カナン

  • ALL No.昇順



No.001~100

No. 内容
001 くしゅんっ!
002 きゃっ!
003 よかった…… 外に出たくても周りの様子が分からなくて困ってたの
004 え? そ それはその……
005 私は……アル ありがとう あなた とってもいい人ね
006 たいへん……
007 捕まるわけにはいかないの お願い!
008 もうっ ほんっとにしつこいんだから あの人たち
009 ちょっとね
010 女の子には 秘密がたくさんあるのよ
011 大好きよ 小さい頃から でもこんなんじゃゆっくり見られないね……
012 そっか…… じゃマルシェに行きましょう!
013 待ってエルザ 女の子には優しくするものよ!
014 うわあ いい匂い! とってもおいしそう!
015 くれるの? わー ありがとう!
016 おいしそう!これいただくわ
017 えっ? お代ってお金のことよね?
018 ごめんなさい…… だって お金がいるなんて知らなかったから……
019 うん だからどうしても一度見てみたくって……
020 え? ええ……迷惑?
021 なにそれ 馬鹿にしてるでしょ もう
022 なにかしら 揉め事みたい! 行ってみる!
023 あなたたち お金を持ってないの?
024 仮にも衛兵なら 少しくらいのお金は持ってるでしょう きちんとお代を払いなさい
025 エルザ!
026 ごめんなさい エルザ……
027 えへへ
028 それ……わたしが騒がしいってこと?
029 ど~だか?
030 うん だから すっごく楽しい!
031 ねえ そういえば エルザは何してる人なの?
032 待って 当ててみるね うーん……分かった!
033 旅の商人でしょ?
034 いろんなところを旅してる感じがするもの さっきもお休みだって 言ってたし
035 やった! ……でもいいなあ
036 私もこの島だけじゃなくて いろんなところに行ってみたい
037 そうなの……?
038 そっか…… そうかもしれないね
039 俺……たち?
040 ほんと!? 会ってみたい! 行きましょ!
041 え…… あ はい!!
042 いや!!
043 ええ こんな場所はじめて みんな陽気でいい人たちね
044 わあ! わたしって人気者?
045 かわいそうね…… エルザ なんとかならないのかしら?
046 わたしも行く!
047 ええ…… そうね エルザ ジャッカルさんマナミアさん お願いします
048 わたし……
049 セイレンさんのところで待ってるから ちゃんと帰ってきてね
050 セイレンとすっかり話し込んじゃった 旅するお仕事っていろいろあるのね
051 うん そうだね……
052 あの……最後に どうしても行っておきたい場所があるの
053 ええ! ありがとう エルザ!
054 街外れのほう 『星見の塔』っていうの
055 これは死んだ大地の光……
056 あの時 ここに母様が立ってて……
057 それから こっちで父様がわたしを肩車してくれた
058 ね こっちに来て
059 この塵がなければ 綺麗な景色を心から楽しめるのにね……
060 流星雨 って言うんですって そのときもこんな風にいっぱい星が流れてて 父様が教えてくれたの
061 なあに これ?
062 わあ……
063 ねぇ 私の守護星がどれだか分かる?
064 左の方にある女神像を見て
065 そうそう……
066 その女神像が指さしてる青い光の星の……
067 ううん その青い星から上に行ったところよ
068 そう そこよ双燕の星というらしいの
069 運命を大きく変える星…… 誰かの運命を変える星らしいの
070 そこよ
071 自分の運命も誰かの運命も変える可能性がある星らしいの
072 エルザの守護星はどこ?
073 あれは 誰にでも優しくてちょっと優柔不断な星ね
074 母様がよく歌ってたの 本当は歌詞もあったと思うんだけど……小さかったから そこまでは覚えてないの
075 ちょっと 痛いじゃない!
076 わぁ すごーい!
077 どうしたの エルザ?
078 んー? ほんとかなー?
079 ねえ エルザは 夢って ある?
080 うん 教えて?
081 笑わないってば 約束する
082 騎士……
083 どうして騎士なんかになりたいの?
084 じゃあエルザは耐えられる? 外に出ることも許されないような生活に
085 ……ね エルザ
086 わたしも一緒に連れてってくれない? このまま どこかに
087 ……なーんてね フフッ ドキッとしたでしょ
088 しっ
089 ついてきて
090 今日しかダメなの…… お願い――
091 なんだか色々思い出しちゃった
092 ねえ……
093 すみませんジル様 少し気分が……
094 エルザ……どうしてここに……
095 傭兵……
096 だいじょうぶ 誰も聞いてないわ この私が特別に許します
097 そんなにおかしかった?
098 もうっ! 妖怪はひどいんじゃない?
099 よくなんかない……よくなんか ないよ……
100 ごめんなさい でも私……

