メニュー




リンク




取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キックオフ

キックオフまでの手順

KO'd選手の復帰(初回キックオフはなし)

 KO'dされた選手それぞれにD6ロールし4+だと、リザーブボックスへ復帰できます。

選手配置

 あらかじめ決められたいくつかの陣形から選択したり、手動で選手を移動させて配置を行います。中央のラインオブスクリメージに最低3人、両端のワイドゾーンに各2人までで合計11名を配置できます。
 リザーブボックスの選手との入れ替えは、リザーブボックスの選手の名前が画面右上に表示されるので左クリックで選択後、ピッチの選手を右クリックして交代させます。配置の変更操作も同様です。配置はキック側、レシーブ側の順に行います。

キックオフ

 キッカーから緑色の矢印がでるので好きな着地点で右クリックするとキックオフが始まります。キックされたボールは方向、距離にダイスの修正を受け、ボールが場外や自陣側に入ると、タッチバックとなり、任意のレシーブ側選手にボールを持たせることができます。
 そして2D6でキックオフイベントが発生します。ボールがダイレクトキャッチされなかった場合、1マスバウンドします、この時もボールが場外や自陣側に入ると、タッチバックとなり、任意のレシーブ側選手にボールを持たせることができます。

キックオフテーブル

2D6 結 果
2 Get the Ref:レフェリーの買収
   両チームはわいろ+1を受け取ります。D6ロールで2+ならファウルやSecret Weaponは見逃され、選手の退場やターンオーバーは起こりません。1が出た場合、わいろは浪費されファウル選手、Secret Weapon選手の退場、ターンオーバーが行われます。このわいろは1回/試合使えます。
3 Riot:暴動
   D6ロールで1-3ならターンを1進め、4-6ならターンを1戻します。
4 Perfect Defense:完璧な守備
   キックチームは再配置が行えます。
5 High Kick:ハイキック
   任意の選手(タックルゾーンにいる選手は除く)をボールの着地点にMA消費なしで移動させることができます。
6 Cheering Fans:ファンの声援
   D3+FAME+チアリーダー数が多いチームは、このハーフにリロール1を得ます。同点の場合は両チームともリロール1を得ます。
7 Change Wheather:天候の変化
   再度天候ロールを行います。ナイスの場合、ボール着地前に1マスだけスキャッターします。
8 Brilliant Coach:優秀なコーチ
   D3+FAME+アシスタントコーチ数が多いチームは、このハーフにリロール1を得ます。同点の場合は両チームともリロール1を得ます。
9 Quick Snap!:クイックスナップ!
   レシーブチームは全ての選手を、相手タックルゾーンを無視して1マスずつ移動させられます(敵陣へ侵入してもよい)
10 Blitz!:ブリッツ!
   キックチームはボーナスターンを得ます。相手タックルゾーンにいる選手は行動できません。ターンオーバーになったらボーナスターンは終了します。
11 Throw a Rock:投石
   D6ロール+FAMEが低いチーム側のランダムな選手1人にインジャリーロールを行います。
12 Pitch Invasion:ピッチへの乱入
   各選手ごとにD6ロール+相手FAMEで6以上の場合、選手は気絶します(ボール&チェインスキルを持っている場合はKO、またD6ロールが1の場合影響ありません)

スローイン

 ボールがバウンドしたり、ボールを持っている選手が場外に押し出されたりしてフィールド外に出た場合、観客によってボールが投げ返されます。スローイン後のボールの位置はダイスロールにより方向と距離で決まります。
 そのマスに選手がいた場合、ボールのキャッチを試みます。誰もいなかった場合、ボールはバウンドし1回スキャッターします。

ボールのバウンド

 ボールを落としたり、キャッチに失敗したり、倒れている又は気絶している選手のマスでバウンドしたり、ボールのあるマスに選手がプッシュバックされたり、誰もいないマスにボールが投げられた場合、ボールはバウンドします。
 この場合、ボールを1スキャッター(D8ロール)させます。スキャッターの結果、選手のいるマスにボールが入った場合、その選手はキャッチを試みます。キャッチに失敗した場合、さらに1スキャッターします。

リロール

 ブラッドボウルにおいてのリロールは、その時振った全てのダイスを振り直します。
 1回のダイスロールについてのリロールは1回限りです。例えば、ドッジスキルでのリロールに失敗したからと言って、チームリロールで再度振り直すことはできません。

チームリロール

 アーマーロール、インジャリーロール、カジュアリティロール以外の全ての味方選手のダイスを振り直すことができます。
 このリロールは 1ターンに1回のみ 使用できますが、相手のダイスロールのリロールはできません。
 ゲーム中使用したリロール回数は、ハーフタイムに全て復活します。

プレイヤーリロール

 選手が持つスキルには、パスやドッジなどのように失敗した判定をリロールできるものがあります。
 1ターン中に何度でもどんな種類のものでもプレイヤーリロールを使用することができます。選手はゲーム中何度でも自身の持つプレイヤーリロールを使用することができます。
 ただし、1回の判定に対しては1回しかリロールを行うことはできません。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|