※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP6「ターゲット」

シーンカード:「カブトワリ」
シーンプレイヤー:PC3、綿貫依子
他のPCは登場不可。

 ※ OP5(捜査中止)より後の出来事です。
 ※ 【敵幹部】から「エレナを社会攻撃せよ」と依頼されます。断ってもOKです。
 ※ このシーンでは貴方は死にません。ドアから出たらシーンENDです。


 ブラックハウンドの追及を逃れた【敵幹部】は、キミを秘密裏に呼びだし、取引を持ちかけてきた。

依子:ふみ、その取材とは?
RL/【敵幹部】:「よく来たな。おまえが綿貫依子か」
RL/【敵幹部】:「わたしはニナ。ニナ・ソルティエリ」 リアクションを期待しつつ、誇らしげに名乗る。

 ** ** **

RL/【敵幹部】:「‥‥‥‥」 こほん。咳ばらいひとつ。
依子:「軌道のお偉いさまが、私みたいな底辺の三流文屋に何の御用で?」
RL/【敵幹部】:「そう。そうだ!」 びしっ
RL/【敵幹部】:「底辺の地上人であろうとも、おまえの腕をわたしは高く評価している」
依子:「へえ、そいつは有り難い事で」
RL/【敵幹部】:「‥‥この娘を破滅させろ。ただし、シルバーストン財団にダメージは与えず、だ」
RL/【敵幹部】:そう告げながら、エレナのプロファイルを投げ渡す。ぽいっ
依子:「ふぅん‥‥ 良いとこのお嬢さんねえ」 特に興味もなさそうにプロファイルを一瞥します。

  舞台裏

すなお;「このシーンでは貴方は死にません」って怖すぎるな…
悠己:シーン終了と同時に・・・
依子:ドアから出たら死んだりしないかな…

悠己:さぁ、今回のヒロインの登場ですね。わくわく
すなお;ダメな子過ぎる…!!!
悠己:うわぁ…w
すなお;ぽいってwぽいってwwwかわいいなwww
唐やん:もはやあらゆる仕草が愛されポイントになるなー

RL/【敵幹部】:「前金が必要か? ならば、これでどうだ」 1ゴールド(5報酬点)を指先でちらちら。
依子:「しかしねえ‥‥ これは、わざわざ私にやらせるような事でもないんじゃないんですかねえ?」
RL/【敵幹部】:「こほん」 咳ばらいひとつ。
RL/【敵幹部】:「つい先日、財団の地上支部【銀環】に男を連れ込んで以来、ずっと引きこもりをしている小娘だ」
RL/【敵幹部】:「おまえの腕なら、そう日時は必要としまい‥‥」
依子:「そこまで買いかぶって貰えるのは嬉しいんですがね」
RL/【敵幹部】:「なんだ。前金が不足だと? 地上の人間は欲深いな。まったく」 ぶつぶつ。
RL/【敵幹部】:「ならば、成功報酬として更に倍額(1プラチナム=10報酬点)出そう。これでどうだ」
依子:「いえね、こっちも信用第一でやってる商売なんで」
依子:「出来ない仕事を安請け合いするわけにはいかないんですよ」
依子:「それで、ちぃっとばかり調査期間が欲しいんですわ」
RL/【敵幹部】:「出来ない? 馬鹿を言うな」
RL/【敵幹部】:「このわたしが。おまえならば出来ると見込んだのだ。何を謙遜する必要がある」

  舞台裏

アイザック:もはやどのあたりが「敵」で「幹部」なのか……
すなお;かわいそうな子だ…w
悠己:ああもう言葉の端々から三下オーラが…w
唐やん:同じ《M&A》でも演出あったら確実に必死感漂うものになるだろうな
睦月:5点かー (15点持ち)
悠己:帰りにコンビニでハーゲンダッツに手を伸ばして「くっ…我慢だ…」
すなお;うわーんお金持ちばっかりだああああ(3点)