No.101~200

No. 内容
101 エルザ!
102 やめてください ジル様! その人は関係ありません!
103 違います! そんなんじゃ……!
104 あれは……グルグ族!
105 エルザ だいじょうぶ!? 今手当をするわ
106 アルガナンの末裔は 誰よりも魔法を操る術に長けている
107 グルグ族の襲撃なんて もう何十年もなかったのに
108 私も戦う
109 言ったでしょ? 魔法なら 誰にも負けない
110 うん
111 エルザどうするの?
112 じゃあ私も戦う
113 わたしだって魔法くらい使える それにここは私の家よグルグ族の好きにはさせないわ
114 うんっ!
115 私のことはご心配なく 今は一刻もはやくグルグ族を
116 下はダメね エルザ 上の階に行くわ こっちよ
117 少しエルザのこと見直しちゃった でも あたしだって戦えるわ
118 気をつけて 奥にもいるわ
119 どこに行くの? エルザ 敵は反対側よ
120 ちょっと 待って
121 じゃあ ちょっと待っててね
122 エルザ 待って!
123 少し待っててね このドレスじゃ戦いづらいの
124 行きましょう!
125 グルグ族!
126 準備できたわ
127 この扉の向こうが 渡り廊下よ
128 どこ行くの? エルザ 渡り廊下はそっちじゃないわよ
129 ええ!
130 ひどい 城をこんなにして…… ゆるせない
131 グルグ族!
132 この先の大広間をぬければ 外に出られるわ
133 エルザッ!!
134 あなたたちこそ逃げて! かなう相手じゃないわ!
135 !!
136 うそ……
137 エルザァァァァァァァァァァァ!!!!
138 エルザ!
139 わたしなら大丈夫 ほかに方法はないわ
140 いや! そんなのいや!
141 私もそれくらいの壁行けるんだから……って放してクォークっ!!
142 クォーク! どこ触ってんの!!
143 この人怪我を…… 任せて!
144 だいじょうぶ 誰もいない
145 ごめんなさい ごめんなさい
146 あなたたちの仲間が捕まってるの?
147 まだ向こうは気づいてない…… 私の魔法で……!
148 でも 仲間が捕まってるんでしょ? 急がないと何をされるか……
149 きゃあっ!
150 痛っ……
151 うん……ここはどこ?
152 大切にして どうなるの……?
153 好きでもない人と結婚させられて お城の中でただ歳を取っていくだけよ
154 これは……昨日の?
155 これは……あの夜の?
156 でも 大切な形見だって
157 でも……
158 エルザ……
159 そうね 私も あの日は夢みたいだった
160 わかった ありがとう エルザ……
161 えっ!? エルザっ!?
162 あの日に 世界中を旅してみたいって言ったの 覚えてる?
163 この船を奪えば それもできるね
164 え ええ……
165 あの足場を魔法で狙うのは どう?
166 ひどい こんなこと……
167 エルザ私の魔法を拡散して そうすれば針も防げるわ
168 あ あのっ……
169 私も連れていってもらえませんか?
170 じゃあ…… ありがとうございます!
171 大丈夫
172 ありがとう
173 ごめんね わがまま言っちゃって
174 そうね…… そういう気持ちがないって言ったらウソになるかな でも それより……
175 エルザと一緒に居ると 本当に生きてるって 気がするの
176 私はもう少しここにいるね 風が気持ちよくって
177 うん ありがとう エルザ
178 綺麗な海岸ね ルリ島にも昔はこういう場所があったんだろうなぁ
179 ねぇ 島の中へは行くの?
180 そっか うん そうだよね
181 あ エルザ 島の中に行くんだったら言ってほしかったな 私も行きたかった
182 お城から出ても結局お姫様扱いなのね エルザは
183 うそ ごめん こうして付いて行くことを許してくれただけで 十分
184 エルザやみんなのおかげで私の夢が叶ったんだもん 本当に嬉しいの
185 貴殿に褒美を与えよう なーんて言ったらいいのかしらね?
186 くふふ
187 エルザ 何をしてるの?
188 この本……お城にあったものね 見たことある
189 私たちのご先祖様だって 父様は言ってた
190 その印……ご先祖様のと同じ……?
191 エルザが持ってる鍵 どこの鍵かしらね?
192 敵の基地に攻め込むなんて まるで絵本の中の騎士様みたいね!
193 海って本当に広いのね どこまで続くのかしら ずっとお城にいたら こんな景色は見られなかったのかな
194 ねえ エルザはどうして傭兵になったの?
195 だけど……騎士になったら ずっとお城の中だよ? こんな景色を見ることだってできなくなっちゃう……
196 うん…… でも エルザたちに迷惑かけない わたしもわたしなりに……がんばってみる
197 いいの 今はこうしていられるだけで……
198 えぇ それにしてもここの水 なんだか温かいわね
199 詳しいのね ユーリス 尊敬しちゃう
200 グルグ族はよく平気でいられるわね

