※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    放課後、軽音部部室

律「あー、暇だなー」 ぐたー

澪「暇なんて事あるか。練習するぞ」

律「練習は後で良いよ。もっと違う事しようぜ」

澪「私達は軽音部なんだぞ。練習をしなくてどうするんだ」

律「知るかー。ムギお茶だー、お茶もってこーい」

澪「お前は、どこの亭主関白だ」 ぐりぐり



紬「お待たせしましたー♪」

律「あー、お茶がうまい」 ずずー

澪「それ飲んだら、練習するからな」

律「今しようと思ってたんだよ。あーあ、やる気無くなった」

澪「お前は小学生か」

唯「でも、あずにゃんが来てないよ。それまでは、ゆっくりまったりしてようよ」

澪「唯、お前もか」

紬「コントーラーのコード無いなんて、すごいわよねー♪」

律「それはシーザーも驚くだろうな」



澪「で、唯は練習しないのか」

唯「いや。しない訳じゃないけどさ。その辺は程々というか、ペース配分というか」

澪「・・・ムギは」

紬「勿論練習は大切よ。でも澪ちゃん、全員が揃わないとバンドの演奏にはならないでしょ」

律「ムギは分かってんなー」

紬「りっちゃん、練習は大切なのよ」

律「わ、分かってるよ。そんな事くらい」

澪「唯は律派。ムギは中立で良いんだな」

律「2対1。勝負は決まったんじゃないか」

澪「それはどうかな」



   カチャッ

梓「済みません、遅れました」

澪「来たな。梓、練習するぞ」

梓「はい、今準備します」

澪「という訳で、2対2だ」

梓「はい?」

唯「あずにゃん、こっちこっち。飴ちゃんあるよ」

梓「何もかも意味が分かりません」

唯「飴ちゃん、いらないの?」

梓「それは頂きます」 もごもご



   5分後

梓「・・・そういう事ですか」

澪「それで、どう思う」

梓「練習はするべきでしょうね。今は、部活動中ですし」

澪「だ、そうだ」

唯「あずにゃん。思い直して、一緒にお茶飲もうよ」

梓「練習したら、飲みましょうね」

唯「そかそか。りっちゃん、やっぱり練習する?」

律「するかー。練習なんて、一生ーやらねー」

紬「りっちゃん。それだと一生ドラムに触れないわよ」

律「むぐっ」



澪「語るに落ちたな。ほら、練習するぞ」

律「・・・私はお茶を飲みたいんだよ。お茶を」

澪「ったく。それなら一生、そこでお茶を飲んでろ」

律「言われなくても飲んでやるさ。ムギー、ジョッキで持ってこーい」

紬「はいー、ただ今ー♪」

梓(本当に持ってこないだろうな)

澪「それで唯は」

唯「いやー。私が練習しちゃうと、りっちゃん一人になっちゃうから」 ぽそっ

澪「・・・なんだ、それ」

唯「いや。意味はないんだけどね。たはは」

梓「唯先輩♪」



紬「お待たせしましたー」 どかっ

律「うおっ。マジでジョッキッ」

澪「全部飲めよ。梓、練習始めるぞ」

梓「は、はい。唯先輩も、早く来て下さいよ」

唯「あずにゃんも、早くお茶飲みに来てね」

律「・・・うー、全然減らねー」 ぐったり

紬「お代わり、ありますよー♪」

梓(鬼だ、この人は笑顔の鬼だ)



  30分後

澪「・・・落ちるよっ♪」 ぼぼーん

梓「取りあえずは出来ましたね」

澪「取りあえずはな。・・・ちょっと休むか」

梓「はい」

澪「本当は、取りあえずじゃ駄目なんだけどな」

梓「澪先輩」

澪「……取りあえず、お茶飲むか」

梓「はい♪」



律「・・・なんだよ澪、こっち来るなよ。こっちは私達の陣地だぞー」

澪「小学生か、お前は」 すっ

律「入るなよー」 じたばた

澪「5秒までならいいんですー」 さっ

梓(どっちが子供?)



