※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機動謙信 UESUGI OO


まじしゃんと彩が美樹の所為でてんてこ舞いしている同時刻、
同地区カネシタでの出来事。

マジシャン達のいた場所からは少し離れたカネシタ温泉、
その旅館内に一人の女性が静かに正座していた。

白い武者鎧に身を包み、凛とした姿勢で女性は神仏に祈りを捧げる。
ゆっくりと目を開け、女性は姿勢を正し……

『くぅ~~~~~……』

大きくお腹を鳴らした。

「……むぅ」

音の主である女性。
JAPAN最強の剣士であり、軍神と呼ばれる彼女、
上杉謙信は自身の腹を軽く抑えて困った顔を浮かべた。

「あい……はいないのか」

常に自分の側にいてくれた無二の親友であり、
軍師であり、世話役であり、ご飯係りでもあった
直江あいを呼ぼうとして、ここがJAPANではない事を
彼女は思い出す。
故に彼女にご飯を提供してくれる人物は側にはいない。

このままでは空腹で倒れてしまうかもしれない。
彼女にとっては最悪な事態を想定して彼女は少々思案に暮れる。

そんな彼女に閃光が走る!

ここに飛ばされてきたのと同時に側に置いてあった
デイバックの存在を思い出したのである。
徐に傍らに置いておいたその鎧姿には似つかしくない
デイバックに手を伸ばす。
きっと何か美味しい物が入っているに違いないと
期待に胸を膨らませてそれに手を入れる。
そのまま勢いに任せ、手当たり次第に掴んだ物を床に並べていく。

暫くして、床に並べられたデイバックの中身、
特に弁当類に彼女は目を輝かせる。

「いただきます」

静かに礼儀正しく食事の前の礼をし、
彼女は弁当に手を伸ばし、
3日分の内の一日分相当をそのままぺろりと腹に収める。

「ごちそうさまでした」

会釈をし、箸を収める。
ちなみに彼女には一日分を既に消費したという自覚はない。

当面の懸念が晴れた彼女は自分が床に置いておいて
そのままにしていた他の支給品にやっと目が向いた。

「これは?」

それはJAPANではあまり馴染みの無い物、
ラレラレ石と呼ばれる映像を映し出す石で
主に娯楽等に使われているものである。
普段の彼女ならばあまり興味は持たない代物だが、
満腹と物珍しさからくる好奇心でそれに手を伸ばす。
彼女の指先がそれに触れた時、石から光が漏れ出した。

「おぉ!」

彼女にとっては未知の技術に素直に感心し、
食い入るように画面を見つめる。

そこに映し出されていたのは先鋭的なデザインをした
巨大な鎧を着た者同士が戦う映像。

『エ○○ア、目標を駆逐する』
『俺はスペシャルで、2000回で、模擬戦なんだよー!!』

見た事もない脅威の映像に驚きつつ、
彼女は映像の中のある言葉に過敏に反応を示す。

「戦争根絶……素晴らしい!」

彼女が今までしてきた事にそっくりな事を表現している故に
次第に彼女は映像を食い入るように見始める。

離れた場所で爆発音がしていたのに
それに気づかないほどにのめり込んでいた。


テレレテーレテレレー♪ ウチオトセナーイ♪

【カネシタ/1日目・朝】
【上杉謙信@Ranceシリーズ】
[状態]:健康、熱中
[装備]:刀
[道具]:基本支給品(食事一日分消費)、ラレラレ石@Ranceシリーズ、未確認×1
[思考]基本:思考停止中
    1:…素晴らしい!

【ラレラレ石@Ranceシリーズ】
 映像が映し出される石。
 一般的なものから大人向けまで様々。
 今回の中身は「GA○D○M ○○ 1st」全話収録。
 ウチオトセナーイ♪




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー