東野君


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東野君




東西南北の上から二番目。掛け声は「そぇい」
カラーリングは黒髪に緑の目、服は黄色をベースにした左肩から右の腰にかかる水色のライン、靴は茶色のブーツ。

性格は安定のキチデレ。いつもキチ笑みをたたえており、その笑みには誰も勝てそうもないほどの凶暴さが漂っている。
ちなみに速度は四兄弟で最遅、亀級である。
だがそれとは裏腹に攻撃力は高く、危険人物であるが故に恐れられる存在である。
本人は速度を気にしているのかいないのかいつものキチ笑みからは想像がつかないが、攻撃特化型の自分に結構自信を持っているとかなんとか。

四兄弟では一番北野君と仲が良く、オカルトサークルに所属している。
二人で降霊儀式やUFOを呼んだりすることは日常茶飯事であり、時に南野君から怒られたりしても懲りない。

そして、意外だと思われがちだが歴検所有者である。
歩く世界史事典、東野君。
添付ファイル