ものおきくろーむ @ ウィキ ハンドアウト:演目「悼みの街」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■演目「悼みの街」
■今回予告
 "次の"誰かの為の街。
 かつての誰かの悲しみを抱きかかえた街。
 悼みの街と呼ばれるそこに住まう者、迷い込んだ者、導かれた者。
 御標を告げる少女が、後悔の時を終わらせて。
 そうして悲しむことの許されない時間が始まった。

 モノトーンミュージアム「what a beautiful rain」

 これは憎しみを、疑念を、悲哀を、諦めを、絶望を、
 そして愛を知った大人達に送る色のないメルヘン

■ハンドアウト
▼PC1
パートナー:"弔いの"キシュナ 感情:任意
 物心ついた時から、君はこの街にいる。
 からくりと、其達しかいない街。
 時折迷い込む他の生き物は、いつの間にかいなくなっている。
 悲しみを抱いたまま、霧の奥に沈み込んだこの街で、唯一の君の友人。
 キシュナというその娘が、今朝も御標を告げる。
"この街を明け渡す時が来ました。全ての其達は掻き消えて、全てのからくりは"次の"物になりました。めでたし、めでたし"
 ……あれ?

▼PC2
パートナー:"波間の"リージェ 感情:任意
 君は気付くと列車に乗っていた。
 双子の姉を亡くして以来の、はっきりとした思考の中で、君は周囲を見回す。
 いつの間にか、列車はそこにたどり着いていた。悼みの街。
 "人攫いのキタン"が、人々を連れ去ってしまった果てだと語られる霧と影の街。
 その中に――君には懐かしい面影を持つ何者かがいて。

▼PC3
パートナー:"人攫いの"キタン 感情:腐れ縁
 君は紡ぎ手だ。幾度もほつれを直し、異形を討ってきた。
 腐れ縁とも言うべき其達のキタンとの邂逅も、これで数度目となる。
 しかし、どうにもキタンの様子がおかしい。
「君の力を借りたい。ボクの故郷の為に」
 そうして君は列車を降り、悼みの街へとたどり着いた。