※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Anish Kapoor



アニッシュ・カプーアはインド生まれのイギリスの彫刻家である。ボンベイ(ムンバイ)生まれ。
カプーアは1970年代初頭からロンドンに住み始めアートの勉強を始めた。
最初はHornsey College of Art で勉強し、のちにChelsea School of Art and Designに学んでいる。

彼は最初、ニューブリティッシュスカルプチャーの一人として展示に参加していた。彼はロンドンのテートギャラリー、ハワードギャラリー、ミュンヘン、ベルリン・グッゲンハイム、マドリッド・レイナソフィア、ウィーン・MAK、ボストン・ICAのような国際的な会場で展示をするようになった。彼は1990年の第44回ベニス・ビエンナーレにおいて英国の代表となり、Premio Duemila賞を受賞した。1991年、ターナー賞を受賞している。特筆すべき作品が Cloud Gate, Millennium Park, Chicago, and Sky Mirror at the Rockefeller Center, New York などにある。

2003年には大英帝国勲章CBEを受章した。彼はまた、英国ヒューマニスト協会の著名なサポーターでもある。

生い立ち

彼はバグダットから移民してきたユダヤ教徒の母の元、インドの家庭で育った。
「彼女はインディアン・ユダヤとしての生まれ育った。彼女の父、私の祖父はプネーのシナゴーグ(礼拝堂)でユダヤの聖職者を行っていた。その時、ボンベイのユダヤ人コミニティーは割と大きかった。ほとんどはバグダッドのユダヤ人だった。」
彼の父はパンジャビからやってきた水路測量技師だった。

カプーアは彼の前半生をインドで送った。最初はボンベイ(ムンバイ)、そしてデラドゥーンのドゥーン学校で。1971-1973年にかけて彼はイスラエルで電気技師として勉強を始めた。そして彼はイギリスに行きHornsey College of Art and Chelsea School of Art and Designへ通うようになった。

彼は1990年のベニス・ビエンナーレで英国を代表として選ばれてからよく知られるようになった。



作品

Sky Mirror, Kensington Gardens, London, close up

カプーアの作品はしばしばシンプルである。曲線を使い、明るい単色を用いることが多い。作品を通じてその大きさと単純な美しさから鑑賞者に謎を想起させる作品も多い。作品の表面を通して溢れる魅力は見るものの知性に触れる。初期の作品は粉の顔料を使い作品やフロアーをカバーするように使っていた。1978年 Hayward Gallery Londonでニュースカルプチャーとしての展覧会において彼の個性として高く評価された。この作品はインドの市場や寺院でカラフルな品物が積み上がっているものから着想を得ている。後期の彼の作品は固体、切り石、無数の穴と空洞、から出来ており、しばしば二元的なもの(地球-空、物質性-精神性、光-闇、見えるもの-見えないもの、意識的なもの-無意識的なもの、男性性-女性性、身体-心)を表現している。彼の最新作では鏡のような周囲を歪曲して見せるようなものである。赤い蝋を使用するのも最近の特徴で肉感的な刺激と血と変貌を表している。

「Svayambh」は「列車」として知られた作品である。
ロンドンのロイヤルアカデミーで赤く巨大で大きな蝋がゆっくりとギャラリーに押しこまれた。

カプーアは大きな作品を何点か作っている。「Taratantara (1999)」は35メートルの高さを持つ作品でゲーツヘッド(イギリス)のBALTIC Centre for Contemporary Artに置かれている。「Marsyas (2002)」はスチールと鮮やかな色のポリ塩化ビニルで出来た巨大な作品で315.87平方メートル(3400平方フィート)に達し、テートモダン美術館のTurbine Hallに置かれた。ノルウェイの北部のLodingenの湖の湖畔にはカプーアによる石のアーチが永久的に置かれている。2000年、カプーアの作品で高速で回転する色付けした水で構成された「Parabolic Waters」はロンドンのMillennium Domeに設置されていた。2001年、「Sky Mirror」巨大な鏡が空と周囲を写す作品はNottingham Playhouseの外側で委託管理されている。「Cloud Gate」110トンのステンレス鋼で造形され鏡面加工された作品はシカゴのMillennium Parkに2006年から永久的に設置されている。鑑賞者は作品の下を通り、へそを見上げる。2006年秋、二つ目の「Sky Mirror」がニューヨークのロックフェラーセンターに置かれた。もうすぐ完成するのがイギリスの目撃者によるニューヨーク911テロの記念碑である。それからネイプルズにある二つの駅のデザインと建設も彼の手による。またカプーアは Tees Valley Regeneration (TVR ※イギリスの自動車メーカー) の五つの公共芸術、通称「Tees Valley Giants」にも関わっている。

2007年、彼は「Svayambh(乱暴な翻訳として'自家発電')」を発表した。これは1.5メートルの蝋で出来たカーブのあるブロックでレールの上を動く作品であり、エスチュールビエンナーレ(フランス、2007年)の一部としてナント美術館で公開された。この作品は有名なところでは2009年、ミュンヘンのHaus Der Kunstと同2009年ロンドンのロイヤルアカデミーで再演された。カプーアの最新作は建築とアートの境界をますますもって曖昧にしている。

2008年、ボストンのコンテンポラリーアートインスティチュートにてカプーアの初となるアメリカでの中間発表的な展覧会を開いた。同年、カプーアは"Memory"をベルリン及びニューヨークのグッゲンハイム財団に対して作っている。

2009年、アニッシュ・カプーアはブライトンフェスティバルにおいて最初のゲストアーティストとなった。このフェスティバルにおいて全期間を通じてカプーアは四つの印象的な作品を展示した:ブライトンパビリオンガーデンで「Sky Mirror」、The Chattriで「C-Curve」、Fabricaに二つ「Blood Relations(Salman Rushdie とのコラボレーション作品)」と「1000 Names」。更に彼は新作を二点披露している。視界を覆うほど巨大な作品で「The Dismemberment of Jeanne d’Arc(ジャンヌ・ダルクの切断)」、そしてパフォーマンスを下敷きにしたインスタレーション「Imagined Monochrome」。観客は作品に圧倒され the Chattri の「C Curve」の周辺では警官による群衆整理が必要なほどだった。