レネースOP


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物・用語紹介
レネース…………人里離れた小さな社で、ひっそりと隠れ住むように暮らしている女性。過去にした過ちが原因らしい(詳細未定)
センダイン公……大国の王様。
マリー……………記憶を失ったと語る天真爛漫な少女。記憶を失っているにも関わらず、明るく振舞い、レネースを島から強引に連れ出す。
        設定では、時の彼方に追放されたカイエンの想い人イリーナが、奇跡的に帰還し、記憶を失った状態で舞い戻った。
        このシナリオを採用するのなら、マリーはおそらく主人公ではなくサブメンバーに格下げ。


一人、離れ島で、ひっそりと暮らすレネース。
ある日浜辺を散歩していると、人が流れ着いていることに気づく。

その人物は大国センダインの王様で、神様の怒りに触れ、船が転覆されたという。
まだ完全に回復していないにも関わらず、センダイン公は強い意志で、国に帰らねばならない、と語る。
彼の意思を汲み、センダイン公を送り出すレネース。
センダイン公の強い意志に、自分もそんな意思をもてたら、と心のうちで思う。

センダイン公を見送った帰り道、今度は、別の女性が流れ着いていることに気がつく。
どちらかといえば口数の少ないセンダイン公と違い、今度助けた少女は、明るくやかましい少女だった。
聞いてもいないのに記憶がないこと、あてもなく旅をしていることを教えてくれた。
名前はマリーというのだという。といっても、名前も覚えてないので仮の名前だとのこと。

彼女は陸に帰る手段をレネースにたずねる。小さな小船がある、とレネースが教えると、強引にレネースも連れて行ってしまう。
彼女によると、レネースがさびしそうだったから、だったらしい。


Comment
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。