或る妹の選択:12スレ目787


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

787 :或る妹の選択  ◆ebJORrWVuo [sage saga]:2012/06/28(木) 02:17:11.71 ID:MCVMc+adP
「おや、奇遇ですね」

 爽やかな声で、あたしに声を掛けてくる、爽やかなイケメン。

「…………」

 対して引きつった表情で、声にならない悲鳴をあげている、可憐な美少女のあたし。

 ここは、アキバのエロゲーショップ。
 当然、周りにはピンクな世界が広がっていて、あたしの手には新作の妹ゲーが握られていて、しかもそれを見つめてニヤニヤを抑えられないで居る所を、こうやって声を掛けられた。
 場にそぐわない程の爽やかオーラを放ちながら、視線の先で御鏡さんが言う。

「桐乃さんも、買い物ですか? おお、それは新作の『あたしの兄貴がこんなにエロいわけがない』じゃないですか。
妹ゲーにしては珍しい、妹視点の物語。確か、同居しているお兄さんが、実は鬼畜で妹を脅迫していく物語でしたよね。中々悪くない作品でしたよ」

 まるで、有名なアーティストのCDに対して、その新曲の良さを説明しているような、口振りだったが、その実、ただのエロゲー批評だった。

「そう、そうなの! いや、あたしもさ、無いのかなーって思ってたんだよね。妹視点のゲーム。
やっぱさ、揺れる妹の心とか、知りたいし。また、可愛いんだわ、この健気な感情っていうの? あ、ネタバレ禁止だから。あたし、体験版しかまだやってないからね」
「了解。気をつけておきます」

 御鏡さんは優しく笑いながら、頷いてくれる。どこかの馬鹿とは全然違う。
 あいつだったら今頃うんざりしたような顔で「へいへい」とか返してる事だろう。

「ふふん、やっぱあんた、見どころあるよね」
「これはこれは。桐乃さんに評価されるなんて嬉しいですね」
「うんうん、あたしの弟子にしてあげようか?」
「あはは、それも悪くないかも知れません」

 和気藹々とトークを繰り広げられる。
 ある程度、話題が進んだ所で、ここで話し続けるのも人目が不味いので、という事で、近くの喫茶店へと場所を変える。

「そう言えば、あんたってシスシスやったんだっけ?」
「はい。あれは神ゲーですよね」
「そう、神ゲー! でさ、あんたはどのシーンにぐっ、と来たわけ?」

 あたしの質問に少し考えこむようにして御鏡さんは黙りこむ。
 今、彼の脳内では数々の名シーンが繰り広げられているのだろう。

「……やはりここですね。定番になってしまいますがりんこルートの」
「別れのシーン、だよね?」
「はい。もう、あのシーンは凄い感動しました。今でも思い出すだけで涙が出そうになってしまいます」

 実際、御鏡さんは目を潤わせていた。

「分かる。分かるよ、その気持ち。あたしもそうだから、さ」

 うんうん、と頷いてみせる。今、この瞬間、御鏡さんとあたしは同じ気持ちを共有していた。
 それから延々とエロゲートークを繰り広げる。黒猫も沙織も別にエロゲーに対して批判はしてこないんだけど、そこまで詳しくない。
 だから実際、エロゲの話題が出来る相手というのは居なかった。
 そういう点もあって、あいつにエロゲーをやらせてたんだけど、御鏡さんと会えたし、無理にあいつにエロゲーをやらせる必要は無いのかもしれない。
 ……そう考えた時、何故か心がちくんと痛んだ。

「あれ、桐乃さん。どうかしたんですか?」
「え、な、なんでもないケド、どうして?」
「なんかお兄さんを思うりんこみたいな顔してましたよ」

 ギクリ。

「な、何いってんの、全然違うし。つか、一緒にしないでくれる?」

 御鏡さんは中々鋭い。けど、確かにあの馬鹿の事を考えていたけど、りんこりんみたいな恋慕なんてあたしは抱いてないワケで。
 りんこりんみたいな表情をあたしか浮かべるわけがない。

