中級者向けEX攻略

このページでは勝手に、配合効果一覧青字の受け継ぎ方主な配合理論について理解しており
ストーリーモードのGIを容易に勝利できるようになったぐらいの人達を中級者と定義しています。
有志によって行われている開催中のエキシビションに参加し始めるのも、大体そのあたりからだと思います。


エキシビション全体共通

ストーリーモードでも言える事だが、パスワード解析ツールで分かる主要7能力(先長瞬持底自加)以外の項目も
できるだけ優秀な、レース条件に合った、良い値のチョコボを選ぶとよい。

現項目「ダート適正(1段階ごとに長瞬持自加+1)」「得意回り(長瞬持自加+5)」「得意気温(長瞬持自加+5)」「お祭り好き(+1ごとに長加+1)」「4-2気性(長加+18)」「スロット(長瞬持自加+2)」
旧項目「ウマさ(お祭り好き+スロット+左回り得意)」といった感じで、主要7能力(先長瞬持底自加)以外の項目も影響が大きく
大会ではこの部分の差で勝敗が決まる事も多いので注意するべし。各項目のタイム換算での影響度は解析項目の検証を参照のこと。


A3制限エキシビション

A3制限エキシビションでは、出場チョコボ達のA3がほぼ同値に集まるので
A3内での能力配分と、価格制限と違って無制限に上げる事が可能な自在性・長距離の高さが重要になります。

能力配分のタイプ分け。括弧内の数字は(先 瞬 加)とする。

  • 先型 :先行力が最も高い配分。(120 90 90)等。
  • 先瞬型 :先行力と瞬発力が高い配分。(170 160 120)等。
  • 先加型 :先行力と加速力が高い配分。(165 130 155)等。
この3つのような先行逃げ切りタイプは、道中のロスを受けにくく、タイムが安定するタイプです。
高い先行力を生かし、スタートダッシュで先頭もしくはその付近に位置取る事が重要になるので、同時に高い自在性を必要とします。
他のタイプに比べ道中の位置取りが得意なので、基本的に位置取りの影響が大きい長距離戦や、道中が混雑する多数戦に強いです。
尚、同タイプ内で強さを比較すると、大体 先型≧先瞬型>先加型 になります。

  • 瞬型 :瞬発力が最も高い配分。(100 150 110)等。
  • 加型 :加速力が最も高い配分。(135 145 170)等。
  • 瞬加型 :瞬発力と加速力が高い配分。(100 145 145)等。
この3つのような末脚を重視するタイプは、道中でのロスが少なければ最もタイムが速くなるタイプです。
そのため、基本的に位置取りの影響が少ない短距離戦や、大外を回る危険性の低い少数戦に強いです。
道中をロス無く進む事ができれば、長距離戦や多数戦でも強さを発揮します。
尚、同タイプ内で強さを比較すると、大体 瞬型≧瞬加型>加型 になります。

  • バランス型 :先行力と瞬発力と加速力が同程度の配分。(120 120 120)等。
A3能力のバランスがいいタイプは、短距離でも長距離でも少数でも多数でもそこそこ強いタイプです。
複数条件の連続レースなどで安定した成績を残す事ができます。

あくまでもこのタイプ分けは 「A3以外の能力が同じ場合どんな違いが出るか」 なので
自在性や長距離、そのほかの項目次第でレースの展開と結果はかなり変わります。

A3制限エキシビションのみで使えるTips
  • 成長を抑制する事によるA3調整
例えばA3制限100以下用のチョコボを生産中に、A3配分やA3以外の能力はいいのに
全能力最大値まで訓練するとA3:104になってしまうチョコボが産まれた。
そういった時に、訓練量を調節してA3が100以下になるよう調整する事。

例の場合は、自然成長を考慮した上でダート併走強めx18・芝単走強めx1・坂路x14を行えば
パスワード解析ツールで分かる最大値から、瞬-6・底-39・自-6・加-6になり、A3:100にする事ができる。
底力も最大値まで伸ばしたい場合はダート併走強めをさらに20回増やしてください。

訓練によるA3調整は、A3制限エキシビションでよくある「A3が低い方から内枠」にも利用できる。
例えばA3制限100以下のレースでは、意図的にA3:99やA3:98に調節する事で内枠スタートを狙ったりできる。

