※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本と台湾の比較


日本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・台湾

                    (台湾本島と79の島からなる)

面積:38万7801平方キロ・・・・・・・・・・3万6000平方キロ

人口:1億2653万人・・・・・・・・・・・・・・2306万人

首都:東京・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・台北(タイペイ)

言語:日本語・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中国語(北京語、台湾語)


テレビ:9千万台・・・・・・・・・・・・・・・・・800万台

ラジオ:2億台・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1050万台

電話:7600万台・・・・・・・・・・・・・・・・・1285万台

(携帯含まず)

新聞:7271万部・・・・・・・・・・・・・・・・・370万部

テレビ放送:130局・・・・・・・・・・・・・・・5局(ケーブルテレビ王国70チャンネル)

ラジオ放送:200局・・・・・・・・・・・・・・・120局


インターネット人口:6000万人・・・・・・1160万人

(携帯含む)

発電量:10463億kwh・・・・・・・・・・・・・1752億kwh

識字率:99.8%・・・・・・・・・・・・・・・・・・不明

対日輸出:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・142億ドル(コンピューター関係で50%)

対日輸入:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・242億ドル(半導体・精密機械で20%)

在留邦人:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14554人(長期14023人、永住531人)

日系現地法人・・・・・・・・・・・・・・・・・・885社

平均所得:275万円・・・・・・・・・・・・・・109万2500円

平均寿命:男78才、女85才・・・・・・・・男73才、女79才

病院数:

高度医療:

喫煙人口:24%・・・・・・・・・・・・・・・・?%

幼児死亡率:3.6%・・・・・・・・・・・・・・7%

観光収入:40億ドル・・・・・・・・・・・・・?億ドル

観光客:450万人・・・・・・・・・・・・・・・?万人

外貨準備高:4000億ドル・・・・・・・・・1228億ドル

鉄道旅客:3911億人キロ・・・・・・・・・98億人キロ

鉄道貨物:231億トンキロ・・・・・・・・・14億トンキロ

航空旅客:1544億人キロ・・・・・・・・・?億人キロ

航空貨物:75億トンキロ・・・・・・・・・・?億トンキロ

自動車数:7570万台・・・・・・・・・・・・・677万台

船舶保有数:1706万総トン・・・・・・・・537万総トン

民間旅客機:2256機・・・・・・・・・・・・・

空港:102・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高速列車:2452km(新幹線)・・・・・・・345km(日本の新幹線が走行)



小国ながらパソコン事業が成功した工業立国。

文献によっては「中国台湾省」にしている書籍もありますが

これは台湾に対して失礼!

まだ中国の省になったわけではありません。


香港の場合は1997年7月1日をもってイギリスから中国に主権を

移されましたが、50年間は現在の資本主義体制を維持するという

1国2制度になっています。そしてその後の選挙でも親中派の

民主派が圧勝し過半数を維持しています。

今では香港を「中国ホンコン特別行政区」と呼んでいます。


マカオもホンコン同様1999年12月にポルトガルから中国に主権が

移行しました。こちらも1国2制度で50年間は不変になっています。

マカオの場合は中国が任命する行政長官が首長になり、

中国人民解放軍500人が駐留するという形を取っています。

こちらも「中国マカオ特別行政区」と呼んでいます。


いずれも中国本体が経済的に成功し豊かになったことから

大きなもめ事もなく平和的に順調に推移しています。

経済大国になることは政治的にもいいことなのです。



台湾の場合、30年間も地上波テレビ局は民放3局による

独占状態が続いてきました。

(1)TTV:台湾電視台(経営権は台湾省政府)

(2)CTV:中国電視台(経営権は与党の国民党)

(3)CTS:中華電視台(経営権は国防部と教育部)

この3局は民放とはいうものの経営権は台湾省政府と

与党国民党が握っているのが他国の民放との決定的な相違点。

(4)FTV:全民電視台(経営権は野党民主党)

(5)PTV:公共電視台(政治的中立を保つためニュース報道は無し)

いずれの局も派手にCMを流しているので一見すれば民放ですが

構成は極めて政治的です。








-