( ^ω^)魔法武器のようです 第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花が咲きだしサクラの実が色づき始めた春
ブーンの街にある”噂”が街に広がった


(;'A`) 「おい!ブーン!!聞いたか?」

( ^ω^) 「なにがだお?」

(;'A`) 「VIP軍が新兵を募集しているらしい!!早く広場へ行くぞ!!!」

ブーンやドクオの住んでいるところは街より少しはずれている
街までは少し遠い
ブーンとドクオは急いだ
うれしいような寂しいようないろんな感情が混ざり合っている
広場にはもうVIPの兵がいた

(/・Д・/) 「今から新兵を募集する!この”ゲート”をくぐりぬけてくれ」

( ^ω^) (ゲート?)

すると、1人の若者が大声で聞いた

「ゲートに何の意味があるんですか?」

(/・Д・/) 「このゲートには、魔力の持つ人間と持たない人間が区別される・・・
       まあ安心しろこの程度の魔力ならみんな持ってるはずだ」

案の定脱落者はいなかった
次はブーンとドクオの番だ

(;^ω^) (ついに来たお!!)

ドクオはくぐりぬけた

(/・Д・/) 「合格だ!!」

ブーンは緊張した表情でゲートを通る
また、ブーンもゲートをくぐりぬけた
ドクンドクンと心臓の音が直に聞こえる
それほど緊張しているのだろう

(/・Д・/) 「合格!」

その報告を聞いた瞬間
ブーンの周りの街の風景が真っ白からまた、色鮮やかな風景に戻っている
だが、その風景も目がかすんで見えない

( ;ω;) 「やったおおおおおおお!!!」

('∀`) 「やったな!!!」

(/・Д・/) 「ふぅ!これで全員終わりか!!・・・よく聞け!!明日の午前7時にはこの広場に集まるように!!」

話が終わると
ブーンとドクオは大急ぎで帰った
だが、ブーンの心には新たな感情が芽生えた
かーちゃんは大丈夫か
まだ、行かなくてもいいんじゃないか
いろんな感情が混ざり合う
そして、ドクオと別れる

('A`) 「ブーンまた明日」

( ^ω^) 「また明日だお」

ブーンは家に戻った
だが母親にはそのことは話せないでいた

( ^ω^) 「・・・。」

J( 'ー`)し 「ブーンどうしたんだい?」

母親は知っていた
ブーンが新兵になることも
明日お別れになることも

J( 'ー`)し 「今日、試験受かったんだろ、明日早いからもう寝なさい」

(;^ω^) 「なんで知ってるのかお?」

J( 'ー`)し 「ブーンのことは何でも知ってるよ・・」

( ^ω^) 「だ・だって家のこともあるしブーンはやっぱり残るお」

J( 'ー`)し 「ブーンがいいならそれでもいいわよ!」

(;^ω^) 「え!?」

J( 'ー`)し 「でもね、あとから後悔するぐらいならカーチャンのこと忘れなさい
      私はブーンがいなきゃ生きていけないようなへなちょこじゃないよ
      死んだトーチャンのようになるんだろ?だからこんなところでへこたれるんじゃないわよ!!」

母親は言った
ブーンの目はかすんで目の前の母親の顔すら見れない

( ;ω;) 「おおーん」

そして、1つの夜が過ぎた

( ^ω^) 「じゃあカーチャンいってくるお」

J( 'ー`)し 「いってらっしゃい!!」

母親は元気に送り出したがどこかさみしいようだった
そして、ブーンの門出を祝うような雲ひとつない晴天
ブーンは、走った左右の風景がすがすがしい

そして城についた
そこには見覚えのある姿がある

('A`) 「おおっ来たか!!」

どうやらドクオはまっていたらしい
それにしても立派な城だな~と関心をしているブーンがいた

(;^ω^) 「遅れてないおね?」

('A`) 「ああ」

ドクオがはっきりといった
しかし、新兵の人数が多い
見渡す限り人がゴミのように並んでいる
でも、それよりでかい城があった、この人数でもまだ大分空くといったところだ