紬「それで、どこからどこまでが陣地なの?」

律「ベンチからこっちが私達。ベンチから向こうが澪達の陣地だ」

澪「望むところだ。律、お前も入ってくるなよ」

律「頼まれても入りませんよーだ」

澪「大体これ、お前のバッグだろ」 ひょいっ

律「うぉっ」 どすっ

澪「これは唯の」 ひょい

律「おぅっ」 どすっ

澪「全く」

梓(もしかして、わざと返してあげたのかな。でも律先輩達の方が、どう考えても狭いし。良く分かんないな)

律、澪「ふんっ」 ぷいっ



澪「まあ、良い。梓、私達はベンチに座るぞ。ムギ、お茶頼む」

紬「はいどうぞー♪梓ちゃんも、はい♪」

澪「ありがとう」

梓「頂きます」

律「ムギーッ」

紬「ごめんなさい。私は中立だから」

唯「ムギちゃんはいつも優しいね」

紬「野菜室だったら困るけどね」

唯、紬「「あはは♪」

律「フリーザー室並にお寒いな、おい」



唯「あずにゃん、あずにゃーん」

梓「なんですか、急に」

唯「ずっと離れ離れだったから、寂しいんだよ」

梓「目と鼻の先にいるじゃないですか」

唯「でも私とあずにゃんの間には、越すに越せない壁があるんだよ」

梓「大げさですよ。大体、越えたところで別に」 すっ

澪「梓。5秒越えるなよっ」

梓「は、はい」 さっ

唯「それで、5秒越えたらどうなるの?」

律「それは、その。なあ、澪」

澪「ああ、律。そうだよな」

律、澪「うんうん」

梓(仲良いんじゃないの、二人とも。で、結局どうなるの?)



澪「さてと、もう少し練習するか」

梓「はい」

唯「あずにゃん。バナナパイ、まだあるよ」

梓「私はもう、十分食べましたから」

澪「あれ。まだ残ってた?」

梓「え?」

澪「な、なんでもない。練習、練習。バナナパイの練習だっ」

梓(食べたかったのかな、もしかして)



  ボローン、ボローン♪

唯「どうしようか、これ。残すのはもったいないし」

紬「3人で分けて食べる?」

律「・・・いや。私はもう良いよ。食べ過ぎても太るしな」

唯「りっちゃんが食べないなら、私もいいや」

紬「だったら、しまっておくわね。澪ちゃん達が、後で食べるかも知れないし♪」

律「ん?それはあいつらの勝手だろ」

唯「りっちゃん、もしかして澪ちゃんのために?」

律「はは。そんな訳あるかよ。私は、お茶をもっと飲みたいだけなんだよ」

紬「だったら、お代わり持ってくるわね♪」

律「えー」



律「あー、何か暇だな」

唯「やっぱり、楽器がないとね。澪ちゃん達に頼んで、持って来てもらう?」

律「いやー、駄目だ。お互い陣地を決めたのなら、そこに入るなんて事は許されない」

唯「もう。りっちゃん、変な意地張らないでおこうよ」

律「良いんだよ。別にギターやドラムに触らないからって、死ぬ訳でもあるまいし」 ドンタタ、ドンタタ

唯「今、机叩かなかった?」

律「え?今刻んでた?完全に無意識だったわ」

紬「その台詞、2年前に聞いたわー♪」



澪「ふっ、せっ、はっ」 ぐいぐいっ

梓「・・・澪先輩、ドラムを持ち上げてどうしたんですか?」

澪「ピックが、ドラムの下に入った」

梓「運ぼうとしてません?」

澪「・・・そんな訳無いだろ。ついでに掃除するから、ギー太を運んでくれ」

梓「あ、はい」 すたっ

澪「もっと向こうに。・・・もっと、もっと向こう」

梓「この辺、ですか」

澪「ああ」



唯「あずにゃん、どしたの」

梓「こんにちはです」

唯「それ、ギー太だよね。届けてくれたんだ」

梓「いや。澪先輩が掃除をするというので、ここまで持って来ました

唯「澪ちゃんが?」

律「あんにゃろう」

紬「やっぱり澪ちゃんは優しいわねー♪」

唯「ありがと、あずにゃん。澪ちゃんにもよろしく言っておいて」

梓「はいです♪」   とたとた



梓「ギー太、片付けておきました。それと唯先輩が、ありがとうって言ってました」

澪「私は掃除をしてるだけだ」 はぁはぁ

梓「ドラム、私も運びましょうか」

澪「いや。これは重くて動かせない」 はぁはぁ

梓(本気で運ぶ気だったのか)



