※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「おはよ~みんな~」
律「おっす!」
澪「おはよう唯」
紬「おはよう唯ちゃん♪」
唯「いやぁ今日も遅刻しちゃったよ~」
和「おはよう。て、唯。もう朝のHR終わっちゃったわよ」
唯「いやぁ最近目覚めが悪いというか何というか・・・」
律「寝坊だろ。本当唯はマイペースだなぁ」
唯「な!りっちゃんほどじゃないよ!!」
律「なにを~このこの!!」キャッキャッ
唯「うぅ~りっちゃんにやられるぅぅぅ」
和「そういえば唯、今日の数学の宿題できたの?」
唯「あ・・・忘れてた~」
律「おいおい、今日の数学の宿題超難しいぞ~。ま、私はできたけどな!!」
澪(私の家に来て答え丸写ししたくせに・・・)
唯「本当!!写させて!!お願いりっちゃん!!」
和「こらっ!唯。自分の力でどうにかしなさい!」
唯「えぇ↓」
和「どうせ律も答えわかるだけで教えられないんでしょ?」
律「う・・・さすが和、鋭い・・・」
和「いいわ。数学は5時間目だから。それまでに私が教えてあげる」
唯「本当~~!さすが和ちゃん!」
紬「ふふっ。本当唯ちゃんってマイペースで悩みとかなさそうね♪」
澪「そうだな」


そういうところがうらやましい・・・




~部室~


ちゃらちゃらちゃっちゃっちゃらっちゃらっちゃ♪



澪「ふぅ~今日はここまでにしよう」
唯「終わったーーあーーーずにゃーーん!!」
梓「わ!急に抱きつかないでくださいよ!」

そういえば私、梓とあまりスキンシップしてないよな
本当はもっとしたいんだけど、何ていうか・・・
私のキャラにあわないし・・・
本当、唯がうらやましい

律「よーし!今日はみんなで澪の家に行くぞ!」
澪「え!?」
唯「賛成~^^」
紬「澪ちゃんの家でご飯食べましょう♪」
梓「い・・・異論はないですけど、澪先輩は大丈夫なんですか?」
澪「べ・・・別にいいけど・・・急にどうして?」
律「一昨日は唯の家、昨日は私の家で遊んだだろ?じゃあ次は澪の家!」
澪「な、次は私なのか・・・まぁ今日は親も遅いし、いいよ」
唯「わ~い♪♪澪ちゃんのおうち♪」




~澪の家~


澪「よし、できた」

澪「みんなー。ごはんできたよー」
律「おぉ、澪のカレーか!」
唯「んんおいしい♪」
紬「本当、おいしいわ♪」
梓「ほっぺたがおちそうです・・・」
澪「みんな、ありがとう」
唯「澪ちゃんって本当万能だよね~」
澪「え?」
唯「澪ちゃんってさ~、勉強もできるし、スポーツ万能で裁縫も得意だし、料理もできるし・・・」
律「プロポーションもいいしな」
ゴツッ!
律「あいて!!」
澪「ふ、不謹慎なこと言うな!!」
唯「本当、澪ちゃんみたいになりたいなぁ・・・」
澪「唯・・・」

逆だよ、唯。私が唯みたいになりたいよ




~唯の家~

唯「ただいま、憂♪」
憂「おかえりお姉ちゃん♪お風呂わいてるよ」
唯「わーい♪」

唯「ふぅぅ。いいお湯でした!!」
憂「ありがとう♪お姉ちゃんもう寝る?」
唯「そうだね~、今日はいっぱい練習したから疲れちゃった」
憂「それじゃ、おやすみ。お姉ちゃん」
唯「おやすみ~」


今日の澪ちゃんの料理、おいしかったなぁ・・・
澪ちゃんって本当なんでもできる
ドジだし運動音痴だし、私とは正反対
よーし、明日から澪ちゃんみたいになるぞー



澪の家~

澪母「おかえり、澪・・・もう寝てるのかしら」


唯はあんなこと言ってたけど
唯みたいな明るくて、誰とでも仲良くできる
とっても優しい・・・
唯はわたしの目標
私も唯みたいに「あずにゃーん」って梓に・・・
な!何考えてるんだ私は!
とりあえずもう寝よう、明日から唯みたいにもっと明るくやっていこう!




唯と澪が眠りに落ちたとき・・・

キラリーーーーン

流れ星が流れた