※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガチャ
授業を終え澪が部室に入るとソファーで居眠りしている梓がいた。
「気持ちよさそうに寝てるなw」
「んんっ……」
可愛い寝顔を眺めていると、不意に梓が澪の方に寝返りをうつ。
(うわ……可愛い)
急に近くなった梓の顔に澪の胸は高鳴る。
ピンク色の唇が澪の理性を壊す。クークーと言う吐息が聞こえ、頭がくらくらする。
(ちょっとだけ・・・・)

「・・・・ちゅっ」
澪は梓の柔らかい唇にそっとキスをした。目を閉じて梓だけを感じる。
(梓ごめん……)
心の中で何度も謝った。

唇を離し目を開けると梓と目が合う。
「あっ、梓!?」
「寝てる隙に唇奪わないで下さいよもー。」
パクパクと口を動かし澪は呆然としている。
突然のことにどうして良いかわからない。

「こ、これは違うんだ。あの、その///」
「お詫びに私からもキスさせて下さい。」
「へ?」
「良いですよね?」

梓が笑みを浮かべてにじり寄ってくる。
ソファーの上に腰掛けている澪の肩をつかみ、口付ける。
そのまま、澪をソファーの上へと押し倒す。
「…んっ」




梓「って感じに、フヘヘw・・・おっと鼻血が」(ふきふき)
梓「さて上記の展開を期待してソファーで寝たふりでもしますか」