だが、残念ながらこの豪華な城で寝泊まりするわけではない
新兵には新兵の寮があるのだ

(/・Д・/) 「並べ!!いまから寮に行くそこから今日は自由行動だ!!
       だからと言って街で遊びすぎるな!鍛練は怠るなよ!!」

と、昨日見たあの兵が言う
階級は...伍長といったところか

そしてブーンたちは寮についた
豪華というわけではないが、そんなに貧層でもない
外見は、普通...といったといころか

(;'A`) 「...あ!!」

ドクオが何かに気付いた

( ^ω^) 「お?」

(;'A`) 「魔法武器を支給されるんだ!早く取りに行かないと!!」

そんなあわただしくしているブーンのことを話している人がいた

コンコン 

とある部屋にあの伍長がやってきた

(/・Д・/) 「失礼します」

( ・`ー・´) 「ああ、伍長か」

と、何物かは答える

(/・Д・/) 「ハイ!覚えててくださって恐縮です...」

どうやら伍長より目上の人らしい

( ・`ー・´) 「おもしろい奴はいたか?」


(/・Д・/) 「はい、特に目立った輩はいませんね...強いて言うなら」

( ・`ー・´) 「なんだ、いるのか」

(/・Д・/) 「このブーン=ホライズン...魔力がすごく低いです
       ひょっとしたら戦ではすぐ殺されるかもしれません」

( ・`ー・´) 「なんだ...まぁ放っておいたら努力でもするだろう」

責任感がまったく感じられない言葉を放った
この男の正体が明かされないうちに話は終わった

(;^ω^) 「ドクオはどこだお?」

ブーンの目の前には寮や食糧庫などがある

( ^ω^) 「それにしてもこの城でかいお!」

( ^ω^) 「ん?なにかあるお」

ブーンの足元には扉のようなものがあった

(;^ω^) 「?入ってみるかお」

地下部屋のようだ
案外明るい
ブーンは気配に気付いた
誰かいる

(;^ω^) 「だれだ!?」

( ´_ゝ`) 「貴様こそ!?」

(;^ω^) 「ぼ.僕はブーン=ホライゾンですお」

( ´_ゝ`) 「新兵か?」

( ^ω^) 「はいですお...であなたは?」

(´<_`  ) 「あなたたちと呼んでもらおうか!!」

同じ顔が隣の部屋から出てきた

(;^ω^) 「同じ顔だお!!」

驚きを隠せないブーン
それもそのはずだ同じ顔の人が目の前に二人いるのだ

( ´_ゝ`) 「俺はアニジャでこいつは(´<_`  ) 「オトジャだ!!」


( ´_ゝ`) 「俺たちはここで魔法武器を作っている」

(´<_`  ) 「この魔法石でな!!」

( ^ω^) 「魔法石?」

ブーンがそういうとオトジャはブーンに光る石を渡した

(´<_`  ) 「お前が持っているその石だ」

( ´_ゝ`) 「この石から魔法武器を作る、新兵に支給されているのもそうだが
        あれは、城が大量生産したものだ」

(´<_`  ) 「本来、我らは少尉以上のクラスの武器しか作らない」

( ´_ゝ`) 「お前は何かの素質を持っているように見える
        だから今回は特別に武器を作ってやろう!!」

( ^ω^) 「ほんとですかお!?」

( ´_ゝ`) 「ああ、ただしこのことは誰にも言うな!言うのなら
        信頼できる奴にいえ」

(´<_`  ) 「あと1時間ぐらいすれば出来上がる!どこかで時間をつぶしておいてくれ」

そしてブーンは街へと向かった

街は思った以上に広い
そしてブーンの街とは比べ物にならないくらい圧倒的な店の多さ
すごく活気づいている

( ^ω^) 「何を見ようかお?」

この街に来たばかりなので右も左もわからない
すべてが未知だった

そして何をしていいかわからないうちに1時間がたった

( ^ω^) 「...早いお」

そうしてブーンは地下に向かった

( ´_ゝ`) 「できたぞ!ブーン」

( ^ω^) 「ありがとうございますお!!アニジャさんオトジャさん!!」

(´<_`  ) 「じゃあもう暗いから帰りな!」

( ^ω^) 「さよならですお!!」

そうして冷たい夜風を受けながらブーンは寮に帰って行った

1話 「新兵」 終わり  ~to be continued

戻る            次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。