※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「澪先輩・・・ギュってしていいですか?」
「え・・・?」

私のいきなりのお願いに澪先輩が驚いた顔をする。
ドキドキと、胸を締め付ける様な期待と不安が入り混じる感覚の中・・・先輩の答えを待つ。

「・・・だめ。」

澪先輩の顔が真面目な表情に変わる。

「そうですか・・・」

あっさりと断られちゃったな・・・いきなりだったから仕方ないとはいえ、澪先輩の答えに私はつい俯いてしまう。
私の願いは、叶わないかな・・・。

―ギュッ

      • と、私を包む暖かな感触。

「・・・え?」

私は先輩の腕の中に抱きしめられていた。断られたはずなのにどうして・・・!?

「み、澪先輩!?」

私は驚きながら、咄嗟に顔を上げる。

「・・・だめ。ギュッとするなら、私から梓をギュッて抱きしめたいから。」

そう言いながら澪先輩はさっきの真面目な表情とは違い、にっこりと微笑みながら私を優しく抱きしめてくれる。
私の願いは一つだけ、それは澪先輩がそばに一緒にいてくれるだけ・・・。

「ずっと・・・一緒にいて下さいね、澪先輩。」
「ああ、もちろん。私はずっと梓と一緒にいるよ。」

(FIN)