No.201~300

No. 内容
201 人間とグルグ族が共存していたなんて……信じられない
202 え?
203 すごい…… 島全体が基地だなんて……
204 ひどい……
205 ごめんなさい…… わたしのせいで……
206 ごめんなさい ごめんなさい……
207 きゃっ!
208 ごめんなさい…… あたしのせいで……
209 言いだしたのは私よ エルザは何も悪く無いわ
210 エルザ……
211 エルザ 怪我はない?
212 えぇ
213 うん エルザ ありがとう
214 あたしやっぱり迷惑だったのかな?
215 え……
216 うん
217 エルザ! こっちからもグルグ族が!
218 エルザ……っ
219 エルザ…… 私もう 力が入らない……
220 エルザ……
221 私 もう 力が……
222 私を置いて 先に行って――
223 ありがとう エルザ
224 ほんの少しの間だったけど エルザと一緒に居られて 本当に幸せだった
225 エルザと逢えただけでも これまで生きてきて 良かったと 思う
226 きゃ
227 ありがとう もう大丈夫
228 ルリ艦隊の砲撃!?
229 うん エルザ…… 守ってくれたんだね
230 ありがとう
231 きゃあ!
232 わかった! やってみる!
233 ね…… エルザ
234 いや もうなにこれ汚い! ベトベトする!
235 効いているわエルザ! その調子!
236 そんな 黙って行くなんて
237 なにかあったのかしら
238 エルザ
239 ごめん…… エルザの顔を見たら また辛くなりそうな気がして
240 エルザ……?
241 ちょっと エルザ どうするの!?
242 いいの エルザ……
243 エルザ!
244 違います! 叔父様 彼らはそんな……!
245 エルザ!
246 それは……
247 エルザ こっちへ
248 お礼なんて……
249 それより エルザは私をかばおうとして 本当のことを黙っていたんでしょ?
250 さっき 叔父様との話
251 ちょうど通りかかって聞こえてしまったの
252 お願い 叔父様の話は断って
253 だからよ
254 これまでにも 私を自由にしようと力を尽くしてくれた人たちは居たわ
255 でも みんな 叔父様やジルにはめられて ひどい目に合わされていった
256 私の為に たくさんの人が……
257 私はあなたから見れば世間知らずかもしれないけど 貴族社会のことはあなたよりも良く知ってるわ
258 ここは騎士道物語に描かれるようなキレイな世界じゃない
259 保身のためには人を陥れることも 殺すことも厭わないような人たちばかり
260 自由なんてどこにもない 醜い争いだけの世界よ
261 あなたにはそんなところに足を踏み入れてほしくないの……
262 イヤよ……
263 でも そのためにあなたまで巻き込みたくないの
264 エルザ……
265 うん でも きっとそれは無理よ…… 伯爵の野心には抗えない
266 わかった ねぇエルザ ごめん 一人にさせてもらってもいい?
267 ごめんなさい……私たち もう会わない方がいいと思うの
268 叔父様! こんなことはやめてください! 取り返しのつかないことになります!
269 今は会いたくないの……お願い
270 ごめんなさい 黙っていて
271 違うの 私が間違ってた
272 トリスタ様からあなたの話をいろいろ聞いたわ
273 私のことを本当に心配してくれていること
274 そして立派な騎士になろうと努力していること……
275 トリスタ様のおかげで あなたの本当の気持ちが分かったの
276 この紋章…… 見たことある
277 マナミアさんを探そう
278 マナミアさんを探そう
279 もう また捕まっちゃったわね
280 今度は見つからないように行きましょう
281 よし ここはもう安全ね
282 また一緒に衛兵から逃げ回ってるね
283 でも今度は城の中だもん 私が案内するね! ついてきて
284 あんなことがあったから……今は余計に……
285 でもだからこそ今は逃げて 真相を暴きましょ
286 えぇ マナミアさん いるといいわね
287 この扉 鍵がかかってる
288 ん~ 何ももってないわ
289 ん~……と あった!
290 ん~? なにかしら これ
291 エルザ 図書室はこの上よ
292 ふふっ エルザと一緒にいるときは いっつも誰かから逃げてるみたい
293 やっぱり……エルザと一緒にいるときがいちばん幸せみたい
294 でも……やっぱり 私と一緒にいるのは あなたにとって幸せなことじゃないと思う
295 きっとこれからも こんなひどい目に何度も会うかもしれない それでもいいの?
296 うん……信じてる
297 あの それで これはいったい?
298 禁断の場所? 鍵?
299 ごめんなさい ……私が連れ出したの
300 エルザ! あんまり…… 無茶しないでね