それぞれのチョコボの最大値にあわせて、具体的にどの程度訓練量を減らせば
目的のA3にする事ができるかは訓練効果表を見れば分かると思います。


価格制限エキシビション

価格制限エキシビションで最も重要な事は、 とにかくA3を高くしつつHPを含むそれ以外の能力値を低くしてA2≒評価額を抑える事。
その結果として通称「極悪羽」と呼ばれる極悪定数が高い、評価額に比べて強いチョコボを作る事です。

その他に高い先行力を殺さないために、A3ほどではないですが自在性も高くする必要があります。
そして価格制限エキシビションでも、A3制限エキシビションほどでは無いですがA3配分も重要です。

価格制限エキシビション向けのチョコボ作りでは
A3以外の能力が灰字、もしくは赤字の血統効果で埋められた血統で主な配合理論の様な永久配合を行えば
全青血統を用いた場合と比べ、多少産み分けは楽になると思われる。


羽色制限エキシビション

羽色制限エキシビションでは、その制限色によって難易度が変わります。

簡易的な対応方法としては、羽色の遺伝法則に基づき、今牧場にいるチョコボを使って
自家繁殖牝羽×初期種牡羽もしくは自家種牡羽×セール繁殖牝羽の配合で羽色を変える方法があります。
しかし、簡易的な配合ではどうしても両親に比べ全体的に能力は低くなってしまいます。

本格的に作る場合、制限色が黄 の場合は
両親の(羽色・潜色)を全て同じにすれば仔羽の羽色も全て同じになるので、新規に配合ラインを作るだけで対応できます。
  • 例:青(青・青)×青(青・青)=青(青・青)

制限色が紫 の場合は、単色のラインを2本作って最後に合わせる方法(例1)と
通常の配合を続けながら、紫×紫、灰×灰を維持し続ける方法(例2)があります。
  • 例1:赤(赤・赤)×青(青・青)=紫(赤・青)
  • 例2:紫(赤・青)×紫(赤・青)=赤(赤・赤):紫(赤・青):青(青・青)から紫を選択して繰り返す。

制限色が金 の場合は、金が最劣性遺伝子である事と(金・金)は強制的に(黄・金)に置換される事。
つまり、生まれた仔羽にあらかじめ用意しておいた金遺伝子を持つ羽と何回かカップリングをさせて黄色の羽が生まれれば
潜在色に金を受け継いでいることが分かる事(元々黄色遺伝子があった場合は例外)を利用して代重ねをすると効率がいいです。
  • 具体的な実践パターン1
代重ねの段階で黄遺伝子が混ざるとそれ以降の確認が難しくなるため
代重ねは常に(黄以外・金)×(黄以外・黄以外)もしくは(黄以外・金)×(黄以外・金)を維持するようにする。
結果として代重ねの産み分け効率は大体1/2に、締めの1羽のみ1/200になる。
  • 具体的な実践パターン2
ティラミスが(青・金)=青羽なのと、赤羽は(赤・赤)(赤・黄)、青羽は(青・青)(青・黄)なので、下記のように赤羽、青羽を交互に選択し金遺伝子を残す。
[1代目] ティラミス(青・金)× 赤羽牝(赤・?)⇒ (青・赤)(青・?)(赤・金)(?・金)から、赤羽(赤・金)を選択
[2代目] 1代目(赤・金)× 青羽(青・?)⇒ (赤・青)(赤・?)(青・金)(?・金)から、青羽(青・金)を選択
[3代目] 2代目(青・金)× 赤羽(赤・?)⇒1代目の選択と同じく赤羽(赤・金)を選択
[以降]  青羽、赤羽を交互に選択
(青・黄)または(赤・黄)をカップリングした場合、黄羽(黄・金)も生まれるが、(黄・金)を選択すると次の仔に受け継がれたのが、黄なのか、金なのか分からないため選択しない。


無制限エキシビション

無制限エキシビションについてはわざわざ説明する必要はないでしょう。
普段の制限戦では出せないような、おのおのの牧場で一番強いチョコボ達を見せ合うお祭りのような物なので全力で楽しみましょう。

いわゆる最強羽を目指す場合は主な配合理論その他の配合理論配合効果一覧青字の受け継ぎ方小技・裏技・Tipsなどなど
チョコボスタリオンに関する知識を総動員する事が必要になります。

最強羽配合理論としては、
主な配合理論をベースにギャンブル配合を取り入れたもの」
ギャンブル配合トーナメント配合を組み合わせたもの」
主な配合理論からギャンブル配合トーナメント配合に移行するもの」
といった様なものが多いですが、独自の配合理論を用いる人もいるようです。



当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -

合計 -


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|