ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 赤羽沙織


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:hotaru


 簡易な設定
切りそろえられた黒髪のボブヘアー、ノンフレーム眼鏡をかけた理知的な外見の割に口の悪いGPO隊員
街の復興を第一に考え、その邪魔となるものを嫌悪している

【基本情報】
名前:赤羽 沙織(アカバ サオリ) コードネーム:赤銅羽(ブロンズフェザー)
年齢:  22歳  性別:女  星座:乙女
身長:154 体重:48 血液型:AB
ワークス:GPO隊員A カヴァー:GPO隊員
ブリード:クロス シンドローム:ハヌマーン・ノイマン

【能力値】
肉体:2 白兵6Lv 回避1Lv
感覚:1 Lv 
精神:4 意志1Lv
社会:2 調達1Lv 情報:GPO1Lv 情報:ビジネス1Lv

【ライフパス】
出自:貧乏
経験:内部抗争
邂逅:現実
覚醒:感染(侵蝕値:14)
衝動:憎悪(侵蝕値:18)
基本侵蝕値:34(取得エフェクトによる修正適応済み)

HP:26
行動値:6
戦闘移動:11
全力移動:22

常備化ポイント:26
財産ポイント:0

【ロイス】
達人 P: N: コンバットシステムを指定
同僚:蓮見咲 P:連帯感 ○N:隔意
現実:魔街 P:尽力 ○N:憤懣

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセ:ノイマン 2 メジャー シンドローム - - - 2
02 一閃 1 メジャー 白兵 対決 - 武器 2 全力移動攻撃
03 獅子奮迅 2 メジャー 白兵 対決 範囲(選択) 武器 4 対象を範囲(選択に)にシナリオLv回
04 コンバットシステム 3 メジャー・リアクション 白兵 対決 - - 5 判定ダイス(Lv+1)+2 
05 エクスマキナ 3 メジャー・リアクション 白兵 対決 - - 4 リミット 達成値+10シナリオLv回
06 切り払い 1 リアクション 白兵 対決 自身 至近 1 ドッジを行う
07 反撃の旋風 3 オート 8 アージ120% (Lv×20)までのダメージ反射 シナリオ1回
08 ブラックマーケット 2 常時 - - - 基本浸食値2 (Lv×10)常備化ポイントを得る
イージーエフェクト
軽功

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
ショックバトン×4 白兵 白兵 0 3 1 至近 5 HPダメージで対象に放心 シーン1回




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
ウェポンケース×4 その他 1 携行型ショックバトン充電器
思い出の一品 その他 2

【コンボ】

【設定等】
【震夜】この街を襲った未曾有の大災害
それまでの常識が覆され【世界の真実】その一部があふれ出した夜、私はオーヴァードとなり
日常が非日常へ、非常識が常識へと街は変貌してしまった
それでも私は信じていた、というよりも疑っていなかった
この街、幾多の災害が降りかかろうとも決して滅びず復興をしてきた日本という国にあるこの街が
復興を果たしてもとのように、あるいはそれ以上に再生するということを

だというのに震夜から約十年、街はもとようにどころか満足な復興さえも行えておらず、魔街などと呼ばれる始末
それもこれもアザーズの馬鹿どもが司政局に逆らって好き勝手やってることがそもそもの原因だ
当局に逆らうアザーズのせいで治安が悪化、それに乗じて外部から犯罪者どもが流入し治安がさらに悪化するという負のスパイラル
犯罪者どもはまずもって馬鹿だし、それでもアザーズを続けるほかのやつらも馬鹿ばかりだ、本当に嫌になる

考えなしに力を使って破壊をまき散らしやがって馬鹿どもが、その一挙手一投足が有害で復興を遅らせてると理解してるんだろうか?
してないんだろうな、さすが馬鹿だ。なら私のやることは一ついつも通りに仕事をこなすだけだ

「動くなよ馬鹿ども、GPOのご到着だ!これ以上馬鹿を晒したくなかったら大人しく私に捕まりな」

震夜以前から街にくらす女性、現在はGPO隊員として街の復興を第一に考えており
戦闘においては無用な被害が出ないように意識して戦っている
主武装はショックバトン、使用可能時間が短いため常に複数本の予備と鞘型の携帯充電器を携行している
コードネームは本名と軽やかな白兵戦ぶりと使用武器のショックバトンの銅の色が合わさったもの
射撃武器を用いないのは流れ弾による被害を出さないため
敵の攻撃はすべて叩き落として流れ弾をださないという徹底ぶり