No.301~400

No. 内容
301 って 私が言えるセリフじゃないか 頑張ってね 私 待ってるから
302 叔父様もエルザが無実だって 分かってくれたみたいね
303 でも エルザはこれからどうするの?
304 そう…… 気をつけてね
305 エルザの疑いが晴れて良かった
306 でもジルが犯人だなんて……
307 今は こうしてエルザと話す時間ができたことが本当に嬉しい
308 また会いに来てね
309 次はいつ街に遊びに行こうかしら
310 エルザもこの歌を聞いて?
311 歌声もこの奥から聞こえてるようだわ
312 ちょ ちょっと蹴るの!?
313 こんな場所が……
314 なに…… これ どうして…… あっ
315 こんなの聞いたこともない……なにが始まるの
316 行ってみましょう
317 大魔道士だった初代アルガナンの秘密が隠されているところ
318 そうマナミアさんが言ってた
319 それを叔父様が知ればきっと…… トリスタ様は……私たちの身を案じてくださっていたのね……
320 まるで 意志があるようだわ!
321 追いつかないわ
322 初代アルガナンの封印に 私の血が?
323 ここで行き止まり?
324 さっきまでとは比較にならない量よ!
325 開いたわ!!
326 うん
327 ふーん なんだか 妬けちゃうわね
328 いいえ それならばなおのこと 私はエルザについていきます
329 私はもう貴方の言いなりにはなりません!
330 エルザ……うれしい……
331 ありがとうエルザ
332 ありがとうエルザ 嬉しい でもこれからどうするの?
333 うん!
334 管制室は軍事棟よね?
335 えぇ
336 エルザ 私いま すごく幸せ エルザと一緒に居たい ずっとそばに居たい
337 今のうちに管制室に行こう みんなが守ってくれてる間に
338 管制室は上の階よ
339 管制室はすぐそこだから行きましょう
340 きゃあっ!
341 そんなまた!?
342 戻りましょうエルザ
343 エルザの大切な仲間でしょ? それに エルザは私に言ってくれた言葉を信じてる
344 ルリ城を守ってからでも 旅にでるのは遅くないでしょ?
345 叔父様……!
346 叔父様! これは……
347 あれは……?
348 キャ!!
349 ダメね あのバリアを消さないことには なにも通じない
350 エルザ 私が狙う時は指示を頂戴
351 これは!?
352 あ……あったかい……
353 叔父様!?
354 なに!? あれは!
355 叔父様が!
356 叔父様!
357 おじさま!!
358 おじさまーーー!!!
359 追尾してくる魔法は厄介ね
360 もう やめて!!
361 叔父様っ!
362 叔父様 やめて!
363 そんな……まだ人が乗って……
364 エルザ 良かった無事で
365 街のほとんどの人が ここに逃げ込んでいるわ
366 私が不安な顔をしちゃいけないよね みんなの支えにならなくちゃ
367 準備ができたら 私に言ってね
368 エルザ 待って
369 でも 奥からなにか音が聞こえて……
370 怖がらないで 大丈夫 アリエル あなたが冷静でいなくちゃ みんながパニックになる
371 エルザ 障壁に穴が空いた 今しかないわ
372 エルザ 見つからないように気をつけて
373 憎しみ…… 怒り…… 人への悪意が満ちているわ……
374 私がアルガナン家を再興できれば……
375 いいんです 私が逃げてばかりだったから みんなが不幸になった 叔父様のことも……
376 今なら自分の夢を叶えることを否定する人は きっといない
377 でもこれは私が掴んだものじゃなくて 転がり込んできたもの……私は何もできてない
378 だからこれからは 自分の力で自分の夢を切り開こうって決めた みんなと一緒に居て 教えてもらって そう決めたの
379 ……えぇ
380 うん
381 これは……一体
382 ジャッカル
383 リフトからグルグ兵が
384 みんなと離れ離れだとちょっと心細いね……
385 うん
386 あの扉の先 強い力を感じる
387 何かが……近づいてくる……
388 セイレン? ……あっ…
389 大丈夫
390 あれは!
391 攻めも守りも 向こうは固いわね
392 あの時 私は何もできなかったけど今は違う 借りは返させてもらうんだから
393 ユーリスなら破壊できるのね!
394 障壁にヒビが入った!
395 バリアにヒビが入れば 魔力はゼロに近いみたい
396 ワープゲート…… 特別な場所に続いているのね
397 私たちで 怒りを静めないと
398 エルザ!
399 星の種を護る者 双対の竜を宿す 誇り高き夢を抱くもの救わん
400 エルザ 弱ってるわ 今がチャンスよ!

