※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

織原夕美子



■キャラ名 織原夕美子(おりはら ゆみこ)
■性別 女
■持ち物 調理器具一式

■ステータス[各5まで、合計12まで]
攻撃力:4 防御力:0 反応:5 精神:3



特殊能力 『穏健な提案』  発動率50%



調教パート終了時に発動判定。風紀属性のNPCの調教に成功した場合、
判断力を失った風紀委員を言葉巧みに誘惑し、美味しくいただいてしまう。
本来のSP獲得に加え、自分の能力値のいずれかに2ポイントを加算する事ができる。

「○○くんのこと、食べちゃいたいなって……駄目かな……?」

効果:任意の能力値+2
範囲:自分自身
時間:永続
タイミング:調教パート終了時
制約:風紀NPCの調教成功時のみ



キャラクター設定



希望崎学園2年H組のクラス委員長。
誰にでも分け隔てなく優しく、気配りもできる、理想的な委員長。
明るく清楚な雰囲気の美少女で、料理も上手という事もあって生徒の人気が高い。
中でもとあるありふれた食材を使った料理が得意で、とても美味しく調理する事ができる。

しかし料理の趣味のためなのか、普段から何かとくっつき癖があり、
特に気に入った食材は、自分の素肌で柔らかさや匂いを確かめたがる傾向がある。
四六時中食材の事を考えている程のグルメなので、食欲と性欲との境が極めて曖昧。
彼女にとっての食事とは、口腔からアナルにかけての体内全ての消化器官を
じっくりと長時間をかけて食材に犯される、性行為にも等しいものなのだ。

なので気に入った食材には過度の愛情を注いだり、食材の事を考えながら自慰をしたりもする。
全裸で生きた食材に絡みついたりもする。傍からは一周回って正常な性癖に見えるかもしれない。
「……。また、食べ物の事考えながらこんなにしちゃった……私、本当にいやらしい子だ……」