代表的なミリタリーカラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink
代表的なミリタリーカラーはカーキとオリーブ。

カーキ色といって緑を思い浮かべる人が多いが実は間違い。
本来カーキ色は茶系の色。

カーキ:ベージュ(茶系の色)

オリーブドラブ:OD(オーディー)緑

色番号 #C3B091 カーキ色です。
wikiによれば

カーキ色とは、茶色がかかった黄色である。
「国防色」または「枯草色」ともいわれる。
語源は、ペルシャ語の「khak」(土埃を被った茶色)であり、
ヒンドゥー語の「khaki」、
さらに英語で同じつづりでカーキと読むように変化した。

一方、

色番号 #6B8E23 オリーブドラブ色です。
またwikiによれば

オリーブドラブ (Olive Drab) は、色の名前である。
黒と黄の塗料を1:1で混合して作られる。
茶色と緑色の中間の色あい。
調色が単純であるため、第二次世界大戦からベトナム戦争時期まで、
アメリカ軍車両の標準塗装色として使用された
(現在は3色ないし4色の迷彩塗装が基本となっている)。
また陸上自衛隊では現在も標準色としてOD色の名で使用されている。

両方ともミリタリーカラーとして馴染み深い色ではあるが、
ミリタリーファッションとして普及し、一般人にも「アーミーカラー」として有名になったが故、混同したのだろう

  • 茶色(肌色)系のミリタリー色をカーキ  ・グリーン系のミリタリー色をオリーブ(ドラブ)


javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
合計: -
今日: -
昨日: -
オンライン: -

since2010.12.30
合計:

メニュー

基本的事項
ユースカルチャーとの融合
ミュージシャンとミリタリーウェア
個別アイテム
パーカ類の装備取り付け
メインテナンス
ミリタリーウェア参考文献
ミリタリーウェア用語
その他

最近の更新
取得中です。




リンク


他のサービス







javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。