澪「・・・・そのスティックも、片付けてくれ」

梓「スティックを、ですか」

澪「ああ」

梓「この辺ですか?」

澪「もっと向こうに。・・・もっと、もっと向こう」

梓「この辺、ですか」

澪「ああ」



律「ん?梓、どうした」

梓「こんにちはです。あの、これを」

律「スティック?」

梓「澪先輩が、片付けろと言ったので」

唯「私達が暇そうにしてるから、澪ちゃんが気を遣ってくれたんだよ」

律「んな訳無い無い」

紬「だったらスティックは、私が預かろうか?」

律「いやいや。それはそれ、これはこれだから」

紬「あらあら♪」

律「・・・梓、澪に伝えてくれ」

梓「はいです♪」



梓「スティック、片付けておきました」

澪「ん、そうか」

梓「それで、律先輩から伝言です」

澪「・・・なんだって」

梓「後ろ、お化け。お化けいるぞっ」

澪「いる訳無いだろ」 さっ

梓(だったら、何故振り向く)



澪「・・・ポーケットから、出すよ♪」 ボボーン。

梓「ふー。ギターとベースだけでは、やっぱり薄いですね」

澪「だから、5人じゃないと駄目なんだ」 ぽそっ

梓「え、何か言いました?」

澪「何でもない。・・・ちょっと寒くないか」 ぶるっ

梓「陽が当たりませんからね、この時間は」 ぶるっ

澪「上着は・・・。椅子に掛けてきたか」

梓「取りに行って来ましょうか」

澪「いや。・・・梓、ほらこっち来て」

梓「あ、はい」



澪「済まないな、私がふがいないばっかりに」 きゅっ

梓「いえ。そんな事は」 きゅっ

澪「全く。駄目な先輩だ、私は」

梓「そんな事無いですよ。私は澪先輩を、いつも尊敬してますから」

澪「ありがとう、梓♪」

梓(どう致しまして♪) くんかくんか



唯「・・・澪ちゃん達、寒そうだね」

紬「向こう、陽が当たらないから」 ちらっ

律「知るかー。たるんでるから寒いんだ。・・・うぅっ」 ぶるっ

唯「りっちゃん。そんなお約束なんて」

律「ち、違うよ。お茶飲み過ぎたから。・・・ちょっと、トイレ行ってくる」 すたすた、ぱたん

唯「い、今の内に」 とたとたっ

紬「あらあら♪」




唯「あずにゃん、あずにゃん。これ、二人の上着」

梓「あ、ありがとうございます」

澪「唯、5秒過ぎてるぞ」

唯「さっきも聞いたけど、5秒過ぎるとどうなるの?」

澪「いや、別に何もならないけど。私と律がそう決めたんだから、5秒ルールは絶対なんだ」

唯「結局澪ちゃんもりっちゃんも、お互いを信頼してるんだね♪」

梓「私もそう思います」

澪「そ、そういう事じゃない。とにかく唯は早く戻れ。律が帰ってきたら、またうるさいぞ」

唯「二人とも、早く仲直りすればいいのに。そうしないと私はあずにゃんと、ずっと離れ離れだよ」

梓「さっきから、しょっちゅう会ってますけどね」

唯「そかそか」

澪「全く♪」 くすっ



律「うぃーす、今帰ったぞー」 どたっ

唯「お帰りなさーい」

紬「お菓子にする?私にする?それとも、お茶にする?」

律「色々突っ込みたいが、もう何もいらん」

紬「唯ちゃん。今のはお茶を持ってこいってボケと解釈して良いの?」

唯「おー、ムギちゃん分かってきたね」

律「分かってないのはお前だろ。・・・あ」 ちらっ

唯(見つかった?)

紬(まあ、二人とも上着着てるから)

律「おい、唯」

唯「ひゃ、ひゃいっ」 びくっ


2/2