悠己:ああもう幹部おいしいなあw
すなお;何でだろう、「ぶつぶつ」まで声に出しているようにしか見えないw
アイザック:すっかり萌えキャラですね
悠己:もう彼女がヒロインでいいんじゃないかな
すなお;なんだろうこの…なんというか…可愛いな!
睦月:つい口説いちゃったんだ
アイザック:ひーさん頑張ったらおちると思いますよこの子

依子:「‥‥そこまで言われちゃあ、しょうがない。今日はお引き取り願おうか」
RL/【敵幹部】:「な、」
RL/【敵幹部】:「くっ‥‥」 こぶしがわなわな。だが、必死に堪える。
RL/×××:「決裂、ですか」 くくく。《無面目》+<コネ:【敵幹部】>で登場。
RL/【敵幹部】:「なんだ、急に出てくるな! この場の交渉はわたしに任せろと‥‥っ!」
RL/×××:「失礼」 そう嗤う男(カゲ◎)の顔には、ダンスパーティ用の半仮面が。
依子:「言い忘れてたが、私は茹で過ぎたパスタの次に天人が嫌いなんだ。すまんね」
RL/【敵幹部】:「フン。‥‥所詮はジャンクフードしか喰わぬ連中か」
RL/【敵幹部】:「このわたし、ニナ・ソルティエリに対して、そのような態度‥‥! 後悔するがいい!」
依子:「ええ、低俗で結構ですとも。ですから今日はお帰り下さい」
依子:「こんな所に居たら、上等なおべべが汚れっちまいましょうよ」
RL/【敵幹部】:ぎりり‥‥!

  舞台裏

アイザック:依子さんかっけー
すなお;ゆですぎたパスタの方が嫌いなのかw
悠己:N◎VAぽくて格好良い台詞だなぁw
すなお;かっこいいなー

RL/【敵幹部】:「くっ‥‥ これは駄賃だ!」 2シルバーを投げつける。
RL/【敵幹部】:「今回の件を外部に漏らしてみろ、地上に生まれたことを永遠に詫び続けさせてやるぞ‥‥!」
RL/【敵幹部】:「フン! 行くぞ。無駄な時間を費やした‥‥」 ×××を連れて退場。

RL:さて。キミは、この取引現場に単独で取り残されたわけだが。
依子:「有り難く頂いておきますよ。あ、ドアはきちっと閉めて行って下さいね。安アパートで建てつけが悪いんで」
RL:キミの家だったんかぃ!w
RL:足元に投げ付けられたシルバー2枚、どうする? ‥‥あ、拾うのかw
依子:金にはアコギ!
RL:ういw

  舞台裏

唐やん:<白兵>+《銭投げ》←
すなお;なんだこの行動wwwすごいwww
アイザック:ちゃっかりしてるなー
悠己:そしてシーンも依子さん家になってるw
悠己:この、このひと律儀に家まで来たんだ…
すなお;わざわざ‥‥ 可愛いなあwww
依子:知らないうちに自分の家にしてしまってた失態。

RL:えーと。トループ召喚するか、あるいは後にするか。ご自由に。
RL:まぁ情報収集以外なら認めよう。準備フェイズってことで
依子:ふみふみ
依子:トループはまだ、敵の全容が見えてきてないんでまだいいかなー
RL:OK。購入もないなら、そのままシーンENDするぜー
依子:そしたら、ちょろっと手札回しても宜しいでしょうか?
RL:へいへい。まぁどぞー
RL:何の判定に失敗したか、聞いてもいいかい?w
依子:それじゃあ、稲垣に連絡しようとして失敗したとかでw
依子:「天人様がやってくるなんてねえ‥‥ あのおっさんなら何か知ってるかしらん…?」みたいな

 ポケットロンのボタンを押すキミの手は‥‥ 途中で止まった。
あの司政官は確実に情報を持っているだろう。だが、今のキミにその「対価」は払えそうにない。
もう少し、きちんと下調べをしてから動いた方が良いだろう。

シーンEND