('A`)ドクオがジャズバンドを組むようです 第十五コーラス前編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)「おいすー」
('A`)「おーす」
ξ゚⊿゚)ξ「おはよう」
(´・ω・`)「みんな揃ったみたいだね」

(´・ω・`)「えー、では学園祭ライブに向けてとりあえず選曲から決m」

(*'A`)(*^ω^)「かんっぱーい!」カラーン

ξ#゚⊿゚)ξ「アンタらねえ・・・」


俺たちは間近に迫った学園祭に向けての打ち合わせの為
ジャズバー・ショボンに集まっていた


ラストコーラス『Nearness of You』前編

( ^ω^)「ま~ツン固い話は後で後で」

ゴッ!

ξ#゚⊿゚)ξ
(#)ω;)「サーセン・・・」

(´・ω・`)「ま、まあまず選曲から決めようか」
(´・ω・`)「ドクオはなんかあるかい?」
('A`)「そうだなー」
('A`)「今までビバップとかよくやったし、モードなんかは?」
ξ゚⊿゚)ξ「So WhatやImpressionsなんかね」
(´・ω・`)「そうだね。モードは取り組む価値があると思うよ」

ξ゚⊿゚)ξ「あたしはバラード1曲やりたいかな」
ξ゚⊿゚)ξ「ギコさんに言われた感情表現の練習になりそうだしね」


4人の議論はなかなかまとまらなかったが
2時間を過ぎたところでショボンの仕切りにより4曲に絞られた

(´・ω・`)「じゃあみんなの意見をもとに絞ってみたけど」
(´・ω・`)「まず1曲目がSo what。これは僕がおいしい曲だね」
( ^ω^)「ショボンは普段目立たないからちょうどいいお」
(´・ω・`)「まあね・・・で、次がBolibia」
('A`)「難しい曲なんだけど師匠がやれって言うからよ・・・」

(´・ω・`)「次はMy foolish heart。ツンをフィーチャーしたバラードだね」
ξ゚⊿゚)ξ「エヴァンスの名演が印象深いわね・・・」

(´・ω・`)「最後にSplit Kick。ブーンのゴリ押し希望で」
( ^ω^)「マジでいい曲なんだお!曲名も必殺技みたいで」
(´・ω・`)「以上で決定でいいかな?」
('A`)( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ「はーい」

( ^ω^)「やっぱ俺ブレイキーのドラム好きだお!自由奔放で豪快で」
ξ゚⊿゚)ξ「メッセンジャーズは名曲も多いしね」
('A`)「俺はショーターになってからのメッセンジャーズも好きだけどなぁ」
(´・ω・`)「雰囲気はかなり変わってるよね」

ドクオは嬉しかった
またこうやって気兼ねなくしゃべれるこの関係が

('A`)「・・・まぁ、さ、成功させてやろうぜ!学園祭ライブも」
( ^ω^)「そうだお!俺たちは世界一のジャズバンドになるんだお!」

('∀`)「ははは」
ドクオはビールを飲み干し、笑った

(´・ω・`)「そういうことだからまあ今日は解散するか」
(;^ω^)「なんだおー、まだ飲み足りないお」
ξ#゚⊿゚)ξ「ブーン・・・!」
(;^ω^)「ひぃっ・・・わかってるお」

――――VIP市駅前

('A`)「ふー、寒くなってきたな・・・はやく帰って寝よう」
ξ゚⊿゚)ξ「待ってドクオ!あたしも帰るわ!」

ツンの家はドクオの帰り道と同じ方向だった

―――――――
('A`)「・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・ねえ」
('A`)「んー?」
ξ゚⊿゚)ξ「学園祭・・・うまくいくといいね」
('A`)「ああ、そうだなー」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・」
('A`)「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・あたし・・ね」
('A`)「ん?」
ξ゚⊿゚)ξ「ドクオのサックスの音色、すごい好きだよ・・・?」
('∀`)「はは、なんだよ急に?」

ξ゚⊿゚)ξ「四つ角のとこに、公園あるでしょ?」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと・・・寄ってこっか」
(;'A`)「えっ・・・まぁ、いいけど・・・」

時刻は夜10時をまわっていた
四つ角の公園は、当然のことだが誰もいなかった

寂しげに瞬く街灯と、月明かりだけが静かに光っていた


ξ゚⊿゚)ξ「・・今日、満月だね」
('A`)「ああ」

少し肌寒いが、酔いのせいか体はぽかぽかと暖かかった

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと・・・寒いね」
('A`)「そうかな・・・俺はなんか暖かいよ」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・」
('A`)「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・ねえ」
('A`)「ん?」
ξ//⊿/ξ「やっぱ・・・ちょっと寒いよ・・」
(;'A`)「・・!!」

ツンはそう言って、俺の肩に身体をあずけてきた

(;*'A`)(えええっ・・!ツン・・・なんで・・俺にもたれかかって・・)
(;*'A`)(な、なんだよこれ・・・!?つか、シャンプーのいいにおいが・・・!)

(;*'A`)「ちょ、ちょっと!」
思わずツンの肩をつかみ離した

ξ//⊿/)ξ「・・・」
(;*'A`)「な、なんで・・・」

ξ* ⊿ )ξ「・・・んーん」
ξ* ⊿ )ξ「なんでも・・・ない」

(;'A`)「なんでもないって・・・」
ξ* ⊿ )ξ「・・・・」
(;'A`)「・・・・」

ツンは何故だかうつむいたまま黙った

(;'A`)「そ、そろそろ・・・帰るよ・・?」
ξ* ⊿ )ξ「・・・」
ξ*゚⊿゚)ξ「うん・・・」
――――――――
ツンの家は公園から程近い団地にあった
じゃあね、と簡素なあいさつを済ませて俺はツンの家をあとにした


(*'A`)「あー、さっぱりした」

シャワーを浴びたドクオは煙草を加えベッドに倒れこんだ

('A`)y-~「・・・・・」

('A`)y-~(さっきのツン・・・どうしたんだろ)
('A`)y-~(急に俺にもたれかかってきて)
('A`)y-~(・・・・)
(*'A`)y-~(・・・・・・)
('A`)「・・寝よう」


―――そして本番前最後の練習日

ツンはあの夜のことなど無かったかのように、いつもどおりのツンだった
もう今さらブーンとの関係に嫉妬はしなかったし
俺の中からも公園でのことは忘れられつつあった

(´・ω・`)「さ、いよいよ明日が本番だね」
(;^ω^)「なんだかんだで緊張するお」
(;'A`)「同じく・・・」
練習の合間をぬっての外部セッションはあったものの
ドクオとブーンにとってはまだ2回目の本番
緊張は拭いきれなかった

ξ゚⊿゚)ξ「いつもどおりやればいいのよ」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょっとは自分に自信もちなさいよね!」
(;^ω^)「とは言うものの・・・」


最後の合わせ練習は各々の不安箇所を何度も確認しあった

いよいよ明日が学園祭ライブ

(;'A`)(;^ω^)「やっぱ怖えええ!」
ξ;゚⊿゚)ξ「ビビリ・・・」

・・・そして
いよいよ本番のときがやってきた

つづく

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。