無題:3スレ目197


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 17:40:40.68 ID:8NErAx5h0 [6/17]

俺はいま、妹の部屋の前で、かれこれ10分ほど悩んでいる。
このドアをノックするべきか、そして妹の力を借りるべきか……
いつも妹の人生相談を受けている俺だが、今回ばかりはちょっと事情が違うんだ。

――そう思案していると、ふいにドアが開き、お約束のように俺の額を強打した。

「いってぇ!」
「……あんた、人の部屋の前でなにやってんのよ」

そこにはドアを半開きにし、不愉快そうなツラを見せる桐乃が現れた。

「あ、ああ、実はな……桐乃、お前に相談があるんだ!」

俺は意を決してそう切り出した。


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 17:43:20.01 ID:8NErAx5h0 [7/17]

「はぁ~? なんでアタシがあんたの相談を聞かなきゃなんないのよ?」

……俺の決意をあっさりと跳ね返しやがるこの言い草だよ。
俺はいままで何度も人生相談に乗ってやったというのに……。
まぁ、こいつに恩に着せたつもりはないし、見返りなんて求めちゃいなかったけどさ。

桐乃はハァ~とため息をつくと、気だるそうに続けた。

「……じゃあ、とりあえず入って。手短に済ませてよね」

恩に着せてないとは言ったが…… ちったあ恩に感じてもいいんじゃねえ?
とにかく俺は桐乃の部屋に入ると、早々に相談を持ちかけた。


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 17:46:19.62 ID:8NErAx5h0 [8/17]

「実はさ、もうすぐ麻奈実の誕生日だから、なにかプレゼントでもと思ってんだけどさ――」

と、ここまで話した時点で、桐乃のこめかみにビキッと青筋が入る。
こいつ、ホントに麻奈実のこと嫌ってやがるんだな……。

「それであたしにプレゼントのアドバイスを、ってこと? なんでアタシがあの女のために~?」
「そう言うなよ……。っていうかお前の麻奈実嫌いっぷりはちょっと異常じゃねーか? ほとんど接点も無いくせによ」
「――大体、あんたさぁ……あたしの誕生日に花の一本でもくれたことあったっけ?」
「お、お前こそ、俺の誕生日に消しゴムの一個もくれたことねーだろが!」

あれ、なんか話が変な方向に進んでるな……


202 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 17:48:46.15 ID:8NErAx5h0 [9/17]

本来の目的を忘れそうになってた俺は、ここで軌道修正することにした。

「まぁとにかく、女へのプレゼントなんて俺はさっぱり分からないからよ。なにか、これぞっていうオススメは無いかなと思ってさ」
「じゃあ抱き枕でも贈ったらいいんじゃない?」
「それは以前やったんだよ……てかお前知ってて言ってねえか……?」
「別に~~ っていうか、よっぽど酷いものでもない限り、あの女は何でも喜ぶじゃないの~?」

とテキトーな答えを返す桐乃は、俺の存在を無視するかのように、パソコンに向かってエロゲーをプレイし始めた。
助けを求めてきた兄に対して、なんというおざなりな態度だろうか……
駄目だ、こいつは麻奈実アレルギーが強すぎて話にならない。

――と思ったところで、俺はあることに気づいた。

そうだ、贈り物選びといえば、うってつけの奴がいたじゃないか!


203 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 17:52:54.16 ID:8NErAx5h0 [10/17]

そう気づいた俺は自室に戻り、いつもマメで贈り物を欠かさないあいつに電話を掛けた。

PLLLLLLL……ガチャ

「よう、突然かけて悪いな」
「やや、京介氏からの電話とは珍しい!」

俺が電話したのは気配りのエキスパート、SNSコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」の管理人、沙織・バジーナだ。

「ちょっと教えて欲しいんだけどさ、高校生の女の子にプレゼントするとして、どんなものがいいかなぁ?」
「ほう、それは聞き捨てならぬお言葉! 京介氏も隅に置けませぬなぁ」
「……いや、ただの幼馴染だっての。前に抱き枕をプレゼントしたからよ、それ以外で何かいいのが無いかなと思ってな」

そう言うと、沙織はちょっと思案した後に答えた。

「そうですなぁ~ 思い切って抜群にエロい下着などを贈って、一気に二人の距離を縮めるという方策もありまするが――」
「ちょっ! そういうのじゃねえっての!」
「はっはっは、軽~い冗談でござるよ」

なんかこいつに相談したのも間違いだったような気がしてきたが――


205 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 17:56:11.81 ID:8NErAx5h0 [11/17]

「まぁ、気軽なプレゼントなら、癒し系グッズなど贈っておけば無難かと。アロマセットとか入浴グッズとかでござるな。
逆にアクセサリーや化粧品などはセンスが問われますし、場合によっては深い意味が込められてしまいますからな」
「おお、そうか! さすが沙織だな」
「いやぁ~ それほどでもござらぬ」