No.401~465

No. 内容
401 エルザ すごい!
402 エルザ!
403 エルザ!
404 助けて くれた……?
405 孤独を抜け出す為…… それで助けてくれるの?
406 エルザ!
407 やってみましょう
408 ルリと同じ戦略は使えないのね
409 待って! まだ手はあるかもしれない
410 初代アルガナンが残した 召喚術
411 本当に来てくれるなんて……
412 ううん ダメみたい…… もう声が届かない……
413 きゃあっ!
414 エルザ気をつけて
415 エルザ あなたなら必ずできる 信じてる
416 誰……?
417 力が でない どうすれば
418 これは?
419 エルザ!!!
420 ジャッカルは……
421 エルザ
422 うん ありがとう 来てくれるって 信じてた
423 こんにちは
424 よろしくね
425 始めましょっか
426 もう少し待ちましょ
427 ちょっと待ってね
428 うん わかった
429 楽しかったね!
430 もう一回やろっ?
431 もう帰るね
432 おやすみなさい
433 またね
434 お疲れ様 またね
435 すごい! 素敵!
436 気にしないで!
437 ありがとう
438 ごめんなさい
439 やったぁ
440 あーあ やになっちゃう
441 任せて
442 がんばってね!
443 気をつけて
444 さがって!
445 やってやるんだから!
446 いや……まだ戦え……
447 弱いやつから狙お?
448 強いやつから狙お?
449 強力な攻撃がきそうよ
450 チェインを狙いましょ
451 ごめんね 回復してくる!
452 誰か私を狙う敵を引きつけて!
453 コレを拾って!
454 私が行くわ!
455 魔法で狙ってやるわ!
456 私はヒーラーを守るね
457 私は魔法使いを守るね
458 サークル拡散するね
459 ボウガンで狙ってみるね
460 誰か斬り込んでちょうだい!
461 誰か魔法を撃って
462 誰かヒーラーを守って
463 誰か魔法使いを守って
464 誰かサークルを拡散して
465 誰かボウガンで狙って

|