうか。
あの衣装を渡した時は確かに不評だったはずなのだが、一体なにがあったのか。妹の心は複雑で兄貴の俺でもわからない。

ともあれ、ブリジットの機嫌が直ったのはいいことだ。
俺はホッと胸をなでおろし自室に戻ろうとするが、ふと思いとどまり再びブリジットの部屋をこっそりのぞく。
こう書くとまるで変態のそれだが俺の場合はいいんだ。なんせ兄貴だからな。



「こ、これが萌えというやつか。…………ハァハァ」

俺の人生初の“萌え”を妹に捧げることなるとは思わなかったよ。



おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。