※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梓「私、澪先輩がいないと駄目なんです…」

澪「梓…」

梓「卒業しないで下さいよ…」

澪「そういう事、言わないで…!」

澪の頬から涙がこぼれ落ちる

梓「澪先輩?」

澪「…ぐすっ…ご、ごめんね梓…」

澪「私だって梓と離れるのが辛くて…」

澪「でもそれはっ…仕方のない事で…」

梓「澪先輩…」

澪「私は、梓が好きだからっ…」ポロポロ

梓「澪先輩っ……!」

ギュッ

澪「梓…?!」 グスッ

梓「辛い思いさせてごめんなさい、澪先輩…」

澪「梓っ…」 ギュッ

梓「私だって…澪先輩がいないのは辛いんです…」

梓「澪先輩、顔上げて下さい…」

澪「梓…?」 グスッ

チュッ

梓は澪の唇に優しく口づけした

梓「大好きです、澪先輩」

梓「ずっとずっと私のそばにいて下さいね」

ギュッ