ものおきくろーむ @ ウィキ ネクロニカ > ジルダ=マリア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドール名:ジルダ=マリア
プレイヤー名:上谷汐
享年:14   /外見年齢:14?  /性別:女  /暗示:罪人
髪の色:金 /瞳の色:灰と赤の交じり合った瞳 /身長/体重:140cm(脚部を展開した場合170cm)/35kg

寵愛:  /初期配置:○煉獄、●花園、○楽園  /最大行動値:6+[8]=[14]
ポジション:コート /メインクラス:ロマネスク /サブクラス:ロマネスク


カルマ
●記憶のカケラを獲得する
●
●


●記憶の欠片
タイトル:番号:記憶の内容
青い空 :01:途切れなく黒く続く雲。その間から見えた青色はなんだったのだろうか。
戦火  :91:雨のように、黒い塊が振ってくる。見たことのない光景。結局、私はそれが何かわからないままだった。
    :  :


●スキル
名称   :タイミング:コスト:射程 :効果
先読み  :アクション:1  :0~1:対象が次に使う「アクション」のコストを-1(最低0)する
戦乙女  :オート  :なし :自身 :最大行動値+2
愛撫   :ラピッド :0  :0  :転倒
時計仕掛け:効果参照 :なし :自身 :レベル3パーツ取得
     :     :   :   :


●未練 (狂気が溜まっている場合、○→●にしてください)
未練の対象 への 内容:狂気点 :発狂内容(詳細)
たからもの への 依存:○○○○:幼児退行(最大行動値-2)
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()


●マニューバ (セッション後損傷したままの物は、○→●にしてください)
武装【0】 変異【1】 改造【4】
◆頭(攻撃判定値10)
○名称    :タイミング:コスト:射程:効果
○のうみそ  :オート  :なし :自身:最大行動値+2
○めだま   :オート  :なし :自身:最大行動値+1
○あご    :アクション:2  :0 :肉弾攻撃1
○アドレナリン:オート  :なし :自身:最大行動値+1
○リフレックス:オート  :なし :自身:最大行動値+1
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
◆腕(攻撃判定値9)
○名称  :タイミング:コスト:射程:効果
○こぶし :アクション:2  :0 :肉弾攻撃1
○うで  :ジャッジ :1  :0 :支援1
○かた  :アクション:4  :0 :移動1
○本   :オート  :なし :なし:たからもの
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
◆胴(攻撃判定値8)
○名称      :タイミング:コスト:射程:効果
○せぼね     :アクション:1  :自身:同ターン内の次カウントで使うマニューバ1つのコスト-1(最低0)
○はらわた    :オート  :なし :なし:なし
○はらわた    :オート  :なし :なし:なし
○アーマースキン :ダメージ :0  :自身:防御1
○しんぞう    :オート  :なし :自身:最大行動値+1
○オートセパレート:オート  :なし :自身:切断を常に無効
○        :     :   :  :
○        :     :   :  :
○        :     :   :  :
◆脚(攻撃判定値7)
○名称  :タイミング:コスト:射程:効果
○ほね  :アクション:3  :自身:移動1
○ほね  :アクション:3  :自身:移動1
○あし  :ジャッジ :1  :0 :妨害1
○ホッパー:ラピッド :2  :自身:移動1。移動妨害されない
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :

【夜話】
 ぱしゅん、ぱしゅん、と蒸気の音を立てて、私は歩く。
 翼もないのに、小鳥みたいに歩くのね。
 心ないパーラーメイドに【ホッパー】を笑われたこともあったけれど、気にしなかった。
 愛しい姉と、この脚はお揃いだから。
 優しい姉。笑顔のとても綺麗な、自慢の姉。血は繋がっていないけれど、「この子が今日から君の姉妹だ」と紹介された時からずっと、
 ずっと、姉を慕ってきた。
 だからお揃いの脚にしてもらった時は嬉しくて、動かないはずの【しんぞう】すら高鳴って、思わず姉に抱きついてしまった。
 ぱしゅん、ぱしゅん、と蒸気の音を立てて、私は歩く。
 翼なんてなくていいんだ。
 "お父様"は代わりに、皆を守る為の【アーマースキン】をくれた。
 誰よりも早く考える【リフレックス】、怖くなんてないんだって、言い聞かせるための【アドレナリン】。
 大切な家族を守る為に、どんなに体が砕けたって痛くない、【オートセパレート】の体もくれた。
 私は、皆を守る。
 ジルダお姉さま、あなたを守るの。誰よりも大好きな、ジルダ=アリスお姉さま。
 ぎゅっと、お姉さまのくれた本を抱きしめる。
 ぱしゅん、ぱしゅん、と蒸気の音を立てて、私は歩く。
 黒い表紙の、ちょっと不気味な本。
 ――うぅん、くれたっていうのは、私がそう思いたいだけ。
 書棚の高い位置にあったこの本。私がじっとそれを見ていたから、お姉さまが取ってくれた、それだけ。
 でも、この本は私のお気に入り。
 ぱしゅん。立ち止まる。
 "お父様"、何の御用かしら。