「……。はい、分かりました」

 御鏡さんは、少し黙り込んだ後に、頷いてくれる。
 素直でいい人だ。これも、あいつとは違う。
 あいつなら……、と思考に耽ったところで、外の景色に気付く。
 空が少し、赤みがかってきている。
 もうそんな時間か。

「結構、話し込んじゃったみたい」
「ああ、本当です。楽しい時間は、あっというまですね」

 ……楽しい、時間か。

「ま、まあ、あたしも楽しかったし。また今度、付き合いなさいよ」
「はい。喜んで」
788 :或る妹の選択  ◆ebJORrWVuo [sage saga]:2012/06/28(木) 02:19:57.75 ID:MCVMc+adP
 御鏡さんは笑顔で頷く。そして、そのまま言葉を続けた。

「あの、桐乃さん」
「ん、何?」
「僕と付き合ってくれませんか?」
「え、今から?」
「はい」

 唐突なお誘いである。どこか良いエロゲショップでもあるのだろうか。
 しかし、あたしには門限がある。

「今からだと厳しいかな。今度じゃ、駄目?」
「え。ああ、いや、そういう意味ではなく」
「……?」
「男女の付き合いとして、付き合ってもらえませんか?」

 …………え。え、えええええええ?!
 ちょ、まだ、出会ったばかりでしょ!?
 ま、まだお互いもよく分かってないし……。

「駄目、ですか?」

 何かの冗談かとも思ったが、御鏡さんの表情は真剣だ。
 思い立ったら直ぐ行動。これが彼の行動の規範なのだろう。
 危なっかしくもあるが、同時に、男らしいとも思える。
 嫌いじゃないポイントだ。

 そこで、あたしはもう一度、御鏡光輝という男を観察する。
 容姿……は合格。性格も、合格。趣味も一致しているし、あたしの趣味も受け入れてくれている。財政力もあるし、既に働いている大人な、男性だ。
 この人なら、デートでもあたしをきっと満足させてくれる事だろう。
 あたしに難癖を付けられるような真似はしない筈だ。

 改めて見ると、あたしにとって理想に近いような男性だった。
 正直、彼以上にあたしの理想を満たす人、というのが早々居るとは思えない。
 そう、全然駄目じゃない。今、あたしがこの告白を受け入れるだけで、理想の人との関係が、今始まると言える。
 ただ、はい、と頷けば、それで手に入るのだ。

「ごめん、なさい」

 でもあたしは断った。
 頷くという選択肢は、あたしの中に結局、最後まで出てこなかった。
 答えは単純。御鏡さんでは、あたしはドキドキしなかった。
 心がときめかなかった。ざわつきさえしなかった。
 今、この場で、御鏡さんが誰かとイチャツイたとしても、あたしの心にさざなみ一つ、立たない事が分かっていた。
 それに――

「……他に好きな人が?」
「別に、……いないケド」

 首を振ってみせる。

「桐乃さん。……僕は真剣に告白をしたつもりです。それで、その回答が桐乃さんの答えですか?」

 ……鋭い言葉だった。
 嘘をついている、と指摘されたようなものだ。
 そうだ。真剣に挑んできた人がいるのであれば、こちらも真剣に対応する。
 それが、あたしの規範だった。

「ごめん。真剣に答える。……好きな人、かどうかは分からないケド。あんたに告白されて……頭に浮かんだ人なら、居る」

 だから真剣に答える。嘘、偽りなく。

789 :或る妹の選択  ◆ebJORrWVuo [sage saga]:2012/06/28(木) 02:22:10.31 ID:MCVMc+adP
「その人は、僕より、格好いいですか?」
「世間一般で見れば、あんたの方が百倍格好良いと思う」
「それでも、桐乃さんにとっては違う」
「…………」

