※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梓(今日も暑いなぁ)テクテク


夏期講習の後、私は、暑さに負けそうになりながらも家路を急いでいた。


梓(昨日、憂と純と行ったプール、楽しかったな)テクテク

梓(今度は澪先輩と行きたいな)テクテク

梓(あれ?あの後姿は?)

梓「澪先輩!」

澪「!?」クルリ

澪「誰?」

梓「澪せんぱぁい!私ですよぉ!」ウルウル

澪「ふふふ、冗談だよ」

澪「私が梓を分からないなんてあるわけないじゃないか」

梓「澪先輩酷いです!」プンプン

澪「ははは、そんなに怒らないでくれよ」

梓「…………」ツーン




澪「日焼けした梓もかわいいよ」

梓「…………」ツーン

澪「ほら、アイスでもおごるから、機嫌直して」

梓「……唯先輩じゃないんですから、そんなので騙されません」ツーン

澪「ごめん」

梓「……私……ショックだったんですよ」

澪「……ほんとにごめん……梓の言うこと何でも聞いてあげるから機嫌直して」

梓「ほんとですか?」

澪「うん、私にできることなら」

梓「……じゃぁ」

澪「なに?」

梓「……ぎゅってしてください」///

澪「ここで!?」




梓「だめですか?」

澪「だ、だって道の真ん中だし……ほら、そんなことしたら暑いだろ?」

梓「……じゃぁいいです」ツーン

澪「あ、あぁ分かった!言うこと聞くから」

梓「ほんとですか?」

澪「うん、その代わり、ここじゃなくって、私の家で……じゃ、だめ?」

梓「はい!それならオッケーです」


それから私たちは澪先輩の家に行きました。
そこで澪先輩はいっぱいぎゅってしてくれました。
その時、水着の後を笑われて、またすねてしまった話は、別の機会に。