フリーシナリオ案1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フリーシナリオ案その1


  • このシナリオに出てくる 種子銀行 はこんな施設です。
施設は今後さまざまに予想される大規模で深刻な気候変動や自然災害、
(植物の)病気の蔓延、核戦争等に備えて農作物種の絶滅を防ぐとともに、
世界各地での地域的絶滅があった際には栽培再開の機会を提供することを目的としている。


以下シナリオ案

場所:ある北国の村
イベント開始条件:主人公らが初めてその村を訪れる。



村を訪れるといやに静か、元気な人があまりいないよう。
  ↓
村の人々から情報収集をするとどうやら死に至る疫病が流行している。
  ↓
それに聞く薬はある植物からしか作れないという。
  ↓
しかしその植物は採集されつくし今は数粒しか残っていないので、
罹患した多くの人は死を待つばかり。
もっと話を聞くと、以前にもこの疫病がはやったことがあり、
その時には村の“北のある場所”からその病に聞く植物の種を持ってこれたという。
それを栽培していたのだがそれが間に合わなくなったという。


北のある場所 というのは 種子銀行 のこと。
この 種子銀行新人類 たちによって保護されている。
その 種子銀行 の最深部に至るまでの通路(洞窟)に 新人類
新生物 を送りこんだので普通の人は最深部まで行けない。
  ↓
主人公らはとりあえず村の北の 種子銀行 がある洞窟に行くことにする。
その種子が保存されている最深部までがダンジョンになっています。
中にはキノコや植物や無機物的な 新生物 がいて主人公らの行く手を阻みます。
  ↓ 
最深部に到達する。


ここから主人公によって微妙に展開が異なります。

  • 主人公(男) の場合
シエラがいるのであっさりその種子を入手できる。
彼女は 新人類 のクローンだからこの 種子銀行 を利用する権限がある。
  ↓
異常に気付いた 新人類 の1人が洞窟の出口に来る。 
  ↓
新人類 の1人が連れてきた 新生物 と戦闘、勝利。
新人類 と少し会話がある。
  ↓
種子を持ち帰る。
  ↓
疫病がおさまる。
  ↓
イベント終わり



  • 主人公(女) の場合
シエラがいないのですんなり種を入手できない。
最深部にボスが待ち構えていて、それが種子の持ち去りを拒んでいる。
このボスはロボットで倒すと種子を入手できる。
ロボットといっても外観はロボットに見えないという設定なので
新たにグラを描いていただく必要はありません。
主人公たちにもロボットという概念はありません。
  ↓
ボス戦に勝利し種子を手に入れる。
  ↓
種子を持ち帰る。
  ↓
疫病がおさまる。
  ↓
イベント終わり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。