ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 狭間 正平


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:理兵衛

「世界が不公平(アンフェア)だからこそ、公平(フェア)に生きてやりたいじゃないか……ただし、僕なりの方法で」
レネゲイドを贄として燃え盛る暗青紫色の炎を操るUGNチルドレン。
審判者としてエージェントの始末も担当する、ゾディアック・ウェポン・リブラの担い手。

【基本情報】
名前:狭間 正平(Hazama Shouhei) コードネーム:火勢揺動の紫天秤(フレイム・スケイル=Flame Scale)
年齢:16歳  性別:男  星座:天秤座
身長:158cm 体重:54 血液型:A型
ワークス:UGNチルドレンA カヴァー:
ブリード:クロスブリード シンドローム:サラマンダー/ウロボロス

【能力値】
肉体:4 白兵Lv2 回避Lv1
感覚:1 Lv
精神:3 RCLv1
社会:1 情報:UGNLv1

【ライフパス】
出自:疎まれた子
経験:トラウマ
邂逅:悔恨:灰にした人々
覚醒:憤怒(侵蝕値:17)
衝動:解放(侵蝕値:18)
基本侵蝕値:39

HP:31
行動値:5
戦闘移動:10m
全力移動:20m

常備化ポイント:2
財産ポイント:

【ロイス】
Dロイス:永遠の炎 エフェクト『エターナルブレイズ』取得
“コレクター”カイエ P:執着 N:忌避
才谷 紅花           P:親近感 N:憐憫






【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセントレイト(サラマンダー) 2
02 エターナルブレイズ 3
03 原初の紫:蒼き悪魔 1
04 喰らわれし贄 3
05 背徳の理 3
06 原初の赤:炎の刃 1
07 炎神の怒り 1

Ezエフェクト
イージーフェイカー:蝙蝠の耳
変貌の果て
傍らの影法師
禁じられし業 Lv2

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
ゾディアックウェポン 白兵 白兵




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説

【エンブレム】
 同僚殺し
 スティールマインド

【コンボ】





【設定等】
コート状戦闘服のフードを目深に被った上、黒い前髪を目元まで伸ばした積極的内向気質のUGNチルドレン。
審判者にして処罰者であり、通常の任務の他、ジャームへと堕ちたエージェントを始末する役割を与えられ、しばしば支部を離れている。

特異――と言っても、最近ではしばしばある事だが、特異な事に、その覚醒は実質二度に渡っている。

一度目は施設へ引き取られる前、内気な、だが遣られたら遣り返す性格と、『永遠の炎』が能力の片鱗に寄って周囲から孤立、
苛虐を加えられていたのが限界に達した末、唯一の理解者だった兄ごと周囲を灰燼にした際。

二度目は施設へ引き取られた後、レネゲイドの力を罪として、自らの行いを悔い、
能力を封じよう、抑えようと必死に抗っていた所に現れた、
“コレクター”カイエの言動――歪んでいつつも『永劫の炎』を賞賛する言動――に寄って憤慨、
その接触に寄ってウロボロス・シンドロームを発症した際である。

これらの経験は、チルドレンとしての訓練と相俟って、
『レネゲイドウィルスを薪として燃え盛る暗青紫色の炎と、それに伴う熱移動』を操作するという、
少々込み入り、一風変わった能力として結実、昇華され、
ゾディアックウェポン・リブラを貸与される程度の戦闘力を、彼に与えるに至った。

とは言え、それで彼の中の何かが変わった、という事はまるで無く。
寧ろ内向きの視線は内向きがまま、自身が灰にした人々の影法師を背後に引き連れ、
同じ罪を抱える者共を処罰する為の動く指標、火刑の執行者として、今日も彼は戦場を練り歩いている。

――尚、カイエに介しての想いはまた複雑である。

彼女を気の違った能力狂いとして忌み嫌う一方、コールドウェル博士への愛着には共感の念を抱いており、
また、自らの力を完成させた、ある意味での生み親であると同時に、己が力、己が罪を完全に奪い去ってくれる、
謂わば処罰者の処罰者として感じている一面も確かにあって、どれが真に本心なのかは、彼自身定かでは無い。
なので、今でも時折接触を測る――というよりも、相手が来るであろう場所と時間、状況に自らを投げ打つ事で、
何度か顔を合わせているのだが、会えば会ったで話が出来る、もとい、したい相手でも無い為、 
その会合は、互いに互いを貪り喰わんとする業火と触手の、淫靡と言えば淫靡な、だがまるで気のない舞踏を経て、お開きになるのが常となっている。