銃に関して


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銃に関して

銃に関してシナリオ担当からの要望です。


  • 一部のレアアイテムを除いて、現存する実銃の名前は使わない。
 545さん原案の未来の地球という案は裏設定として残しておくつもりですが、
 明かすとしても終盤、それもプレイヤーがなんとなくわかる程度といった形です。
 なので極力控える。

  • 基本的に存在するのはハンドガンもしくはライフルなどの単射式。
  • サブマシンガンやアサルトライフルなどの連射式は出さない。
 ゲームバランス的にむずかしそうなので…
 武器ではなく銃スキルの一つとして、「どこからともなくマシンガンを取り出し乱射」
 みたいなのはあり。

  • 銃は他の武器より若干高価(店で買うとき)。
 といっても1~2割程度。
 優先度は低いです。銃は製造コストが高い~という設定を持ち出したいだけなので、
 無視してもらっても結構です。


以下、36が想定しているこの世界の銃事情。
(銃に関してそれほど詳しくないので識者が見たらつっこみどころ満載かも)

旧世界の文献・出土した銃本体から銃の構造解析は進んでおり、
ハンドガン程度の小型化に成功している。
マスケット銃や火縄銃の時代はほぼすっとばしている。
(セミオートは……あってもいいんじゃ?)

ただし鋳造技術や製鉄技術などは発展途上であり、
大量生産することはできず高コスト。
火薬の質も悪い。

以上の点から銃は上流階級の人間の護身用か、
一部の賞金稼ぎ、冒険者に利用されている程度にとどまっている。
手入れを怠るとすぐにジャムったり、暴発の危険性もあるため、
人気はそれほど高くはない。
(とはいえ、引き金を引くだけで人を殺せるだけの威力がある銃は、
鍛錬を必要とせず体格に劣った人間でも問題なく使えるため、
一部の人間には非常にもてはやされている)

軍隊にはそれほど配備されていない。
一部の部隊や仕官などに試験的に支給されているが、
全体としてはまだ弓や騎兵が盛ん。

これは銃の製造コストが高いこともあるが、
なによりもこの世界では、我々と比べて相対的に弓の価値が高いことにある。
この時代の人間は我々よりも身体能力が優れている。
そのため一人前の長弓兵を育てるコストは我々の時代よりも低く、
射程や威力にも優れている。
特に射程に関しての優位性は銃より大きく、
現時点では同じコストを支払って銃を揃えるよりも、
ある程度の錬度の長弓兵をそろえた方が効率的。

ただし鋳造技術の改良一つで立場が逆転しかねない関係のため、
よほど軍事に疎い国以外は、銃の開発・研究を裏で進めている。

なお、海戦では火薬式の大砲はポピュラーなものになっている。
船につめる人員、資材の量の限界から、
相手の船を航行不能にするのに最も適切な手段と言われている。

ちなみに、魔法は詠唱が必要な上、射程が銃よりも劣る。
発動時の火力こそ高いが、軍隊にはさほど注目されてはいない。
(もちろん未知の技術なので、どの国もある程度の研究はしている。
中には秘めた力を期待してやたらと金をかけて研究する国なんかもある)
といいつつ、海軍ではわりと盛ん。風を生み出して船の速度をあげたり、
接舷した敵船に火をつけたりと利用の幅が広い。

また、魔法はそのお手軽さと汎用性の高さから、
野盗などの犯罪者集団に利用されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。