ξ゚⊿゚)ξメンヘラのようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目の前に見える空は大きくて、なぜだか初めて付き合った彼を思い出してしまった。

ξ゚⊿゚)ξ君も私を思い出してくれているのかな?

くすっと笑ってそれから大きな深呼吸をして、彼の名前を叫んだ。


君との思い出と共にこの世界からサヨナラするよ。



ξ゚⊿゚)ξメンヘラのようです

彼と別れて2年目。
ずっと忘れられないまま。
21:35分。
仕事が終わって電車に乗っている私の頭の中では、脱線事故が起きないかな?なんてことばかり考えていた。

死んでしまえれば楽なのに。
それなのになぜ私達は生きているのだろう。
こんな辛い生活を毎日生きて、なんの得があるというのだろう。


大切な人が居なくなってしまった私に、生きる意味はあるのだろうか。


雪が降り始めた。

冷たい雪が私の肩に舞い落ちてくる。

このままずっと降り続いて、地面を真っ白に染めて欲しい。
そうすれば、彼を忘れられる気がするの。
そうすれば、私は幸せになれる気がするの。


そして雪はアスファルトの上で溶けた。

ξ゚⊿゚)ξ…汚い

あぁ、やっぱり汚かった。
私と一緒で、汚かった。

ξ゚⊿゚)ξただいま

部屋の灯りをつけて、ソファーの上に置いてあるくまのぬいぐるみを抱き締めた。

ξ゚⊿゚)ξやっぱり彼の匂いはもう戻ってこないね

…笑いたいのにもう笑えない。


そしてバタッとベッドに横になって目を閉じた。
もう何も考えたくない。
このまま、目が覚めなければいいのに。

このまま
このまま
このまま

夢を見た。


お花畑の中で、小さな私が誰かに手を引っ張られているの。
その手は優しくて温かくて、とても素敵だったんだけどね、怖かった。
だから泣いちゃった。
そしたら私の手を引っ張ってた人が小さく私の耳元で囁いたんだ。

「君のせいだよ」って。

その声はどこかで聞いたことがあるような気がしたんだけど、思い出せなかった。


そこで目が覚めて終わり。
30秒ぐらいぼーっと天井を見ながらようやく気がついた。


ξ゚⊿゚)ξ君の声だったのか

なぜだか涙が流れていた。

会社に行く前に胃薬を飲む。
ストレスのせいで胃が悪くなったみたいで、吐き気やむかつきが頻繁に起こってしまうようになった。
原因はわかってる。



ξ゚⊿゚)ξ…なぜ私は働くの?


そして私は出社した。

今日は何回怒られたんだろう。
今日は何回死にたいと思ったんだろう。

22時をすぎた頃、私は左手首をカッターナイフで切った。
溢れだしてくる血液が、床にポタポタと落ち始めた。


ξ゚⊿゚)ξ会いたい、会いたいよ

おもむろに携帯を手にとり、彼に電話をかけた。


プルルルル…ガチャッ

ξ゚⊿゚)ξ「も…もしもし!」


ζ(゚ー゚*ζ「もしもし?」

ξ゚⊿゚)ξえっ…あっ…

ζ(゚ー゚*ζあれ、ごめんなさい、ショボン今トイレ行ってて代わりに出たんだけど、もう少ししたら戻ってくるから折り返し電話させますね!


私の頭の中で何かが切れた音がした。

電話の向こうの知らない女の子が、何度も私の名前を聞いてきたけど、もうわけがわからなくなって電源ボタンを押した。


それから私は財布を持って家を飛び出したのだろう。
自分でも思い出せないぐらいパニックだった。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。