冷凍配合

冷凍配合とは厳密に言えば
「種牡羽遺伝子の冷凍保存を使用したカップリング」すべてを指すが
この項目ではその中でも冷凍配合の「通常では不可能な1×2、2×2の様なカップリングが可能」
という特性を利用した配合理論について扱う。

牡羽A    牡羽B
   ×―→ |  ×―→・・・
牝羽A    牝羽B

この例内でも能力や必要に応じて牡羽Bと牝羽Aをカップリングというように血量を気にせずカップリングできるのが特徴。

冷凍配合の使用例としては、
「スワップカップリングで全青を作った後に冷凍に移行して、代重ねに必要な羽数を4羽→2羽に減らす」といったものや
無理矢理世代を進めたり、インブリードを発生させられる事を利用して
「血統効果を増やしたり減らしたりして自分好みに調節する」
「好きな特性(羽色、額羽、ダート適正、体型、気性難、4-2気性)を固定化する」といったものがあげられる。

期待できる配合効果
インブリード
父父ニトロ
全きょうだいクロス?
オール青

メリット
代を重ねるのに必要な産羽が最小の2羽。
パスワード解析ツールで分かる能力を見て、必要であれば親子、兄弟関係なく自由に配合できる。
意識して全きょうだいクロスを入れれば配合効果はスワップカップリングとほぼ遜色ない?

デメリット
ニックス・シブい配合はその特性上使用するのが不可能なため、1代当たりの能力上昇量はそれを用いた物に劣る。
虚弱体質のチョコボが生まれやすい。





当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -

合計 -


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|