ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 佐野原 清音

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:hotaru

「さぁ聞かせてね、本当のこと。包み隠さず余さずすべて」
                      --ファクトハンター 佐野原 清音 取材対象に詰め寄りながら
 簡易な設定
スラリとした長身で少し癖のかかったショートヘアの女性、吉津市を拠点に活動をしている雑誌記者。
特ダネや速報を仕入れてくることは無いものの、入念な調査に裏付けされた精度の高い記事が多く一定の支持を受けている。
現状世界の真実を隠蔽するUGNに対して否定的な思想を持っている。

【基本情報】
名前:佐野原 清音(サノハラ キヨネ) コードネーム:ファクトハンター
年齢:25歳  性別:女  星座:射手
身長:170 体重:59 血液型:AB
ワークス:記者 カヴァー:雑誌記者
ブリード:トライ シンドローム:ソラリス・モルフェウス OPノイマン

【能力値】
肉体:1 運転:二輪2Lv
感覚:2 知覚1Lv 
精神:2 知識:2Lv
社会:4 交渉4Lv 情報:WEB 1Lv 情報:警察 1Lv

【ライフパス】
出自:安定した家庭
経験:喪失
邂逅:忘却
覚醒:渇望(侵蝕値:17)
衝動:破壊(侵蝕値:16)
基本侵蝕値:33

HP:24
行動値:6
戦闘移動:11
全力移動:22

常備化ポイント:8
財産ポイント:1

【ロイス】
業師 P: N:  オリジナルツール取得
幼馴染 ○P:慕情 N:疎外感
UGNエージェント P:執着 ○N:嫌悪

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセ:ソラリス 2 メジャー シンドローム - - - 2
02 絶対の恐怖 4 メジャー 交渉 対決 - 視界 3 攻撃力:LV 装甲無視
03 神の御言葉 4 メジャー 交渉 対決 - - 4 リミット 攻撃力+(LV×5)シナリオ3回
04 言葉の盾 1 リアクション 交渉 対決 自身 至近 1 ドッジを行える
05 サポートデバイス 3 セットアップ 自動成功 自身 至近 6 80% 基本能力値一つを指定 ラウンド間その能力値の判定ダイス+(LV×2)シナリオ3回
06 オリジナルツール 5 オート 自動成功 自身 至近 3 100% 技能一つ指定 ラウンド間 指定技能の達成値+(LV×2)ラウンド1回
A ドクタードリトル
B 文書偽造
C 竹馬の友
D 折りたたみ

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
思い出の一品 2 取材メモ
ボイスチェンジャー 2 交渉+1
情報屋 コネ 1 情報:裏社会 ダイス+2
マスメディア コネ 1 情報:メディア ダイス+2
警察官 コネ 1 情報:警察 ダイス+2


【コンボ】

【設定等】
とある地方都市のごくありふれた家庭の一人娘として育つ。
平々凡々、とりたてて変わったことのない生活。隣の家に住む少し年上の幼馴染に憧れを抱き過ごす、そんなささやかな日常だった。10年前のその日が訪れるまでは
FHとUGNの抗争。その戦闘に巻き込まれ、彼女の目の前で幼馴染の彼は消し飛んでしまう
その後すぐ佐野原清音はUGNに保護され記憶処理を施され、彼女の眼前でこの世から消えた幼馴染は彼女の記憶からも消えてしまった。

数年後、部屋の片付けをしていて偶然に見つけた一通の手紙。幼馴染の彼へと宛てた恋文、結局出すことができず、かと言って捨てることもできずしまわれていたそれを見つけ
記憶に無いその人物へ伝えようとしたその想いが彼女の記憶を刺激した、その思い出すことの出来ない想い人のことを必死になって思い出そうとして、思い出そうとして、そして
思い出すことができた時に彼女はオーヴァードへと覚醒していた。

現在は吉津市を中心に活動している。彼女が取材中に得た情報は【文書偽造】により自動筆記され続け、その取材メモは【折りたたみ】により小さくされ常に携帯している
このような方式をとっているのは情報の隠蔽・改ざんへの対策のためだ。
自身の記憶があてにならないことは既に証明されており、電子的なデータもオーヴァードの能力をもってすれば簡単に影響を受けることを知っている。
だから彼女は今日も取材メモを肌身離さず書き続けている。

戦闘においては取材メモを展開し、対象についての情報からもっとも効果的な言霊を選択してぶつけるという方法を取る