ボケを交えつつも、ちゃんと的確なアドバイスをくれるところが、さすがは頼れる沙織サンだよ。
これで俺よりも2つ年下なんだからなぁ
桐乃なんかに相談するまでもなく、最初からこいつに聞けばよかったんだよ。そうすりゃわざわざ桐乃にイラつかせられることもなかったしよ。
……まったく、30分前の俺に教えてやりたいぜ。


206 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 17:58:30.97 ID:8NErAx5h0 [12/17]

そんなわけで、麻奈実の誕生日の前日、俺は早速プレゼントを買いに行き、手ごろなお風呂用アロマセットをゲットすることに無事成功。
え?沙織に言われたそのまんま過ぎじゃないかって?
……俺に応用力なんてものは無いんだよ。

戦利品を手にし、自室への階段を昇っていると、ちょうど1階に下りようとしていた桐乃と鉢合わせた。

「あっ ……それ、昨日言ってたプレゼント?」
「ああ、あの後で沙織のやつに相談したら、バッチリアドバイスしてくれたからよ」
「ふーん……あっそ」

なんだ? 変な反応しやがって――
適当にあしらった癖に、沙織に相談して解決させたのが気に食わないのか?

お前に付き合ってる暇など無いとばかりに、俺はそれ以上のやり取りは避け、桐乃の横をすり抜けて自分の部屋に入ろうとする。
――ところが、そこで桐乃が俺の襟首を掴んで引き留めた。

「ちょっと……待ちなさいよ」


207 名前: ◆kuVWl/Rxus [sage] 投稿日:2010/12/04(土) 18:04:26.34 ID:8NErAx5h0 [13/17]

なんなんだよ一体……。俺は振り返り、不機嫌な視線を妹に飛ばした。
もう俺と麻奈実とのことはほっといてくれよ――と、あやうくキレそうになったが、その後に続いた桐乃の言葉は意外なものだった。

「……そんな、いかにもデパートで買ってきました、みたいなショボい包装で女の子にプレゼントする気? バッカじゃないの」
「え……?」
「ホラぁ、ちょっと貸しなさいよ。あたしが綺麗にラッピングしてあげるから!」

桐乃は俺からアロマセットをふんだくると、自分の部屋へと向かった。
そして、ドアの前で歩みを停めると、背を向けたままで更に意外なことを口にした。


208 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 18:08:18.79 ID:8NErAx5h0 [14/17]

「あの……昨日はごめんね、兄貴。なんかあたしイライラしちゃって……」
「お、おお、、? いや別に……」

「ちょっとさ……羨ましかっただけなんだ」

桐乃は小声でそう残すと、バタンとドアを閉めて自室に消えていった。

え?あいつ何を……
俺はそのまま廊下に佇み、しばらく桐乃の発言の意味を考えていた――


210 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 18:15:36.93 ID:8NErAx5h0 [15/17]

翌日、俺はいつものように麻奈実と下校し――

いつもの公園に寄り道して、俺はそこで麻奈実にバースデープレゼントを渡した。
プレゼントには、鮮やかなピンクの不織布とカラフルなリボンを使った、桐乃による見事なラッピングが施されている。
昨日のデパートの味気ない包装とは大違いだ。

「わああ~~ すっごい可愛いラッピング~~っ。きょうちゃんありがとう~~~~」
「へっ、たいしたもんじゃねーけどな」
「これ、開けてもいいよねっ? えへへ……きょうちゃんからのプレゼント、なにかなぁ……わくわく」

こいつは基本なんでも喜んでくれるんだろうけど、実際こんなに喜んでくれてる姿を目の当たりにすると、なんだかこっちまで嬉しくなってくるよ。
そんなことを思いながら、無邪気にプレゼントのリボンを外し、袋の中を覗きこんでいる麻奈実を眺めていた。


211 名前: ◆kuVWl/Rxus [] 投稿日:2010/12/04(土) 18:20:10.18 ID:8NErAx5h0 [16/17]

そこで、ふと桐乃のことに思いが至る――

あいつがあんなこと言うなんて……
もしかすると俺って奴は、妹の気持ちに対して鈍感すぎるのかもしれないな。
俺は軽い自己嫌悪を感じていた。
結局、桐乃の世話にもなってしまったことだし……ちょっと照れ臭いけど、次のあいつの誕生日には何かプレゼントをしてやるか……

と、そんな殊勝なことを考えてた俺だったが、
――いやぁ、さすがにこの後の展開は予想できなかったよ。


「あっ、お風呂アロマセットだ~~
 …………それと、あれれ? これは でぃーぶいでぃー かなぁ?」


まさかプレゼントの袋から、
俺の秘蔵エロDVD(ちょっと麻奈実似の女優の)が出てくるなんてな――




END
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。