テクニックの対策方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テクニックの対策方法

吹き飛ばしからの連携奥義が避けられない

相手のサポートケージが無くなるまでニンジャムーブなどを使わないようにして、
ガードができる体制を保っておく。 吹き飛ばされないように気をつけよう。

チャクラダッシュからの相手のサポート忍術が避けられない

チャクラダッシュはガードをしないようにして、忍術で吹き飛ばすようにする。
相手はそのテクニックを使ったあとはサポートがいないはず、逆にこちら側からお見舞いするのもいいかも。

変わり身からの投げが避けれない

投げをやり合って変わり身合戦に持ち込もう。 
相手は変わり身ばっかりするので自分の方がチャクラは残っている場合は多い!
それか投げを変わり身で避けることができたら忍術を使ってみよう。

チャクラダッシュからの投げが避けれない

無理に避けないようにしてガードをするべき。
もしできれば忍術や奥義をお見舞いしてやろう。

ニンジャムーブしながら手裏剣ばっか投げてくる

無理に当てようとして忍術を使ってはいけない、自分もニンジャムーブしながら近づいてニンジャムーブで
空中を飛んでる瞬間をねらってチャクラダッシュや連携奥義をお見舞いしてやろう。