.NET > WinUSB


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WinUSBはマイクロソフトが正式にサポートしたWindows上で稼働するUSBドライバ開発機構です。
WindowsXP SP2/WindowsVista以降のWindowsではデフォルトでWinUSBで稼働するデバイスドライバが搭載されています

WinUSBがサポートするUSB機能

コントロール転送
バルク転送
インタラプト転送
アイソクロナス転送 不可
選択サスペンド
リモートウェイクアップ
複合デバイスへの応用
ショートパケット送信 Bulk-OUT PipeをWinUSB_SetPipePolicy()で
SHORT_PACKET_TERMINATE=TRUEと設定
ショートパケット受信 Bulk-IN PipeをWinUSB_SetPipePolicy()で
IGNORE_SHORT_PACKETS=FALSEと設定
共有I/O (デバイス1つを複数プロセスからのアクセス) 不可

.NETからWinUSBを使う

DLLをインポートして使う方法か、WINUSB.NETライブラリを使用する方法があります。

WinUSB.NETはMITライセンスにて開発・公開中です。

参考サイト

読んでいる本


Effective C#

QLOOKアクセス解析

ここを編集