 それは確認作業のようだった。

「その人は、僕より、優しいですか?」
「全然。あんたの方が、全体的に優しいよ」
「それでも、桐乃さんにとっては、物足りない」
「…………」

 あたしの中の曖昧が、徐々にくっきりとされていくような行為。
 御鏡さんは続ける。

「もし、仮に」

 今までとは違う切り口で、しかし質問をぶつけてくる。

「僕が桐乃さんのお兄さんだったとしたら、僕を好きになってくれましたか?」

 御鏡さんが、お兄さんだったら。
 想像してみる。スーパーマンのような兄。そして優しくて、頼りになって。
 それはそれで、とても幸せな兄妹になっただろう。

 冷戦のような兄妹関係にはならなかった筈だ。

 あたしの悩み事も、もっとスマートに解決してくれただろう。
 顔に痣なんて作る事もなく、親を説得してみせて。
 あたしの友達に変態と罵られる事無く、仲を取り持って。
 今よりも綺麗に、物事を解決してくれていただろう。

790 :或る妹の選択  ◆ebJORrWVuo [sage saga]:2012/06/28(木) 02:22:57.80 ID:MCVMc+adP
 でも、それじゃ今のあたしは、満足しない。
 その姿を、格好いいだなんて思えない。
 だから、答えは決まっている。

「それは、無理」

 そもそも、あたしの兄は一人だけだから。

 そもそも考えるだけ無駄な質問。
 そして、考えた所で無駄な質問だった。

 格好悪く、無様で、頭悪くて、情けない、ケド、ずば抜けて格好良いのが、あたしの兄なのだ。
 他人の為に動いてる時だけ、兄の眼は生き生きとした目になる。
 とっても馬鹿になるけど、それでもとても優しい兄になる。

 他の兄なんて要らないし、あいつが兄じゃないなんて嫌。
 それが、高坂桐乃の揺るぎない回答だった。

「そうですか」

 御鏡さんは、あたしの回答を聞いてすっきりした表情をしている。
 余りショックを受けているように思えない。

「……あんた、まさかあたしを試した訳じゃないよね?」

 それだったら殺すけど。

「とんでもない。本気です。ですが、薄々と結果は分かってました」

 さらりと御鏡さんは、そんな事を言う。
 嘘。え、それって、バレてたって事?

「桐乃さんは、分かりやすいですから」

 …………。ムカつく。けど、結果が分かっていたというのは本当っぽいし、それならただ図星だったというだけで、怒れない。

「…………」

 黙りこむあたしに、御鏡さんは優しい表情に、少し悲しい色を混ぜた瞳で、大事な事を言った。

「桐乃さん。……あなたのお兄さんは、きっと、あなたのお兄さんである事を、辞められない。だからきっと、いつか不本意な形になってしまうと思いますよ」

 何を言っているのだろう。あたしは、あいつが兄じゃないと嫌なのだ。

「……分かってる」

 なのにあたしの口は勝手にそう答えた。何故か、胸がズキリと痛む。
 それでも。

「……僕の言いたいことは以上です。それでは、もう一つの話をしましょうか」

 あたしは、立ち止まる訳にはいかない。

「もう一つの話?」

 あたしは御鏡さんを見る。
 ……そうか、ここまで、結果が分かっていて。ここからの結果も分かっていて。
 その上での、忠告だったのか。

「はい。桐乃さん、僕に何か頼みたいことがあるんじゃないですか?」
「ホント、あんたって見どころあるよね。……ごめんね」

 振った相手に何を頼もうというのか。
 けどこの振られた相手も、自分を振った相手に頼ませようとするんだから、実は底意地が悪いのかも知れない。

「あたしと、付き合ってくんない?」



 どう転ぶか、それは分からない。
 だけど、せめて転ぶなら前向きに。
 躓くことが分かっているのであれば、前に飛ぶように。
 そうすれば、ゴールに少しでも近づける筈だから。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。